どうもこんにちは、ツヨです。
 
 
今日は合唱曲COSMOSを聞いたのですが、
懐かしさのあまり涙がちょちょぎれたので。この感動をシェアしていこうと思います。
 
 
いや、すごい懐かしい。
 
 中学の合唱コンクールで良く歌われる曲なのですが、
 
今聞いてもめっちゃいい曲だなって癒されます。

その曲なんですがコレ。

 

【合唱曲】COSMOS

 

音楽っていいですよね。
どんな時でもリラックスできますから。
 
 
イライラしてたり、
気分が落ち込んでいる時でもすぐ回復できる。
 
 
 
精神が不安定だと何をしてもうまくいかなかったりするから辛いんですよね。
 
 
 
記事を書くにしてもめっちゃネガティブになったり、
話が重くなったりもする
 
 
だから僕は作業する前なんかは音楽とか聞くんですよね。
 
やっぱりリラックスした状態で作業すると自分のポテンシャルを発揮できるから
良い記事とかできたりする。
 
 
それに記事自体がノリノリになって読んでいて面白いんですよね。
 
 
コメントや返信なんかも来たり。
アクセスが増えたりして。
 
 
メンタルが良くなるだけで
世の中上手くいくようになる。
 
話がちょっとずれましたね。
 
話を戻します。
 
 

合唱曲COSMOS 歌詞

 これがCOSMOSの歌詞になります。
 
夏の草原に  銀河は高く歌う
胸に手をあてて  風を感じる
君の温もりは  宇宙が燃えていた  遠い時代のなごり 
君は宇宙  百億年の歴史が  今も身体に流れてる
光の声が  天高くきこえる  君も星だよ 
みんなみんな  時の流れに 
生まれたものなら  ひとり残らず 
幸せになれるはず
みんな生命を  燃やすんだ  星のように
 蛍のように 光の声が  天高くきこえる
僕らはひとつ みんなみんな 光の声が 天高くきこえる
君も星だよ みんなみんな   君も星だよ・・・
 
 
 
 
改めて読んでみると奥が深いですね。
 
 
 
特に
「みんな 生命(いのち)を燃やすんだ。
         星のように  蛍のように」
 
このフレーズがめっちゃ好きですわ。
 
 
まずこれ心に刺さるんですよね。
 
この曲を歌ってもう10年時が経つと思うと、
それだけ命を燃やしてきたんだなぁ。
 
としみじみ思うわけです。
 
ただ、10年という時を燃やして俺は今まで何をしてきたんだろう・・・
って過去を振り返るとに何もしてないんですよね。
 
ただただ10年という月日を燃やしていただけ。
何も変わっていなかった。
 
 
だからこそ心に刺さりました。
図星が付かれた感じがして。
 
 
改めて時間が有限だって教えてくれましたね。
 
 
 
日本で生きていると忘れがちになってしまうけれど、
人っていうのは100%死にます。
 
永遠に生きる人なんて言うのはいない。
 
 だけど安全な国で生きていると時間が無限にあるんじゃないかって錯覚してしまう。
 
 
これは僕も同じだ。
時間は有限。
 
だけど無限のようにある。
 
ただそれだけ。
 
だけど無駄使いしていたらあっというまになくなってしまう。
 
 
 
あたりまえだけど
時間ってめちゃくちゃ大事な概念なんですよ。
 
 
何をするにしても時間を使う。
 
学校行くでも
会社に行くでも
勉強をするでも
旅行をするでも
 
絶対に時間というものが付きまとってくる。
 
 
それに唯一まともに平等なもの。
 
お金持ちの人でも貧乏な人でも同じ時間の中で生きています。
 
お金持ちだけ1時間が3時間になるなんてこともないですし、
貧乏な人は1時間が30分になるなんてこともない。
 
 
 
「みんな 生命(いのち)を燃やすんだ。」
 とありますがまさにそうなんですよね。
 
 
みんな命を燃やして生きているんです。
 
金持ちだろうと、貧乏だろうと。
 
 
 
