どうもこんにちはツヨです。

 

今回は、頑張ったからといって成果が出るとは限らないということを話していこうと思います。

 

 

生きていると頑張ることってかなりあると思うんですよ。

 

 

学校だと、

期末テストや実力テストそれに受験勉強とか、

恥を書かないように、

周りからバカにされないようにテスト勉強を頑張ったとか。

 

会社だと、
給料を上げるために
クソ上司に言いなりになって、
行きたくもない会社に行って、やりたくもない仕事をして頑張る。

 

出世をするために昇格試験に受かるために勉強したり、

面接の練習をしたりして頑張るとか。

 

頑張ることってかなりあると思うんですよ。

 

 

だけどどれだけ頑張ったからと言って必ずしもうまくいくということってないんですよね。

 

 

死ぬ気になって頑張っても失敗する。

他人に負ける。

 

そういうこと。

 

僕なんかそうですけどネットビジネスを始めてめちゃくちゃ頑張ったのに

1年間2円しか稼げなかった時があります。

 

 

その時もめちゃくちゃ頑張ったんですよね。

 

 

会社から帰ってきてクタクタになりながらも作業していましたし、

僕は3交代で仕事をしていて、普通に夜勤とかあるわけです。

 

 

で、朝方帰ってきてむちゃくちゃ眠たいんだけど、

ブログ記事書いたり、動画撮ったり、外注さんとのやりとりしたりとめちゃくちゃ

動いて、めちゃめちゃ頑張っていたんですよ。

 

寝る間も惜しんで頑張っていた。

 

 

だけどその結果が2円っていうw

 

悲しかったですし、

自分より後に始めた人が稼げているなんてことも結構ザラで・・・

 

1か月で10万達成しましたとか、

3か月で100万達成しましたとか、

 

ブログやツイッターで発信しているのを見てめちゃめちゃ悔しい思いをしました。

 

なんで、こんなに頑張っているのにあいつらの方が稼げているんだ!

お前らより俺の方が頑張っている。

 

なのに何でお前らの方が稼げているんだ!

 

ふざけんじゃねーー!

 

 

で、僕はその時に冷静になって思ったわけです。

「頑張った」とかじゃねえなって。

 

 

結果がすべて。

もうこれなんですよ。

 

これが本質なんだなって気が付いたんですよ。

 

 

社会に出たら、相手は親でもなければ先生でもない。

「頑張ったんで」とか言っても「ふーん。で?」と返されるだけなんですよね。

 

例えば会社でミスをしたときに

「頑張って仕事したけど失敗しました」とか言って許されることってないんですよね。

 

「は~?テメェーなんミスってんだよ・・・ぶっ殺すぞ!」

とブチ切れられて終わり。

 

頑張ったからと言って許してくれない。

 

 

 

学校の勉強でもそうです。

期末、実力テストでどれだけ勉強しようとテストの点数でいい点とらないと意味がないです。

 

例えどれだけ頑張って勉強しても点数が悪ければそれで終わりなんですよ。

 

テストの点数が悪くて

 

「勉強めちゃくちゃ頑張ったんです」

「寝ないで勉強したんです。」

とか先生に言ったとしても点数が増えるわけでもないし、

成績が良くなるわけでもない。

 

 

無視されるだけなんスよ。

 

 

大事なのは

「頑張って」結果を出すことじゃなくて、

「どうやって」結果を出すか。

 

 

 

これが何よりも重要だなって実感したんですよ。

 

「頑張って」結果を出そうとすると、

結果を出すことじゃなくて、頑張ることが目的になっしまいがちになってしまうんですよね。

 

 

 

なんというか、苦労さえしていれば必ず報われる。

みたいに思ってしまうんですよ。

 

 

だけどこの考えはめちゃくちゃ危険で

この考え方をしているといつまでたっても成功しないですし、

 

上手くいかないんですよね。

 

ずーっと苦し思いをするだけ。

結果なんて出ない。

 

 

