どうもこんにちはツヨです。
 
 
最近Twitterや、フェイスブック、Line、スカイプなんかでいろんな人と話をしていいるのですが、、
 
 
 
 
「何処にいても人とつながれる」
ってよくよく考えたらヤバくね?
便利過ぎねーか?と思ったわけです。
 
ですので今回は、ネットの便利性について話していこうと思います
 
 
僕が今まで接してきた人を上げると、
 
・僕と同い年(24)でお店の店長やっていて、妻と息子それとマイホームを持っている人。
 
・ブロガーになるために大学を辞めブログ1本に生きていくと目標を掲げた男
 
・大手就職先からいくつも内定を頂いていたのにも関わらず自分のやりたいことと違うということで内定を全部蹴って起業した女子大生
 
 
・僕と同い年にもか関わらず社長をやって年収数億稼ぐ超エリートスーパーマン。
 
・会社で働きながらちゃっかり起業して会社の給料より多く稼ぐサラリーマン
 
・サラリーマンしながら起業して成功。10年間勤めた会社をやめ独立した元ダメリーマン
 
などなど
普段、生活していただけなら決して関わることができない人達ばかりです。
 
だけどネットを通じてならどんな人とでも関われる。
 
 
どこにいても関係ない。
好きなときに好きな人と関われる。
 
 
どれだけ自分が大したことが無い人間であっても、
ネットを通じてなら有名人や芸能人、アイドルと関わることができる。
 
これってすごくないですか?
普段関わることのできない人間と関われる。
 
 
もしこれが現実だったら迷惑がられて終わるだけ。
 
 
だけどネットだとそれが許される。
 
マジネット神すぎだろw
 
というか僕が今までかかわってきた人たち全員僕よりもすごい人たちで、
普通だったら僕なんかが話ができるような人たちじゃない。
 
社長だったり、店長でマイホーム持っていたり、サラリーマンしながら起業した人だったり、
 
普通だったら僕の相手なんかしてもらえるはずがない。
 
だけどネットだとそれが可能になる。
ネットはコミュニケーションの場としては最強だなって思いますね。
 
 
 
なにより家にいながら、
北は北海道、南は沖縄まで
色んな人と話をすることができるだけでもかなりすごい
 
下手をすると世界中の人と話をすることができきますから、
スゴイ便利な時代になったなーとつくづく思うわけです。
 
 
 
