どうもこんにちは、ツヨです。
 
最近ブログの仕組みも完成してきて来て新しくサイトでも作ろうかなと思っていろんな市場をリサーチしているのですが、
 
 
「穴場がいっぱいあるな~。」
と思える市場がたくさんあるように感じます。
 
 
 
最近になって、副業が解禁されて
ネットビジネスに参入してくる人が増え、
 
・ライバルが多くなってしまった。
・もうネットで稼ぐのは無理だ。
・ブログは終わった、
・アフィリエイトは時代遅れだ
・飽和した
 
みたいマイナスなことばかり言われています。
このマイナスな意見からですね。
 
なかなかネットビジネスの世界に参戦できないという人も中に入るんじゃないでしょうか。ライバルがいっぱいいるのなら自分じゃすぐに負けてしまうな・・・
 
でも興味があるし、やって見たいな・・・
でも・・・
 
みたいな。
 
やろうかやめようかを行ったり来たりしている人が大勢いると思うんですよね。
 
安心して下さい。
今でも全然ネットビジネスで稼げます。
 
ライバルが増えた、飽和した
とか言われていますが、
 
 
僕からしたら「どこが?」としか言いようがないです。
 
確かに副業が解禁され多くの人がネットビジネスに手を出し始めました。
 
確かにライバルが増えたでしょう。
ただ、僕からすると弱すぎる。
 
 
あ、これライバルだったんだ・・・
みたいになることがかなりある。
 
ちなみにライバルって「好敵手」って書くじゃないですか。
 
でも僕かしたらその「好敵手」と言われるような人となかなか出合わないんですよね。
 
 
いたとしてもなんか相手が弱すぎて知らないうちに消えていた・・・
 
なんてことがしょっちゅう起きます。
 
 
だから、
ブログが終わった、
ネットビジネスが稼げない
 
というのは幻想でしかないです。
 
ぶっちゃけ今からでも全然稼ぐことができます。
 
というのも
いろんなサイトの中身を見てみても内容が薄いものばかりで。
 
 
ほとんどが機能面のことばかりしか話しておらず、
感情的な価値が全然ないわけですよ。
 
スペックでしか勝負しているわけですよ。
 
 
基本的に、
機能的価値で勝負していると、
周りの技術革新によって必ずどこかで負けてしまいます。
 
そうなってくると
技術で勝てないから「値段で勝負する」といったように
 
安売り競争になります。
今じゃどの市場も「安売り、安売り」といった具合になってしまっています。
 
要はコモディティ化しているんですね。
 
ちなみにコモディティ化っていうのは、
 
一般化したため差別化が困難となった製品やサービスのことをいいます。
 
要は同じようなスペックの物が増えすぎてしまい差別化が難しくなり、
その結果、商品の品質ではなく、価格で勝負して差別化を図ると言った感じです。
 
で、このコモディティ化最も困ることは、
価格競争でしか戦えなくなることです。
 
 
これはネットビジネスでも起きていて、
ネットビジネスの場合「アクセスさえ集めればいい」みたいな風潮が強く
 
アクセスでしか勝負しない人たちが多すぎるんですよ。
 
そのせいで
機能的な辞書的な
何処にでも書いてあるようなサイトが大量にできてしまう。
 
このサイト、
全然面白くねえな。
ってサイトたくさんあると思います。
 
それもこれもアクセスだけ集めればいいやと思っている人が多いから。
 
 
これに、感情と言った娯楽要素を入れるだけで、
サイトの巡回率が上がって,
成約率も上がるのに。
 
 
 
そういった感じで違う要素を混ぜていくだけで、
全然差別化できるのになあ。
 
と思ってしまいます。
 
 
実際、
アクセスが少なくても成果は出ますし、
ライバルが多いと言われている市場でも全然稼げます。
 
ぶっちゃけ、
少ない記事数でも全然稼ぐことができるんですよ。
 
 
 
見える範囲が増えるだけで、
ビジネスはどんどん簡単になります。
 
 
例えば、
「アクセス」ではなく
 
「成約率」といった単語に注目するだけでも、
ビジネスを差別化することができるようになります。
 
ビジネスっていうのはよく掛け算で表されます。
 
アクセス×成約率×単価=売り上げ
コレです。
 
 
どれだけアクセスが多くても
成約率が低ければ、
商品は売れません。
 
 
僕の作ったサイトよりも2倍、3倍アクセスがあるサイトでも、
僕より稼いでないサイトはたくさんあります。
 
 
 