現に僕は、頑張ることばかりに目が行き過ぎたせいで、

変な方向に頑張りだしてそれこそ、1年間作業して2円しか稼げないといった失敗をしてしまいます。

 

 

だからただ闇雲に頑張るのではなくて効率的に「どう頑張るべきか」を学ぶことがスーゴイが大事なんですよね。

 

 

ちなみに僕自身「どう頑張るべきか」を師匠から教わったことで1年間で2円しか稼げていなかった僕が教えを受けて3か月で月収20万円を達成するようになります。

 

この「どう頑張るべきか」という考えは何もビジネスに限った話ではないです。

 

 

例えば受験なんかも

ただただ、先生に出された問題を闇雲に解けば受験に受かるとういうわけでもない。

 

本屋さんにおいてある参考書を何でも解けばいいというわけでもない。

 

 

クラス全員同じテスト同じ問題を出されるんだけど、

クラスのみんなが行きたい学校・将来の夢はそれぞれ違うんですよ。

 

 

だからそれぞれにあった勉強方法をしていかないと本当はいけないんですよね。

 

 

「寝ずに勉強をする」とか結構やったことあると思うのですが、

 

 

 

この言葉、すーごい響き良くってかっこいいんですけど、

そのせいで 寝不足になって授業内容とか頭の中に入ってこなかったら本末転倒なんですよね。

 

 

こういった本末転倒なことにならない為にも

自分に会った効率のいい勉強の仕方とか「どう頑張るべきか」学ぶことがすごい大事なんですよね。

 

 

「私頑張っているんだけど成果が出ない」この言葉は良く聞きますし。

僕も結構な頻度で言いますが。

 

 

だけどそんなものは

当たり前なんですよね。

 

頑張ったからと言って結果が出るなんてことはまずないです。

頑張ったから結果が出るなんて言うのは、映画やドラマの中での話です。

 

現実では頑張ったからと言って上手くいくなんてことはまずないです。

ただただ苦労して頑張っていてはいつまでたってもうまくいかない。

 

だからこそ考える。

どうすればうまくいくか。

結果が出るかを考える。

 

逆算をする。

 

で逆算をしていってどう頑張ればいいかを知る。

これがすべてなんですよ。

 

考え方ややり方が分からなければ調べる

今はネットが発達してきて調べれば基本何でも答えが出てくる。

 

 

それでも分からなければできている人に直接聞けばいい。

 

お金を払って。

 

 

「え~お金を払うの~」って思うかに知れないけど相手側からすると

あなたに教えるメリットが存在しないんですよ。

 

だから無償では誰も教えてくれません。

 

 

教える人にだって自分の時間というものがあります。

だからあなたに無償で教えるってなると誰も教えないんですよ。

 

だってあなたに教えても自分にメリットないですから。

 

教えても教えなくてもメリットが無い。

むしろ教えた方がデメリットを生みますから。

 

誰も教えるわけがありません。

 

めんどくさせーな。自分で 調べろよそんなもん

と門前払いされておしまいです。

 

 

 

 

 

さっきも言いましたが社会は先生でもなければ親でもありません。

何でもかんでも教えてくれると思ったら大間違いです。

 

実際僕も稼ぎ方を教わるために35万というコンサル料を払いましたし、

現在も文章の書き方やビジネスの構造を勉強する為に100万とか払っています。

 

35万とか100万という金額は確かに痛手です。

ですがこういった痛手があるからこそ、本気で頑張れますし、

 

なにより、頑張り方、成功の仕方を教われるので全然安いんじゃないかなって思うんですよ。

 

だって、

ビジネスで成功できれば35万とか100万なんていう金額すぐに返せますし

稼ぎ続けることができてば払った以上の金額を稼ぐことができる。

 

 

 

なにより正しい努力の仕方を学べるから迷走することが無いんですよね。

 

何でうまくいかないんだろ・・・

どうすればいいんだろう・・・

 

ってことがなくなるからすごい精神的に楽なんですよね。

 

