どうも、こんにちはツヨです。

今回は仕事を辞めても生きていけるということについて話をしていこうと思います。

 

会社で働くことが苦痛で今すぐにで辞めたい
だけど仕事やめたら生きていけない。

仕事を辞めるってめちゃくちゃ怖いんですよね。

僕も会社で鬱になって苦しい思いをしましたが仕事やめるのが怖くて会社辞めれませんでした。

 

睡眠薬、精神安定剤を飲みながらだましだまし会社で働いていました。

 

会社辞めたらどうやって生きていけばいいんだ。
そんな恐怖から辞めるに辞めれないでいました。

 

死んでも会社を辞めてやるか!
という具合に会社にしがみついたんですよね。

 

仕事を辞めるってめちゃくちゃ勇気いります。

 

会社を辞めれなかった僕が
「仕事を辞める決断をしても生きていける 」
なんて言ってもなんの説得力もないのは分かってます。

 

なので今回は、
会社が辛くてやめた僕の読者さんから
「会社辞めても全然私生きてますよ」

 

という返信を貰ってものすごく勇気をもらったので、
そのメールを今回特別に公開しようと思います。

 

公開の許可は取ってますし、
名前も伏せさせて頂いています。

僕自身このメールを読んで会社辞めても生きていけると気持ちが楽になりました。

 

なのでこの先のメールを読んで、
会社を辞める勇気。

 

仕事を辞めても大丈夫という心の安心を得ていってほしいかなと思います。

それではどうぞ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

初めましてツヨさん。Sと言います。

ブログ、メルマガ、YouTubeどれも楽しく見させて頂いています。

 

私も会社で働くことが嫌で仕方がなかった部類の人間です。
だからツヨさんの発信を見て「私と同じ考えの人いた!」と思わず感動してしまいました。

 

会社で働くことが嫌だといううと社会不適合者みたいな扱いを受け肩身の狭い思いをしていました。

 

みんな働くの嫌なくせに、
それを口にしないだけなのに。

会社で働くのが嫌だと表に出したら寄ってたかって叩いてくる。

スゴイ理不尽だな・・・
と思いながら肩身の狭い思いをしていました。

 

 

だからツヨさんのように堂々と「日本の会社おかしくね?」と発信している姿を見て
仲間ができたみたいですごくうれしかったです。

 

私は実際に仕事を辞め、一旦無職の状態になったことがあります。
ですが会社を辞めても生きていけるんだなっていうのを実感しました

 

仕事を辞めたことで、「辞めたいけど辞められない」という悩みを、
別の視点から考えられるようにもなりました。

 

仕事を辞めた私がどのように考えるようになったかツヨさんにも知ってほしいのでこの場を借りて変身させてください。

 

辞める経験は多いほど良い

まず気付いたのは、辞めるという経験が多ければ多いほど、辞める決断をするときにハードルが低くなるということです。

 

私の場合、アルバイト時代の経験が役に立ちました。

 

もちろん、アルバイトと正社員という立場では責任感が違ってくるとは思いますが、
正直なところ、そんなに変わらないのではないかと思ってます。

(引き継ぎ作業など、やるべき処理の量は大幅に違いますが。)

アルバイトも、立派な仕事です。

 

 

私は学生時代、アルバイトを5回辞めた経験があります。

 

派遣ではなく一つの場所である程度働いていたので、
いろんな職種を経験したわけではありません。

 

「辞めた経験回数」に注目してください!

 

一件目は受験のためにやむを得ず、辞めました。
受験の為でしたのでそれほど悩むことはありませんでした。

 

二件目から5件目までは三か月から半年ほどで辞めていきました。。

 

私はかなり真面目な方で、ひとつひとつのアルバイトで真剣に勤務してきました。

なので、辞める度にかなり悩みました。。

 

自分の生活費は自分でまかないたいと思っていたので、
アルバイトをしていない状態が不安でしかたありませんでした。

 

高校時代から働き続けていたので、
働いていないと落ち着かない状態になってしまっていたのです。(;´・ω・)

 

でも結局、最初以外の四件は、精神的にも体力的にも自分に合わないという理由で辞めました。

 

二、三回目までは、辞めることが怖かったです。

 

「そんなに早くに辞めちゃうの?」とか、

「もうやめたの?」と、周りに言われるのを気にしていたから。

 

でも三回目からは、自分に合わないと感じたら辞めてもいい。

働いていて、違和感が消えないようだったら辞めてもいい。

と、考えられるようになっていたので、悩む時間が短くなっていました。

 

辞める度に、良い環境の場所へ向かっている気がしましたからね!

