どうもこんにちは、ツヨです。

 

今回は面白い動画をみつけたのでその紹介をしていこうと思います。

 

それがコレ

カードキングダムさんの動画です。

 

もともと、

僕はカードゲームが好きで小・中・高とハマっていたわけで

 

よく、

友人たちと遊戯王とかデュエマとかやっていました。

 

で、

大人になってもやりたいなー。

って思っているんですけど、

 

会社が忙しいというのと、

 

僕の周りでカードゲームをやっている人が誰もいないということでやれないんですよね。

 

やべーー!!

デュエルしてーーー!!

 

という衝動を抑えきれなかった

 

 

 

そんな時に出会ったのがカードキングダムさんの動画。

 

誰も思いつかないような面白いコンボや

最新のカードゲームの情報を届けてくれるそんな動画だ。

 

 

僕はこの動画をみてデュエルしたい欲求を沈めていたわけです

 

 

 

そんなカードキングダムさんが、

先日カードショップの作り方という動画を上げたんですよ。

 

 

見てみたんですが

かなり分かりやすくて勉強になる。

 

 

で、

僕がこの動画を見て最初に思ったことは、

店だすのにめっちゃ金掛かるなー。

 

それに比べてネットビジネスなら全く金かからねーな。

ってこと。

 

 

普通に土地借りるのに100万とか普通にかかる。

しかもこれは前金。

 

お店を立てる前の段階で最低100万が必要とか・・・

ハードル高すぎだろ・・・

 

その後もなんかいろいろとお金を払わないといけない。

 

 

家賃や工具、人を雇ったりとお金がかかる。

 

 

おまけに、

たとえ、400万の利益を生み出したとしても、

家賃代だったり、人件費。商品購入なんかでいろいろ差っ引かれる。

 

せっかく、400万もの利益を上げたのに

手元に残るのが30万とか40万とかになる。

 

10分の1だ。

 

しかも、

 

毎月400万という利益を上げられるともわからない。

 

 

もしかしたら

ある月は200万かもしれない。

100万かもしれない

 

カードゲームは売れる商品と売れない商品というのがはっきり分かれる。

 

例えば遊戯王なんかで例えるとすると、

こっちの商品はこの値段。

 

逆にこの商品はこの値段。

 

メチャクチャ値段が違うことが分かる。

 

高い方は人気だから品薄になって 

元の値段よりも高くなる。

 

 

逆に人気のないものは在庫が余りまくってどうしても処分したいからということで安くなっていく。

 

需要と供給が分かる。

分かりやすい例だと思う。

 

じゃぁ、何でこうまでして、

値段に差が生まれるのか。

 

答えは簡単で、

強いカードが入っているか入っていないか。

 

それだけ。

 

たったそれだけの差で売れ行きというものが変わってくる。

 

 

だから、

強いカードが入っていないパックなんかは売れない。

 

 

こういったところは、

カードゲームを作っている所に

依存してしまっているからどうしようもない。

 

だから、いくら新商品を仕入れたからといって売れるとは限らないんです。

 

そこがまた、

カードを扱う上で難しいところ。

 

 

だから毎日、

ハラハラドキドキだ。

 

僕なら不安で、

速攻、ノイローゼになる。

 

そう思うと、

ネットビジネスはスゲーなって思う。

 

 

土地を借りなくていい。

商品の入荷もアフィリエイトで紹介すればいいから準備しなくていい。

 

おまけに人件費もかからない。

人を雇ったとしても1万円とかで余裕で雇うことができる。

 

お金がかかるとしたら、

サーバー代とかドメイン代とか。

あとはメルマガとか。

 

それくらい。

 

毎月1万もあれば十分やっていける。

 

 

おまけに、

自分の上げた利益の99%は自分のものにできる。

 

残りの1%はサーバー代とかメルマガ何かの維持費で消えるかそんなものは微々たるもの。

 

ざっくり計算で

400万稼いだら、

396万は自分のものにできるということ。

 

(本当は399万になるが分かりやすくするために1%で計算)

 

しかもネットの場合、

仕組化さえできてしまえば利益も安定して稼ぎだすことができる。

 

ネット最強すぎだろ・・・

 

 

 

 