 
知らない人と話をするってかなりハードルが高いと思うんですよ。
初対面話をするって
 
めちゃくちゃ緊張しますし
何を話せばいいのかが分からない。
 
 
だけどネットだとそんなに緊張とかしないですよね。
これが、ネットのすごいところ。
 
どれだけコミュ障な人間でもネットでの会話でならコミュ力がめちゃめちゃ高くなります。
 
僕もそのうちの一人です。
ネットだからこそこうして、ペラペラと話をすることができますが、
実際に対面なんかすると
 
「ははは、はじはじ、初めめめ、まま、して」
とか普通になりますからw
 
ネットがあるから気軽に人とコミュニケーションが取れるし
人と関わることへのハードルというのが低くなってきています。
 
 
それこそ、
昔はスマホなんてものはなかったですから。
 
 
当然、Lineとかツイッターもないです。
 
 
それこそ、
20年くらい前はガラケーでも超神ツールだったわけです。
メールが送れるだけで「何じゃこの神機能は!」と世間をにぎわせたほどです。
 
 
なにせ20年前はまだポケベルで連絡しあっていたような時代です。
 
 
ポケベルって何?
と思う人のために簡単に説明すると、
 
数字を使って相手とコミュニケーションを取るツールです。
 
例えば
「1052167」→「どこにいるの?」。
「0833」→「オヤスミ」。
「114106」→「アイシテル」。
 
みたいに数字の語呂を使って会話をしていたわけです。
 
正直解読不能ですw
 
意味不明すぎて分からないです。
だけど昔はこれが普通だった。
 
だからこそ昔はガラケーでも神ツール扱いだったわけです。
 
メールでやりとりができる=神
みたいになっていました。
 
 
それが今ならスマホでちょちょっと送れますから。
時代の進化ってやばいですよね。
 
 
ちょっと話が変わりますが、今のゲームってWi-Fiがあればどこにいても誰とでも通信ができて誰とでも遊べるじゃないですか。
 
それこそポケモンなんて、誰とでも交換ができるし、誰とでも対戦ができる。
それが当たり前になっていますが、
 
昔は、交換するのも対戦するのも一苦労だったわけです。
何せ昔はWi-Fiなんてなかったですから。
 
昔は通信ケーブルがないと、
ポケモンを交換したり、対戦ができなかった。
 
 
で、その通信ケーブルなのですが、
ゲーム本体とは別の付属品として売られていたんです。
 
たしか1500円くらいだったかな?
そこそこの値段だったわけです。
 
しかも、当時は小学生でしたから、1500円なんて大金持っているわけもなく・・・
通信するるだけでも一苦労でした。
友達で通信ケーブル持ってたらその子はヒーロでしたねw
 
 
 
何よりポケモンで苦労したのは交換しないと進化しないポケモンがいまして、
 しかもそのポケモンがまた強い強い
 
 
ゲンガーとかフ―ディンとかですね。
コレを持っている子は対戦でめちゃめちゃ強くて1回も勝てなかった覚えがあります。
 
いなみにぼくばゴースト、ユンゲラー止まりっていうw
 
 
だからいつも通信ケーブルを持っている子の家に行ってポケモンをしたりしていたんですよ。
 
 
わざわざ、
その子の家に行って通信をしていたわけです。
 
めちゃめちゃ面倒だと思いませんか。
わざわざ家から30分離れた友達の家に通信する為に行くって考えられますか?
 
だけどそれだけの価値が通信にはあったのです。
 
 
それからちょっとしてからオンライン機能が付き始めて、
通信ケーブルがいらなくなって(それでも距離が限られていた)
 
そして現在、
家にいながら「誰とでも」通信できる。
 
この誰とでもというのはデカいです
 
昔は顔を知っている人としか通信できなかったのが、
今では顔も名前も知らない人と対戦だったり協力ができるなんて。
 
昔から考えたら信じられないですよ。
こんな夢の世界が実現するなんて誰も思ってなかったですから。
 
 
この誰とでも繋がれるというのはゲームだけじゃなくてビジネスにも通用しまして、
 
よく学校なんかで、SNSの書き込みだっり、コメントをするときに匿名だからと言って好き勝手かくなよと教わってきたと思います。
 
自分の個人情報だったり、
他人の悪口だったり。
 
そういったものは世界中の人が見ているからな。
十分気を付けろ。悪用されるぞ。
 
そんなふうに脅されたと思います。
 
自分が道路の真ん中で看板として立っているようなものだと思え。
みたいな。そんなふうに言われたことがあると思います。
 
確かにネットは使い方を間違えればとんでもないくらい痛い目をみます。
 
だけど正しい使い方をすればそれは自分の為にもなるのです。
 
例えば、
自分が道路の真ん中で看板として立っているようなもの。
 
というのならそれは広告を出しているようなものだと同じと思いませんか。
 
広告がタダで出せる。
これってめちゃくちゃ使えると思うんですよ。
 
今はいろんな企業がネットを使ってバンバン広告を出しています。
 
お金をかけて。
CMなんて1本出すのに1億とか掛かります。
 
 
それに電車にかかっている広告だったり、
道路なんかに貼られている広告にもCMほどじゃないですが毎月お金を払っているのです。
 
だけど、ネットの場合それが全部タダ。
 
おまけに、ネットだと全国の人が見てるから、
 
電車のつり革広告だったり、
道路の広告みたいのその場にいないと見れないといったことはない。
 
それこそ家にいながらでも自分という広告を見せることができる。
世界中の人に。
 
それにネットだと1回作っちゃえば一生消えることがない。
 
ネットで流れた情報はなかなか消すことができないって言われてるじゃないですか。
自分のの悪行をネットに上げたら消すことが困難。そんなふうに教わったと思います。
 
 
ネットで上げた発信も一生消えることが無い。
デメリット様に聞こえますが、
 
ビジネスの視点からしたら利点しかない。
 
 
なにせタダ同然で広告を打つ」ことがでいますから。
しかも一生残り続ける。
 
それにネットは世界中に人が見てる。
だから、自分の顧客も簡単に集まったりもする。
 
1回コンテンツを作ってネットに上げるだけで、
何千、何万の人に見てもらえるって超楽だとお思いませんか?
 