 

この「辞める」経験が、社会人になってから会社を辞める勇気にもなったのです。

一回辞めてしまうと、あとは恐怖や不安がどんどん小さくなります。

 

そうやって私は、新しい生き方を見つけるチャンスをゲットしました。

 

他にも生き方があると知った。

「会社を辞めたい」に気持ちが強くなったとき、求人広告をみてみると、

たくさんの求人が出てくるんです。

 

実際に求人を見ていると、「働く場所はここだけじゃないし、働き方も今の道に限ることじゃないんだなあ」と思えてきたのです。

 

だからスパッと辞めることに戸惑いなんてものはなくなりました。

 

会社の中で働いていると、
世界がどうしても狭まってしまいます。

 

毎日タスクに追われ、同じ人たちと顔を合わせるだけで、新しい出会いはめったにない。
その中で比較し、評価されていると、自分の世界がその中だけで回ってしまいます。

 

でも現実は、もっと世界は広いということ。
別の生き方を選ぶ余地がたくさんあるということを会社を辞めて無職になって初めて気が付いたのです。

 

最初はやっぱり不安でした。
会社辞めて仕事がなくなってニートになって。

 

この先どうしようと不安になりました。

だけど求人票を見て。
街に出て、いろんな働き方をしている人たちを観察していると世の中仕事にあふれているということが分かったんです。

 

すると、自分の生きるための選択肢が、
もっとたくさん転がっていることに段々と気付くことができたんです。(^-^)

 

仕事を辞めてもなんとかなると分かって、
スゴイワクワクしましたね。

 

安定やお金よりもわくわくすることで幸せになれる

 

辞めたいと思いながらも仕事を続けている人は、
辞めたいと言いながらも安定を求めているんじゃないかなと昔の自分を思い返して思うのです。

 

アルバイト時代に出会ったフランス人のお話

アルバイト時代、ワーホリで来ていたフランス人の友達がいたのですが、彼女は休みをとって旅行する時間を大切にしていました。

彼女にとってお金が必要なのはもちろんですが、深刻に心配しすぎず、常にわくわくしているように見えました。

彼女の中では「ワクワクすること」がもっとも重要で、仕事中も本当に楽しそうだったのです。

 

彼女は30歳になるギリギリの時に仕事を辞めて、ワーホリで日本に来るという決断をしています。

 

フランスに帰ってからは自分がしたい映画関連の会社に入ったそうです。

たまに連絡がくると、「仕事がほんとうに楽しい」といつも書いていて

なんか、単純に「すごいなあ」って思うわけです。

 

彼女をみていると、高い収入を望むあまり、ワクワクすることを忘れた大人がどれだけいるかを考えさせられます。

 

人生の中で何が重要か。

 

生きていくためにお金はもちろん必要だけど、実際のところ、なんとかなる。

 

それなら肩書きやプライドなんか気にしないで、ワクワクする生き方を選ぶ方が

大事なんじゃないかなぁと思ってます。

 

仕事を辞めても生きていける
私は会社を辞めて、今はフリーランスとして生活しています。

 

一旦無職になって、
貯金していたお金で旅をして、今に至ります。

 

仕事を辞めても、生きていけてるわけです。
正しくは、別の生きていく道を見つけることができたわけです。

 

「辞めることができた」という成功体験は、自分の強みになりました。
「辞める=失敗」という固定観念は幻想でしかないと思います。

 

だって、辞めたら次のステージに上がれるんだもん!(*´▽`*)

 

今いるステージをクリアしてからじゃないと次にいけない
なんて、誰が決めましたか?

 

自分が生きる道は、
自分で決める。

 

今の仕事を辞めても、
生きていくことはできる。

なんとでもなるので大丈夫。(*^_^*)
今はそういった思いで生きています。

 

長い文章になってしまい申し訳ありません。
ここまで読んでいただきありがとうございます。

 

引き続きツヨさんの発信を楽しみにしています。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

僕はこのメールを読んで、
自分は会社に縛られ過ぎているなって実感させられました。

 

会社=全て。
と思わされていたんだなって反省させられました。

このメールを読んで、
仕事やめてもなんとかなりそう・・・

僕はそう思ったんですよ。

 

確かに無責任に仕事やめたい、
働きたくないから今すぐ会社辞めてニートになろう。

 

というのはダメだと思いますが、

 

 

今の会社が辛い。
死にたい。

 

と思っているのであれば辞めてもいいんじゃないか。
僕はそう思ったんです。

 

今の僕はうつも回復して、
今もなお会社に勤めていますが、

 

いずれは会社を辞めてやろうと情報発信を頑張ってます。

 

仕事が原因で苦しんでいる人は僕を含め大勢います。

苦しいことから逃げることはダメなことではなくむしろそれが正常だと思うわけです。

 

会社を辞めると生きていけない。
こういった間違った常識が僕たちを苦しめている大きな原因でもあると思っていて。

 