だけど、

ネットビジネスは結構見くびられることが多い。

ネットのヤバさを理解している人があまりにも少なすぎる。

 

今や、ネットを使わない生活なんて考えられない。

 

実際に今ネットがリアルを浸食しつつある。

 

一番代表的なのがAmazonだ。

 

Amazonができたことで、

小売店が全部死にかけてる。

 

 

ヤマダ電機、ケーズデンキ、エディオンといった

家電製品なんかはAmazonに太刀打ちできなくてヒィヒィ言っている。

 

それだけじゃない。

食品関係だってAmazonで取り扱っているから、

八百屋さんだとかデパートなんかもどんどん消滅していっている。

 

あと、本もそうだ。

電子書籍ができたことで、

本屋がどんどん潰れていっている。

 

そしてカードショップも、

今やネットによって浸食されつつある、

 

ネットショップをやっていないカードショップはどんどん廃れている。

 

 

ネットという便利なものができたことで生活が豊かになってきているがそれと同時に僕たちの働く場所も同時に失われている。

 

 

このことからもネットがいかに強いかということが分かる。

 

 

あっ、ちなみに、店を出すな。とか無理だからやめろとか

そんなことを言うつもりはまったくない。

 

 

実際にカードが大好きでみんなにカードを良さを広めたいということでカードショップを開いたという人を知っていますし

 

そういう信念のある人は素直に尊敬してます。

 

 

実際に僕もカードショップに何度もお邪魔したことがあるのでなくなってもらっては困りまし。

 

 

実店舗だからこそできることだってあります。

 

例えば、デュエルスペース。

 

カードゲームは1人じゃ遊べません。

 

だから、

フリーのデュエルスペースはかなりありがたかったするんですよ。

 

僕みたいなコミュ章でも

カードを通じて知らない人と仲良くなったりできますし、

 

今まで知らなかったその人の意外な一面なんかも見れたりして

 

 

コミュニケーションの場としてスゴイ良い場所だと思っています。

 

だから、

カードショップがどんどん増えてほしいとも思っています。

 

 

だけど、今回の話は、

あくまでビジネスの話。

 

 

ただ、単純にお金を儲けたいだけなら、

ネットから始めた方がリスク少なくていいんじゃない。

 

というお話です。

 

実際にカードキングダムさんの

「お店の作り方講座」を見るとかなりべんきょうになることがあるので1回見てみるといいですよ。

 

まじで勉強になります。

 

 

ということでこのへんで。

 

あ、そうだ、

よくカードゲームをしているとバカにしてくる人がいますが、

 

カードゲームはコミュニケーションツールとしてまじで万能です。

 

なにせ、

僕みたいなコミュ章でもカードゲームを通じて何人もの友人を作れましたし、

コミュ力も上がります。

 

カード交換するときに交渉なんかしたりするから自然とビジネス思考も鍛えられる

 

カードゲームだからってバカにしたらい

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

どうも初めまして、ツヨです。

 

僕は現在、ブラック企業で働きながらパソコン1つで 起業しビジネスをしています。

   

具体的に何をやっているかというと、

・広告の代理店

・個人&法人向けのマーケティングや仕組み作りのコンサルティング

・外注さんを雇ってサイトなどのメディア運営で収益を上げる

・youtube、twitter、ブログを使って情報発信をしています。

 

低学歴、あがり症、人見知りでコミュ障というコンプレックスから 何をやってもダメダメでした。

   

会社では良く上司に怒られ、動機や後輩にはバカにされる毎日。

 

コンプレックスの塊だった僕が
月収100万以上稼ぐ大学生との出会いが僕の人生が大きく変える。

 

現在、ネットビジネスで月収20万を突破し自動で収益の 上がる仕組みを着々と構築しています。

自分でお金が稼げたということが自信になり、コンプレックスが消失。

現在、さらに利益を拡大させ脱サラを目標に日々勉強をしています。

メルマガでは月収100万を自動で稼ぐ師から教わったお金の稼ぎ方を包み隠さず発信しています。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

メルマガ

  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




【下記画像をクリックして、高卒工場員が月収20万稼いだ物語の続きを読む】





>>詳細が気になる方はコチラをクリック<<