はい、どうもこんにちは。ツヨです。

 

今回はですね、記事数なんて関係ないってことについて話をしていこうかなと思います。

ブログに記事数は関係ない!

ブログなんかやっていると、結構記事数とか気にして100記事書けばいい、200記事書けばいいみたいな、そういったようなことを言っている人が結構多いんですね。

結構僕の場合Twitterなんかで話を聞く限りには、「100記事ないとダメ」とか「2000字ないとダメ」とか。

 

この前なんかはですね、僕この前100記事とかブログ記事行ったんですけど、「100記事で少ない」みたいなことを言われたんですけど、

そもそもなんですけど記事数っていうのはあんまり関係ないんですよね。ブログなんかだと。

 

記事数なんかよりもやっぱり内容ってものの方が重要なファクターを占めるというか、もう内容なんですよ。

ですけど何でか知らないけどなんか記事数正義みたいな。大量にやることが正義みたいな。

そういったような風潮がすごいあるんですね。

 

よくよく考えて欲しいんですけど、ゴミみたいな記事100よりも良記事1つのほうが価値があると思うんですよ。まあ当たり前ですけど。

ですけどこれを理解していない人が結構いるんですよ。

 

なんていうか頭ではわかっているんだけどなんかとりあえず作業しないといけないみたいな。やらないよりやった方がいいよねってことでとりあえず記事書こうかみたいな。

 

たしかにやらないよりはいいんですけどやっぱり良い記事1つ作った方が100個作るよりもコスパ的に全然いいんですよ。

 

具体例をあげるなら、つまらない漫画100巻よりワンピース1巻読んだ方がおもしろいよねっていう話ですよ。

 

打ち切り漫画100巻みたいな、そういったものを読まされるよりはほんと、ワンピースとかあとナルトとかそういったような人気な漫画1巻読んだ方が絶対そっちの方がおもしろいですし、読むんですよね。

 

これと同じなんですよ。つまらないものは読まれないですし、もう作っただけで価値が無いんですよね。

 

ですけどなんでか知らないけど記事数があれば稼げるんだみたいなそんなような幻想というかそういうものを抱いている人が結構いるんですよ。

 

で、なんでこんなことが言えるかっていうと、僕自身も100記事とか書いたことがあるんですよ。

今やっているブログ以外でも。

ですけど100記事書いたんだけど全く成果がでなかったんですよ。
これとおんなじなんですね。

100記事書けば稼げるは幻想

僕は100記事書いたんだけど、それこそ何も考えずにとりあえず書けばいいやって言う気持ちでなんのコンセプトも無くただ単に量をこなしていったんですね。

だけどそのなんも戦略とかなんも考えずにやっていたから誰の心にも響かずにそれこそつまらない記事ばっかりできていったんですよ。

 

で、つまらない記事だからこのブログもつまらないやっていって誰も訪れてくれないっていう。

そんな悲惨な状況に陥ったことがあるんですよ。

 

で、僕はこの経験からこんなゴミ記事100個よりもやっぱり良い記事1つの方が全然いいなって思ったんですね。

 

僕のブログなんかそうなんですけど、
結構良い記事というか、レポートがあるんですけど、

そのレポートに1時間、2時間じゃなくて、3時間4時間かけて作ったレポートがあるんですけど、

 

やっぱり時間をかけて丁寧に作ったものっていうのはすごい相手に共感されてですね、なんか喜んでもらえるってことが増えたんですよ。

 

それとですね、100記事あれば稼げるみたいなものはですね、本当やめた方がいいですね。

 

稼げるのは幻想です。

時間をかけていい記事を書いたほうが稼げる!

10000PVあれば3000円から5000円稼げるみたいなことをそのような風に言われているんですね。

 

なんですけど、なんていうかこれだと結構コスパが悪いんですよね。

まあ100記事あればだいたい10000PV行こうと思えばいけるんですけど、

それでも3000円から5000円なんで、だいたい100記事書くのに半年とかかかるんで。

 

早い人だと4ヶ月、3ヶ月くらいでいけるんですけどやっぱり労力ってものがかかるんですね。

 

で労力がかかってですね、3000円から5000円ってやっぱりコスパ的に悪いと思っちゃうんですよ。

 

僕の知っているブログですと、4記事で5万とか稼いでいるものがあるんですね。普通に。

あと30記事で数十万稼いでいるブログもいありますし、

50記事ほとんどの記事で上位表示させて100万稼いでいるというブログも僕は知っています。

 

この人たちっていうのは記事数よりも内容にピックアップして記事を作って行ったんですね。

量よりも質を重視して書いていったから少ない記事数でも稼げるっていうことが起きているんですよ。

この4記事作ったのもだいたい半月くらいですかね。

半月で4記事つくって5万稼いだって言う感じなんで、なんかすごいコスパ良くないですか。

 

半年かけて100記事書いて3000円から5000円よりも半月で4記事書いて5万円とか。絶対そっちの方が楽っていうか、いいですよね。

 

まあこの場合特化型なんですけどね。

マーケッターとブロガーの違い

なんていうかこれはマーケッターとブロガーの違いなんですけどね。

 

ブロガーっていうのはとりあえず数だけ集めればいいやみたいな。

アクセスがあればいいみたいな考え方の人が多いんですよ。

 

そのものを売るっていう考え方が無い人たちです。

ブロガーっていうのはほとんど。ものの売り方を知らないです。

 

とりあえず人を集めてアドセンスで稼ぐって人がだいたいブロガーには多いです。

ものの売り方とかそういったものは学んでないですね。

 