 
だけどこうして平和に生活していると永遠に命を燃やし続けられるのでは?
と錯覚してしまうんですよね。
 
だから、
怠けてしまう。
 
 
ブログを書こう、
勉強しようにも
集中できない。
すぐに他語としてしまう。
 
漫画読んだり、
携帯触ったり、
ユーチューブ見たり
テレビ見たり
 
無意味な時間を過ごしてしまう。
 
時間を有限ではなく無限だからと錯覚してしまうから
こういった現象が起きてしまうんですよね。
 
 
人っていうのは危機感が無いと動かない生き物なんですよ。
 
危機感が無いと
「まぁーどうせやらなくても問題ないっしょ」
ってなるから。
 
明日やろうとか怠けてしまう。
 
こういったことを僕は何度も経験してきた。
 
それもこれも、
危機感がなかったから。
 
無限に時間があるものだと錯覚していたから。
 
だけど全然そんなことはなかったんですよ。
なにせもう24ですから。
 
知らないうちに年を取るとめちゃめちゃ焦る。
お恥ずかしい話ですが今の僕18歳とか平気で思ってますからw
 
18歳で時が止まってますw
 
だからこそ24と聞くとちょっとビビるんですよね。
マジかよ!もうそんなに経っちゃったの?
 
そうかー。そんなに時間たっちゃったのかーって。
 
大人になってからめちゃくちゃ時間の進みが早い。
マジビビる。
 
 
だけど今はその危機感が僕の行動原理になって挑戦するようになったんですよ。
このままじゃいけないって思って
 
 
自分の生命(いのち)をどう燃やすか。
これによって人生が変わっていくんじゃないかって思うんです。
 
現に僕は今まで何も挑戦することなく生きてきましたが、
ようやく挑戦するようになって、生き方を変えたんです。
 
いわば命の燃やし方を変えました。
 
 
そしたら新しいもことばかりで毎日が新鮮で楽しいわ。
仲間ができて楽しいわ。
お金が稼げて楽しいわ。
 
 
という感じで人生が変わったんですよ。
 
今回はcosmosを聞いてそんなことを思ったのでアウトプットがてらシェアさせていただきました。
 
後半重い話になって申し訳ないです。
楽しい音楽の話のはずが・・・
 
 
 
 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

どうも初めまして、ツヨです。  

まずはお前誰?となると思うので軽く自己紹介させていただきます。
僕は工場で働きながら外注化を駆使してネットビジネスをしているしがない工場員です。

 人に雇われる立場にありながら人を雇っているという面白い立場にいます。

ちなみに僕がネットビジネスを始めた理由は会社で働くことが嫌だったからです。

会社の何が嫌だったかを上げると、すぐに怒ってくる短気な上司、眠たいのに出社しないといけない夜勤

休みの少ない労働環境会社という存在が僕に合わなかったので抜け出すためにネットビジネスを始めました。
ただ、ネットビジネスと言っても超雑怪しかったんですよね。

最初はビクビクしながら始めましたし、
教材詐欺、コンサル詐欺に何度も会いました。

総額にしたら100万はっ損しています。
それでもネットビジネスを続けれたのはそれだけ会社が嫌いだったから

ちなみに僕の原動力は「job is shit!(仕事なんてクソだろ」という精神です。
僕はこれだけで月収20万円を稼ぐことに成功しました。

ちなみに単発という意味では最高50万です。

低学歴、あがり症、人見知りでコミュ障というコンプレックスだらけの欠点だらけ。
何をやってもダメダメの人間が「job is shit!(仕事なんてクソだろ」精神だけで成り上がってきました。

おかげさまでもうすぐ会社供おさらばできそうです。
現在、会社を辞めても生きていけるように収益の安定化を目指して仕組みを構築しています。

 

自分でお金が稼げたということが自信になり、コンプレックスが消失。

会社に依存しなくても生きていけるという安心感から
上司に怒られてもなんのその。完全無視でゆるゆる働いています。

 

「job is shit!(仕事なんてクソだろ」とか言ってる僕でもできたんです。
正直、やったら誰でもできると思います。

僕がどうやって稼げるようになったか、下記の記事で公開しています。

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

僕がどうやって月収20万円稼いだか読んでみる

 

  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




【下記画像をクリックして、高卒工場員が月収20万稼いだ物語の続きを読む】





>>詳細が気になる方はコチラをクリック<<