どうもこんにちはツヨです。
今回は外注化の話をしていこうともいます。
 
 
 
外注化マジ便利です。
 
 
やらないと損です。
もう、これが結論です。
 
絶対にやった方が良い。
なにせ自分と同じことをしてくれる分身を生み出せるんですから。
 
人生変わりますよ。
 
人生イージーモードになります。
 
なにせ、自分が二人いる中で生活ができますから、
単純に自分が1日でしなければいけない負担が半分になるのですから、
 
精神的に超楽です。
 
 
 
僕もずいぶん前から外注化をして、分身を作って
ブログ記事を書かせたり、動画を作らせたりして作業効率を上げていて、
 
 
今では外注化のコツをつかんで、1記事50円でとかで人雇ったりしています。
 
 
いや~。50円で雇えると世界観が変わりますよ。
 
 
 
1記事50円ってw
破格すぎる。
 
外注化始めた当初なんかでも1記事200円とか300円で人を雇っていて、
「外注化!神!」とか言っていましたけど、
 
 
50円で人を雇えたりするともう言葉が出なくなりましたね。
 
 
「ハハ。外注化スゲー・・・(語彙力)」
もう絶句でした。
 
 
 
 
 
まさか50円で人が雇える日が来るとは思ってもいなかったですからね~。
 
それに安く雇っているからってサボることもない。
 
 
たとえば1記事の50円で雇って書かせた文章でもクオリティは高いです。
おまけに文字数も2000字くらいある。
 
僕は200円とか300円で書かせた記事とまるで大差ないです。
 
 
 
 
ぶっちゃけ1記事5000円とか10000円とかで募集しているライターなんかより僕が50円で雇って書かせた記事の方がレベルが上だったりします。
 
 
外注化に関しては言えば、
雇ったお金=出来のいい記事ということはないですよね。。
 
 
 
 
僕の経験上、
1000円で人を雇おうが、500円で人を雇おうが50円で人を雇おうがまったく記事のクオリティは変わらないです。
 
 
お金をかければ良いものが届くっていう価値観を良い意味で壊してくれましたね。
 
 
 
何より自分の分身が作れるメリットが凄まじい。
 
 
 
 
生きていると1回は自分が2人いたらいいのになー。
って思った事あると思うんですよ。
 
あぁ~俺が2人いたらな~ってこと。
 
 
例えば僕なんかだと、
ゲームのレベリング(レベルを上げる作業)とかめんどくさいからやりたくないんですよね。
 
それが面白いって人もいると思うんですけど、
僕はそうは思わなくてただただめんどくさいんですよね。
 
同じ敵を倒すとか苦行でしかないです、
 
何より時間がもったいないって思ってしまうんですよね。
 
僕の場合かい医者で働いていますから、
レベルアップで時間を使うのってかなりもったいないって思っちゃうんですよね。
 
レベルアップよりも、
対戦とか、協力して仲間とワイワイプレイしたいと思っている派なので、
 
苦行としか思えないレベリングに時間を使いたくないんですよ。
 
 
 
 
ですから、何度も誰か他の人がやってくれねーかな。
とか思いながらいつもキャラのレベル上げをしていたことがあります。
 
 
やっぱり自分が2人いタラ良いなって思うんですよ。
 
 
 
今はゲームを例えに出しましたけど、
 
誰か代わりに仕事行くってくれねーかな?とか。
誰か代わりに買い物してくれねーかなとか。
 
1回はあると思うんですよ。
 
 
自分が二人いたらかなり生活が楽になる場面って結構あるんですよ。
だけど現実に考えて自分が2人に分身するなんて無理って諦める。
 
 
ですが外注化すればそれが疑似的にではあるけど現実になる。
 
 
しかも50円とか100円とかで。
50円、100円で影分身ができたらめちゃめちゃコスパ良くないですか?
 