 
わざわざ、足を運んでコンテンツを見せに行かなくてもいい。
何処にいたって、自分の好きなときに見せたいときに自分のコンテンツをいろんな人に見せることができる。
 
学校ではネットは悪い物という風に教え込みますが、
利点なんかも一緒に話した方が僕はいいんじゃないかと思います。
 
 
一方的にネットが悪と決めつけるのは視野が狭まってしまいます。
 
確かにネットは使い方を間違えたらひどい目に会うけど
正しい使い方をすれば自分の生活をより豊かにしてくれます。
 
みたいに教えてもいいと思うんですよ。
 
 
包丁と一緒です。
 
包丁は人を傷つけることができますが、
それとは別に料理につかって人を喜ばすことができる。
 
 
ネットも同じです。
正しい使い方をすればそれだけで人生が楽しいものへと変貌します。
 
 
みたな。
そんなふうに教えてもいいと思うんです。
 
僕も「ネット」ビジネスと出会ったことで世界が180°変わって世界が彩られましたから。
ただ一方的にネットを批判されるとどうしても「ん?」ってなってしまいます
 
 
 
 
 
ちょっと話が脱線してしまいましたが、
結局は、ネットっていうのはめっちゃ便利だよね
 
ということをシェアしたくて今回記事を書かせていただきました。
 
 
では。
 
 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

どうも初めまして、ツヨです。  

まずはお前誰?となると思うので軽く自己紹介させていただきます。
僕は工場で働きながら外注化を駆使してネットビジネスをしているしがない工場員です。

 人に雇われる立場にありながら人を雇っているという面白い立場にいます。

ちなみに僕がネットビジネスを始めた理由は会社で働くことが嫌だったからです。

会社の何が嫌だったかを上げると、すぐに怒ってくる短気な上司、眠たいのに出社しないといけない夜勤

休みの少ない労働環境会社という存在が僕に合わなかったので抜け出すためにネットビジネスを始めました。
ただ、ネットビジネスと言っても超雑怪しかったんですよね。

最初はビクビクしながら始めましたし、
教材詐欺、コンサル詐欺に何度も会いました。

総額にしたら100万はっ損しています。
それでもネットビジネスを続けれたのはそれだけ会社が嫌いだったから

ちなみに僕の原動力は「job is shit!(仕事なんてクソだろ」という精神です。
僕はこれだけで月収20万円を稼ぐことに成功しました。

ちなみに単発という意味では最高50万です。

低学歴、あがり症、人見知りでコミュ障というコンプレックスだらけの欠点だらけ。
何をやってもダメダメの人間が「job is shit!(仕事なんてクソだろ」精神だけで成り上がってきました。

おかげさまでもうすぐ会社供おさらばできそうです。
現在、会社を辞めても生きていけるように収益の安定化を目指して仕組みを構築しています。

 

自分でお金が稼げたということが自信になり、コンプレックスが消失。

会社に依存しなくても生きていけるという安心感から
上司に怒られてもなんのその。完全無視でゆるゆる働いています。

 

「job is shit!(仕事なんてクソだろ」とか言ってる僕でもできたんです。
正直、やったら誰でもできると思います。

僕がどうやって稼げるようになったか、下記の記事で公開しています。

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

僕がどうやって月収20万円稼いだか読んでみる

 

  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




【下記画像をクリックして、高卒工場員が月収20万稼いだ物語の続きを読む】





>>詳細が気になる方はコチラをクリック<<