はい、どうもこんにちわツヨです。

今回はですね。外国人実習生についてっていうことで話をしていこうと思います。

過酷な外国人実習生の実態

何で、この話をしようかと思ったかと言いますと、ニュースになっていたんですね。

この外国人実習生に対してニュースがやっていてですね、youtubeにも上っているんですけどそれがコレなんですね。

 

外国人技能実習生が怪我をした。

怪我をしたんだけど何の保証もなくサインしないと帰らせるぞみたいな。

 

そんな脅ししましてですね、何の保障もなく働かされていたんですよ、外国人実習生。

さらに、さらにですけど時給が300円なんですね。

時給300円でも残業させられていたよみたいな。

 

で過酷な労働環境の中は働いているんだよーって言うようなニュースだったんですね。

最近になって外国人技能実習生を増やすみたいなそういうようなことを今やっているじゃないですか。

 

で国自身が思うにですけど外国人技能実習生って言ってしまえば簡単にまとめてしまうとですね。

賃金の安い労働力としか国は見てないと僕は思っているんですよ。

 

でなければ、こんな時給300円とかそんな風になるわけがないんですよ。

何って言うんですかね技能を盾に習得できるからお金安くていいよねみたいなことを言ってくるような国。

 

日本全員じゃないんですけどその技能を盾にお金をケチる経営者が多いんですよね。

言ってしまえば外国人技能実習生って派遣社員みたいなものですよ。

 

ぶっちゃけ派遣社員よりも過酷だと僕は思っていて。

だってね、まず派遣社員だったらー最低賃金300円なんてことないじゃないですか。

 

最低でもどんなもんだ800円とかもらえるのに外国人技能実習生となりますと、なぜか何か軽くにられるっていうか。

なんていうかお金よりも技能だよねみたいな。

 

そういう事を言ってくる人が多いんですよ。

で国もか安い労働力が欲しいから外国人技能実習生を増やして、より生産性を高めようって言うふうに思っているとしか思えないんですよね。

 

外国人技能実習生とか外国の方が日本に働いてきているんですけど明らかに疾走する数がヤバいっていうか明らかにおかしいんですよ。

失踪人数が大体50%以上あるんですよ失踪しすぎだろって思いませんか。

 

全体の50%ほとんど。

ほとんど半分が失踪すると、明らかにおかしいですよね。

 

なのに外国人技能実習生を増やすみたいな。

いや、無理だろうって思うんですけど、でもやっぱり日本の賃金というか他の国よりも給料が高いんでどうしても来ちゃう人もいるんですけど。

 

別に日本じゃなくてもいいよねって僕は思っちゃうんですよね。

そもそもですけど日本の技能ってそんな高いですかって言う。

 

これを言ったらおしまいっていうかそんなこと言っちゃいけないんですけど別に中国とか韓国でも技能っていうものは教われば覚えられるし、今の時代日本じゃあなきゃできないっていう技術っていうものはもうほとんど無いと僕は思っているんですね。

 

もうほとんど中国とか韓国とかアメリカとか、特に中国とか韓国とかってまだ発展途上なんですよね。

それにもう日本の技術力で中国にはもう勝てないんですよね。

 

人数も多いし土地も多いしも何もかもが負けてしまっている。

なのに中国っていうのは今も発展し続けてるって言うような状況なんで、ぶっちゃけると日本に固執する意味っていうのはないんじゃないかなぁって僕自身思っちゃうんですね。

ネットビジネスがオススメな理由

それこそ僕の場合ネットビジネス。

ネットビジネスをやっているんで、ネットビジネスの場合だと別に国とか関係ないんですよどこに居たってお金を稼ぐことができる。

 

それこそ会社で働かなくてもどこに居たって給料が貰えるっていうか、頑張った分だけお金が手に入るっていうところなんで、そんな国にこだわらなくても色々な方法をでお金を稼ぐことができますし。

ネットビジネスって結構、軽く見られがちですけど、マーケティングとかあと他に文章の書き方とかコピーライティングなんですけど。

 

こういったものがめちゃめちゃ勉強できまして。

何より、このマーケティングとか文章の書き方っていうのは会社でものすごく求められる能力なんですね。

 