自分の代わりに作業をしてくれる人が50円とか100円でできたら生活がマジで楽になると思うんですよ。
 
 
だって自分作業しなくていいですから。
 
それに別に1人だけじゃなくて2人とか3人でも言わけで・・・
 
自言い分の分身が3人とかになったらぶっちゃけやりたい放題だと思うんですよ。
 
 
というか自分何もしなくていいってレベルまで行けます。
だって自分の代わりに動いてくれる人が3人もいるんですから。
 
自分のやることなんてなくなります。
 
のんびいーりしているだけでいい。
それだけで作業が勝手に進んでいく。
 
1人50円で雇った場合、3人だとしても150円。
自販機で缶ジュースを買う金額で済む。
 
 
150円で人が3人とか人雇えるとマジで人生が変わります。
 
やりたい放題できますから。
 
 
外注化って聞くとお金使うから嫌だと思っている人がいるけどそんなにお金はかからないから安心してほしいです。
 
サラリーマンで給料が少ない人でも全然人を雇うことができます。
現に僕は会社で給料をもらいながら人を雇ってましたから。
 
 
多い時は20人とか雇ってましたね。
しかも100円で。
 
20人雇っても2000円っていう破格すぎる金額で僕は外注化していました。
 
 
ッそんな金額で人雇っても大丈夫なの?
と思う人がいると思うけどまったく問題ない。
 
 
むしろ僕は喜ばれています。
 
ツヨさんと一緒に仕事ができてとかったです。
すごい勉強になりました。
 
 
そういった返信が何件も来て喜ばれてます。
 
 
50円で人が雇えるようになって物事の視野がかなり広がりましたね。
 
 
なにせ50円で人を雇えるんですから、やりたい放題ですよ。
失敗したとしても50円失うだけ。
 
たいした痛手にはならない。
 
だからどんどん雇って作業させてます。
 
 
 
リスクを極限に減らして作業しまくれるから
当然収益も右肩上がりになっていってます。
 
 
50円で分身が作れるって今考えるとマジでヤバいっす。
 
めっちゃ楽です。
だけど収益出るスピードは1人で作業するときよりも早い。
 
 
1人雇ったら単純に完成自間が半分になりますし、
2人なら3分の1、3人なら4分の1って具合に早く収益を出すことができる。
 
で、ブログ完成したらまた新しくブログサイトを作ったりと違うところで仕組みを作れる。
 
 
 
 
 
 
記事書かせたり動画作らせたり、
めんどくさい作業とか全部任せっきりにしてますね。
 
自分じゃなくてもできるめんどくさい作業だったり編集はまかせっきりにしているからやる気やモチベもそんなに落ちないんですよね。
 
 
それに仕事とかで忙しいとブログ記事書けないし、
動画だって取れないなんてことも全然あります;
 
特に僕は夜勤とか普通にあるから朝帰ってきて作業するってことが地獄でしかないんですよね。
 
 
だから今は外注化して自分の作業を最小限にとどめて収益を上げています。
 
 
外注化と聞くと身構えてしまう人が多いですが1度やってしまえればたいしたことないです。
 
 
 
お金も1000円とかあれば余裕で雇えますし。
 
 
仕事を早く辞めたい。
 
出も作業すr時間が無くって作業ができない・・・・
 
でも早く成果出さないと・・・・
 
 
と思っている人ほど外注化はおススメです。
 
1回ハマると病み付きになりますよ。
 
 
 
 
 
 
 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

どうも初めまして、ツヨです。  

まずはお前誰?となると思うので軽く自己紹介させていただきます。
僕は工場で働きながら外注化を駆使してネットビジネスをしているしがない工場員です。

 人に雇われる立場にありながら人を雇っているという面白い立場にいます。

ちなみに僕がネットビジネスを始めた理由は会社で働くことが嫌だったからです。

会社の何が嫌だったかを上げると、すぐに怒ってくる短気な上司、眠たいのに出社しないといけない夜勤

休みの少ない労働環境会社という存在が僕に合わなかったので抜け出すためにネットビジネスを始めました。
ただ、ネットビジネスと言っても超雑怪しかったんですよね。

最初はビクビクしながら始めましたし、
教材詐欺、コンサル詐欺に何度も会いました。

総額にしたら100万はっ損しています。
それでもネットビジネスを続けれたのはそれだけ会社が嫌いだったから

ちなみに僕の原動力は「job is shit!(仕事なんてクソだろ」という精神です。
僕はこれだけで月収20万円を稼ぐことに成功しました。

ちなみに単発という意味では最高50万です。

低学歴、あがり症、人見知りでコミュ障というコンプレックスだらけの欠点だらけ。
何をやってもダメダメの人間が「job is shit!(仕事なんてクソだろ」精神だけで成り上がってきました。

おかげさまでもうすぐ会社供おさらばできそうです。
現在、会社を辞めても生きていけるように収益の安定化を目指して仕組みを構築しています。

 

自分でお金が稼げたということが自信になり、コンプレックスが消失。

会社に依存しなくても生きていけるという安心感から
上司に怒られてもなんのその。完全無視でゆるゆる働いています。

 

「job is shit!(仕事なんてクソだろ」とか言ってる僕でもできたんです。
正直、やったら誰でもできると思います。

僕がどうやって稼げるようになったか、下記の記事で公開しています。

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

僕がどうやって月収20万円稼いだか読んでみる

 

  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




【下記画像をクリックして、高卒工場員が月収20万稼いだ物語の続きを読む】





>>詳細が気になる方はコチラをクリック<<