とりあえず頑張っている人って何をしたらいいか分からないから

頑張って作業をしてしまいがちになるんですよ。

 

ジッとられないみたいな。

 

特にブログ記事なんかもそうじゃないですか、

 

とりあえず記事書く。

100記事書く。とか。

 

そんなもんは間違っているんですよ。

 

 

100記事を書こうが200記事書こうが

ただただ頑張っている人間なんかに結果なんて出ないんですよ。

 

よく100記事書けば成果がでるとかバカみたいなことを言っている人がいますが、

そんなことないですからねw

 

 

100記事書こうが200記事書こうが

そこに成功するための意図が無ければ成功することなんてまずありえないです。

 

 

野球がうまくないたいからってバット振り続ければ野球が上手くなるかって言われればNOじゃないですか

 

守備の練習も必要になってきますし、

バントの練習だってしないといけない。

 

バット振っているだけだといつまでたっても上達しないと思うじゃないですか?

 

 

これもブログだって同じです。

ただただ記事を量産していてもいつまでたっても成功なんてしないんですよ。

 

 

ライティングの勉強をしてどういう文章を書けば喜んでくれるのか、

どういったキーワードを書けばSEOで人が来るのか。

 

上位表示されるのか。

 

そういったことを考えて作業してやっと成果が出るんですよ。

 

ただただ闇雲に作業をしていてもうまくいかないです。

 

 

ちなみそうやってただただ闇雲に作業した結果が僕になります。

「1年間で2円しか稼げなかった男。ツヨ」お出来上がりです。

 

 

だからこそ僕みたいな人間を出さないために今日は「どう頑張るべきか」の記事を書きました。

 

 

僕みたいな人間を一人でも減らせるように。

 

この記事で1人でもいいから「正しい努力の仕方」に気が付いてくれたらなと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

どうも初めまして、ツヨです。  

まずはお前誰?となると思うので軽く自己紹介させていただきます。
僕は工場で働きながら外注化を駆使してネットビジネスをしているしがない工場員です。

 人に雇われる立場にありながら人を雇っているという面白い立場にいます。

ちなみに僕がネットビジネスを始めた理由は会社で働くことが嫌だったからです。

会社の何が嫌だったかを上げると、すぐに怒ってくる短気な上司、眠たいのに出社しないといけない夜勤

休みの少ない労働環境会社という存在が僕に合わなかったので抜け出すためにネットビジネスを始めました。
ただ、ネットビジネスと言っても超雑怪しかったんですよね。

最初はビクビクしながら始めましたし、
教材詐欺、コンサル詐欺に何度も会いました。

総額にしたら100万はっ損しています。
それでもネットビジネスを続けれたのはそれだけ会社が嫌いだったから

ちなみに僕の原動力は「job is shit!(仕事なんてクソだろ」という精神です。
僕はこれだけで月収20万円を稼ぐことに成功しました。

ちなみに単発という意味では最高50万です。

低学歴、あがり症、人見知りでコミュ障というコンプレックスだらけの欠点だらけ。
何をやってもダメダメの人間が「job is shit!(仕事なんてクソだろ」精神だけで成り上がってきました。

おかげさまでもうすぐ会社供おさらばできそうです。
現在、会社を辞めても生きていけるように収益の安定化を目指して仕組みを構築しています。

 

自分でお金が稼げたということが自信になり、コンプレックスが消失。

会社に依存しなくても生きていけるという安心感から
上司に怒られてもなんのその。完全無視でゆるゆる働いています。

 

「job is shit!(仕事なんてクソだろ」とか言ってる僕でもできたんです。
正直、やったら誰でもできると思います。

僕がどうやって稼げるようになったか、下記の記事で公開しています。

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

僕がどうやって月収20万円稼いだか読んでみる

 

  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




【下記画像をクリックして、高卒工場員が月収20万稼いだ物語の続きを読む】





>>詳細が気になる方はコチラをクリック<<