どうすれば企画が成功するのかとかどうすればどういったコピーを書けばモノが売れるのかみたいな。

そういった重要な部分を占めるこ事を学べるんですよネットビジネスっていうのは。

 

ですから別に日本に固執しなくてもですね。

いいんじゃないかなって思っちゃう、思うようになっちゃったんですよ。

日本では日本人が働くべき

ただ単に国は安い労働力が欲しいだけなんじゃないかなってどうしても思っちゃうんですよ僕は。

それよりも日本の雇用を拡大して、外国人よりもやっぱり日本は日本の国なので日本人が働くべきなんじゃないかなぁって思っちゃうんですよ。

 

それに働きたくても働けない人それこそ会社をクビになったりとか、体が元気だけどどこも就職できないっていう人もいるんで。

そういった人たちに就職先を紹介して働かせた方がより生産性も上がりますしより日本も良くなっていくんじゃないかなって思っちゃうんですけどね。

 

外国人技能実習生を増やすよりもですね、もっと日本人を働きやすい環境、日本人を働かせるような仕組みっていうものを作って行ったほうがいいんじゃないかなって僕は思うんですけどね。

こんな労働基準法を無視したような事をするぐらいなら。

 

だってもうこれ非人道的じゃないですか。

指なくなってるじゃないですか。

 

この人、指なくなってますし時給300円で働かされて、これってもう奴隷のように扱っているんで、同じ人間、人間として見ていないんじゃないかなぁって思ってきちゃうんですよ。

何が一番問題かっていうと、ちゃんと経営できる人がいないっていうのが何よりも問題ですね。

 

本当に何て言うかショッキングなニュースだったんで今こうして動画を撮ってアウトプットしてみました。

ぜひぜひ、皆さんの感想とか意見を聞かせていただけたらなぁと思います。

 

コメントなんかに書いていただけたら嬉しいです。

っていうことで、今回はこの辺で終わりたいと思います。

 

ありがとうございました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

どうも初めまして、ツヨです。  

まずはお前誰?となると思うので軽く自己紹介させていただきます。
僕は工場で働きながら外注化を駆使してネットビジネスをしているしがない工場員です。

 人に雇われる立場にありながら人を雇っているという面白い立場にいます。

ちなみに僕がネットビジネスを始めた理由は会社で働くことが嫌だったからです。

会社の何が嫌だったかを上げると、すぐに怒ってくる短気な上司、眠たいのに出社しないといけない夜勤

休みの少ない労働環境会社という存在が僕に合わなかったので抜け出すためにネットビジネスを始めました。
ただ、ネットビジネスと言っても超雑怪しかったんですよね。

最初はビクビクしながら始めましたし、
教材詐欺、コンサル詐欺に何度も会いました。

総額にしたら100万はっ損しています。
それでもネットビジネスを続けれたのはそれだけ会社が嫌いだったから

ちなみに僕の原動力は「job is shit!(仕事なんてクソだろ」という精神です。
僕はこれだけで月収20万円を稼ぐことに成功しました。

ちなみに単発という意味では最高50万です。

低学歴、あがり症、人見知りでコミュ障というコンプレックスだらけの欠点だらけ。
何をやってもダメダメの人間が「job is shit!(仕事なんてクソだろ」精神だけで成り上がってきました。

おかげさまでもうすぐ会社供おさらばできそうです。
現在、会社を辞めても生きていけるように収益の安定化を目指して仕組みを構築しています。

 

自分でお金が稼げたということが自信になり、コンプレックスが消失。

会社に依存しなくても生きていけるという安心感から
上司に怒られてもなんのその。完全無視でゆるゆる働いています。

 

「job is shit!(仕事なんてクソだろ」とか言ってる僕でもできたんです。
正直、やったら誰でもできると思います。

僕がどうやって稼げるようになったか、下記の記事で公開しています。

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

僕がどうやって月収20万円稼いだか読んでみる

 

  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




【下記画像をクリックして、高卒工場員が月収20万稼いだ物語の続きを読む】





>>詳細が気になる方はコチラをクリック<<