別にアクセスに依存せずとも、
ビジネスは作れるのです。
 
 
もちろん、アクセスがゼロだとダメですけど、
アクセスが少なくても、
 
 
売れるサイトを作ることができれば、
ニッチな需要をつかんで、
利益を出すことはできます。
 
例えば「背中ニキビ」とか。
 
 
成約率ってのは、
なかなか目に見えない部分なので、
重要視している人があまりいないんですよね。
 
どこも、「数だ!」「量だ!」「アクセスだ!」
の一点張り。
 
 
 
だから楽なんですよね。
アクセスは数字で見えますけど、
成約率はあまり数値化しづらいです。
 
つまりは見えにくい。
 
 
アクセスは量やるだけで、確実に出るから、
そっちの努力をしてしまう人が多いんですよね。
 
というか、それ知らないからやれない。
 
 
 
だから、違う視点から見えるだけで
ごぼう抜きできる市場が出てくる。
 
その1つ例として「成約率」がある
 
成約率の要素として、
 
「娯楽」があります。
 
娯楽性があれば、
たくさんの記事を読んでくれますから、
そのうちに信頼性がたまり、
商品が売れるということは往々にしてあります。
これは、Webサイトビジネスに限りません。
 
例えば、
Appleの製品。
 
携帯とかパソコンです。
 
基本1つもっていれば何も不都合はありません。
 
 
しかし、
新しいAppleの製品が出るたびに購入していく人がいます。
 
iPhone6、iPhone6s、iPhone7、iPhone8、iPhoneX
 
特にめちゃくちゃ機能が変わったわけでもないのにAppleというだけで購入していきます。
 
macも然りです。
同じものを2台持っているなんて言う人もいるくらいです。
 
おまけに普通に周りのパソコンと比べて単価が高い。
 
 
Windowsやアンドロイドのほうが安くて機能的に劣っている。
 
 
けれど
根強いファンがいますよね。
 
だからこそ、
単価の高いビジネスができているのです。
 
それに、Appleの場合コミュニティビジネスの要素もあり、
楽しいから買うのです。
 
Appleの場合、
「Apple store」というものがありますよね。
無料でアプリとかダウンロードできるところ。
 
 
 
あれは、ユーザーと店舗、ユーザーと製品が継続的な関係性を築いて、再び来店してもらう、再び購入してもらうためのものとして機能でもあるんです。
 
要はファンを作るための装置です。
僕たちApple製品を扱っている人は知らず知らずのうちにファン化させられていっているのです。
 
ん?
ということは・・・
アンドロイドも・・・「Google play」ってあったよな・・・
 
もしかしてあれも?
 
みたいな思考ができるとより面白くなってきますよね。
 
そしてどちらの会社もめちゃくちゃ稼いでいるっていうね。
 
 
そして、コモディティじゃないってことなのです。
コモディティは確実に安売り競争になります。
 
アクセスを集めないと、
成立しないビジネスでなくなるように
 
脱コモディティしましょう。
 
あー楽っすね。
 
リサーチしていると、
穴場がありすぎてw
 
付け入る隙がありすぎて逆に困るw
 
選択肢がありすぎてヤバいです。
 
どんどん良いサービスや企画を打ち込んで、
穴のある市場の利益をかっさらって行こうと思います。
 
 
 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

どうも初めまして、ツヨです。

 

僕は現在、ブラック企業で働きながらパソコン1つで 起業しビジネスをしています。

   

具体的に何をやっているかというと、

・広告の代理店

・個人&法人向けのマーケティングや仕組み作りのコンサルティング

・外注さんを雇ってサイトなどのメディア運営で収益を上げる

・youtube、twitter、ブログを使って情報発信をしています。

 

低学歴、あがり症、人見知りでコミュ障というコンプレックスから 何をやってもダメダメでした。

   

会社では良く上司に怒られ、動機や後輩にはバカにされる毎日。

 

コンプレックスの塊だった僕が
月収100万以上稼ぐ大学生との出会いが僕の人生が大きく変える。

 

現在、ネットビジネスで月収20万を突破し自動で収益の 上がる仕組みを着々と構築しています。

自分でお金が稼げたということが自信になり、コンプレックスが消失。

現在、さらに利益を拡大させ脱サラを目標に日々勉強をしています。

メルマガでは月収100万を自動で稼ぐ師から教わったお金の稼ぎ方を包み隠さず発信しています。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

メルマガ

  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




【下記画像をクリックして、高卒工場員が月収20万稼いだ物語の続きを読む】





>>詳細が気になる方はコチラをクリック<<