この常識がある限りどれだけ劣悪な環境で働かされても、
我慢してしまう。

 

だから日本の労働環境が劣悪なまま改善されないんだと思います。

 

仕事を自由に辞められる。
ようになれば劣悪な労働環境の会社は人手不足で潰れていく。

 

 

労働環境を改善せざる負えなくなる。
だけど今は劣悪な環境でも働く労働者がいるからどれだけ労働環境が悪くても改善されないでしぶとくブラック企業は居続ける。

 

自由に辞められる環境。
辞めても大丈夫と思わせる未来への希望。

 

この2つ整えば苦しい思いをする人は激減すると思うんですよね。

 

ただ改善されることはまずないでしょうね。
日本の労働環境が悪いのは今に始まったことではないのですから。

 

今の日本の悩みの原因のほとんどは仕事や会社の悩みが大半だったりするんですよね。

 

だから会社や仕事を辞めたらかなりの人が救われると思うわけです。

 

幸いなことに日本という国は労働環境は最悪ですが、
なかなか死ぬことがない国でもあります。

 

会社辞めたらすぐに死ぬってことはないんですよね、
会社辞めても普通に明日は来ますし生きていけるんですよね。

 

 

会社を辞めたら生きていけない。
そう錯覚させられているだけかもしれません。

 

会社辞めて絶望して自殺する。
この流れの方がむしろ多いような気がします。

 

 

自分で自分を諦めてしまう。
会社を辞めて不安になる気持ちも分かります。

 

この先どうしよう。
不安で不安で仕方がない。

ですが、
今会社で苦しんで死にそうな毎日を送るくらいなら会社を辞めて
生きながらえた方が幸せなんじゃないかなって思うわけです。

 

 

仕事で地獄なんです。
今より悪くなることなんてない。

だから辞めよう。

そう自分に問いかけてほしいです。

 

僕はこれができなかったからかなり公開してたりします。
あの時サッと辞めてたら今とは違う人生があったのかなって。

 

ダラダラ働いて、
生きているか死んでいるか分からないような時間を過ごすよりも。

 

 

いっそのこと仕事を辞めて、
ネットビジネスに打ち込んでいたら今よりも幸せになっていたんじゃないかって。

 

 

だから、
後悔の無いようにこの記事を読んで勇気をもってくれたらなと思います。

 

 

そしてSさん、
非常に読み応えのある返信をしていただきありがとうございました。

 

子の体験談は僕にとって勇気をもらうことのできるかけがえのないものになりました。

 

恐らく多くの人がこのメールを読んで勇気をもってくれると思います。

 

今回のメール本当にありがとうございました。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

どうも初めまして、ツヨです。  

まずはお前誰?となると思うので軽く自己紹介させていただきます。
僕は工場で働きながら外注化を駆使してネットビジネスをしているしがない工場員です。

 人に雇われる立場にありながら人を雇っているという面白い立場にいます。

ちなみに僕がネットビジネスを始めた理由は会社で働くことが嫌だったからです。

会社の何が嫌だったかを上げると、すぐに怒ってくる短気な上司、眠たいのに出社しないといけない夜勤

休みの少ない労働環境会社という存在が僕に合わなかったので抜け出すためにネットビジネスを始めました。
ただ、ネットビジネスと言っても超雑怪しかったんですよね。

最初はビクビクしながら始めましたし、
教材詐欺、コンサル詐欺に何度も会いました。

総額にしたら100万はっ損しています。
それでもネットビジネスを続けれたのはそれだけ会社が嫌いだったから

ちなみに僕の原動力は「job is shit!(仕事なんてクソだろ」という精神です。
僕はこれだけで月収20万円を稼ぐことに成功しました。

ちなみに単発という意味では最高50万です。

低学歴、あがり症、人見知りでコミュ障というコンプレックスだらけの欠点だらけ。
何をやってもダメダメの人間が「job is shit!(仕事なんてクソだろ」精神だけで成り上がってきました。

おかげさまでもうすぐ会社供おさらばできそうです。
現在、会社を辞めても生きていけるように収益の安定化を目指して仕組みを構築しています。

 

自分でお金が稼げたということが自信になり、コンプレックスが消失。

会社に依存しなくても生きていけるという安心感から
上司に怒られてもなんのその。完全無視でゆるゆる働いています。

 

「job is shit!(仕事なんてクソだろ」とか言ってる僕でもできたんです。
正直、やったら誰でもできると思います。

僕がどうやって稼げるようになったか、下記の記事で公開しています。

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

僕がどうやって月収20万円稼いだか読んでみる

 

  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




【下記画像をクリックして、高卒工場員が月収20万稼いだ物語の続きを読む】





>>詳細が気になる方はコチラをクリック<<