逆にマーケッターというのは、ものを売るためにいろんなことを駆使しているんですよ。

心理学とか文章書くためのライティング。

まあコピーライティングとか、あと、ものを売るための戦略とか考えまくってものを売っているんですね。

 

普通にブロガーよりもめちゃめちゃ考えて、記事ってものをあげているんですよ。

 

つまりそれだけ内容が濃く記事ってものをあげているんですね。

ですからやっぱり数だけ集めればいいやって

ただただ記事を書いている人たちよりも、ここはこういう風に書いたらこういう風に響くだろうなみたいな。

ここをこうすればこの商品を欲しいと思わせられるみたいな。

そういったような戦略を考えて記事を挙げている人の方が良い記事ができるんですね。

 

なぜなら相手のことをしっかり考えて記事をあげていますから、相手に響きやすいんですね。

 

だけどブロガーっていうのは結構相手のことを考えるんじゃなくて自分のことを考えている人が多いんですね。

ですから、やっぱりそこで決定的な違いというものが起きてしまうんですね。

 

ブロガーの価値観でいえばやっぱり数が全てみたいな風潮があるんですよ。

 

結構Twitterなんかでブロガーとかみているとですね。

やっぱり数がないとダメみたいなことを言っている人が大半なんですね。

 

逆にTwitterで関わるマーケターの人たちは数よりも質だよねっていう方が大半です。

まあどっちも正義だと思うんですね。

 

そのブロガーっていうのも、ただただお金を稼ぎたいっていうひとたちだけでは無いと思うんですよ。

自分の発信をみんなに届ければいいと。
世の中の役にたてばいいって人も中にはいます。

たしかにそれはすごいことですし、素晴らしいことなんですけど、

 

ただただお金を稼ぎたいって人いうはですね、やっぱりこの心理学とかコピーライティングとか、ものを売るための戦略ってものを考えていった方が、やっぱり数を作るよりはコスパはいいですね。

 

たしかにやらないよりはやった方がいいんですけど、どうせやるんだったらやっぱり良いのを作った方がいいよねっていう。

矛盾をするような言い方になってしまうんですけど、まあ最初は数にこだわるのはいいです。

 

最初は数をこなさないといけないので、スライムを狩るような感じです、ドラクエでいう。

 

簡単なことから始めてレベルアップしていくというような。

 

だけどずっとスライム狩っていたとしても、レベル上がっていかないじゃないですか。

10レベルくらいまではスライム倒していればレベルは上がっていくんだけど、途中からレベルが上がらなくなってくるんですよ。

ただただ何も考えずに記事をあげていると。

やっぱりそこからもう1歩踏み出すためにはですね、ゴブリンとか倒していかないといけないわけですよ。

読む人のことを考えて記事を作ると稼げる

そのためにもやっぱりただただ記事を作るんじゃなくて相手のことを考えて記事を作るみたいな。

そういったかんじでちょっとずつちょっとずつステップアップしていくだけでも、すごい良い記事というものができていって、記事数なんかこだわらなくても30記事とかで稼げるというようなブログを作ることができるんで、あんまり記事数なんか気にしなくて良いです。

 

むしろこの記事数なんかに惑わされると、僕みたいに。

僕1年間やって2円しか稼げなかったっていう実績を持っているんですけど、

そんな風になってしまうんで本当に。

 

記事数ばっかり気にしていると。

なんで、やっぱり惑わされない方がいいですね。

 

ていうような感じで、今回はこの辺で終わりたいと思います。

このほかにもブログとかメルマガでもいろんな情報を発信しているんで興味がある方は是非見ていってください。

それではありがとうございました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

どうも初めまして、ツヨです。  

まずはお前誰?となると思うので軽く自己紹介させていただきます。
僕は工場で働きながら外注化を駆使してネットビジネスをしているしがない工場員です。

 人に雇われる立場にありながら人を雇っているという面白い立場にいます。

ちなみに僕がネットビジネスを始めた理由は会社で働くことが嫌だったからです。

会社の何が嫌だったかを上げると、すぐに怒ってくる短気な上司、眠たいのに出社しないといけない夜勤

休みの少ない労働環境会社という存在が僕に合わなかったので抜け出すためにネットビジネスを始めました。
ただ、ネットビジネスと言っても超雑怪しかったんですよね。

最初はビクビクしながら始めましたし、
教材詐欺、コンサル詐欺に何度も会いました。

総額にしたら100万はっ損しています。
それでもネットビジネスを続けれたのはそれだけ会社が嫌いだったから

ちなみに僕の原動力は「job is shit!(仕事なんてクソだろ」という精神です。
僕はこれだけで月収20万円を稼ぐことに成功しました。

ちなみに単発という意味では最高50万です。

低学歴、あがり症、人見知りでコミュ障というコンプレックスだらけの欠点だらけ。
何をやってもダメダメの人間が「job is shit!(仕事なんてクソだろ」精神だけで成り上がってきました。

おかげさまでもうすぐ会社供おさらばできそうです。
現在、会社を辞めても生きていけるように収益の安定化を目指して仕組みを構築しています。

 

自分でお金が稼げたということが自信になり、コンプレックスが消失。

会社に依存しなくても生きていけるという安心感から
上司に怒られてもなんのその。完全無視でゆるゆる働いています。

 

「job is shit!(仕事なんてクソだろ」とか言ってる僕でもできたんです。
正直、やったら誰でもできると思います。

僕がどうやって稼げるようになったか、下記の記事で公開しています。

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

僕がどうやって月収20万円稼いだか読んでみる

 

  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




【下記画像をクリックして、高卒工場員が月収20万稼いだ物語の続きを読む】





>>詳細が気になる方はコチラをクリック<<