会社で「理不尽に怒られる」という経験は、皆さんお持ちでしょうか?僕もしょっちゅう怒られていて、

 

この間も上司に仕事の関係の報告をしたら「つまらんことを報告してくるな」と怒られ、それでも一応、報告はしたので、「まっいっか・・・」って終わったのですが、

 

 

後日、「なぜ俺に報告しない」と怒られるっていうね・・・

 

 

その時はさすがに「イヤ。言ったやんけ!」って思ったのですがこう言った理不尽って会社では良くありますよね。

 

特に「ブラック企業」なんかだと日常茶飯事。

 

 

こういった状況って基本我慢するしか選択肢がないから嫌になります。

 

 

 

結構いろんなサイトなんか見たりすると、

 

会社によっては「異動を申し出る」とか。

どうしても耐えられない場合には「辞める」とか言われていますが、

 

実際問題それができる人って限られてくると思うんですよ。

 

例えば異動を申し出たとしても本当に異動できるとは限らないですし。

異動願いを出したとしても上司から「は?テメェー何言ってんの」とキレられるだけ。

 

異動なんて申し出たところで会社は何にもしてくれないです。

なにせ会社は社員個人の幸せよりも会社を大きくすることを優先しますから。

 

異動なんて面倒なこと会社の都合でない限り基本しないです。

めんどくさいから。

 

会社の都合ではいろんなところに飛ばしまくるくせに、

いざ自分が移動を願ったら突っぱねる。

 

 

こういった理不尽も会社で働いていると良く遭遇するんですよね。

 

 

それに会社を辞めるのも選択肢って軽々しく言いますけど、

そんなことができる人間なんていない。

 

「会社を辞めたら終わり」

「1度レールから踏み外したら終わり」

 

これが今の日本での共通認識。

そんな強迫観念がある中で会社なんて辞められるわけがない。

 

会社を辞められるのは本当に能力がある奴だけか、

辞められるだけのお金を持っているか。

 

それくらいじゃないと会社を辞めるなんて選択肢を取るなんてできない。

 

ニュースなんか見てると、どの職種でも人手不足で、働き手にとっては「売り手市場」なんて言われていますけど現在も就職することが難しいように思えてくる。

 

まぁ、派遣社員ならいくらでもありますが。

正社員での就職は「売り手市場」と言われた現状でも難しいのが現実です。

 

 

なので、こういった社会の理不尽からは基本「我慢」するしかないのが現状なんですよ。

 

ふざけてますよね。

 

我慢しかないって・・・

そうやって我慢に我慢を重ねた結果今の日本はうつ病やら、自殺が多発している。

 

 

ほとんど泣き寝入りですよ。

 

そういった泣き寝入りしかできないから会社もいい気になって社員を奴隷のように扱いだす。

 

 

負の連鎖になってしまってるんですよ。

 

もっと気軽に辞められて

気軽に就職できるようになれば会社もいいようにできなくなって社会もよくなっていって

ブラック企業が淘汰されて消えていくのですが、

 

それをしいないんですよね。

国も利益のことしか考えてないですから。

 

 

こうなってくると、現状を受け入れ我慢するか、現状の何とかするために自分が変わるかのどちらかしかないと僕は思ってます。

 

幸いなことに今ではネットを活用することなどでお金を稼ぐ方法はあるようですし、今の仕事だけが人生ではありませんから。

 

怒られ下手≒「おばけ」が怖い?

 しかしいくら理不尽な目に遭っても、「仕事は好きだからやめられない」とか「周りに迷惑をかけることもできないので辞められない」とか理由は様々でしょうが、

 

なかなか仕事を「辞める決心がつかない」という方もいます。

 

その場合、「理不尽に怒られる」ことに対しても、どこかで折り合いをつけないといいけないです。

 

言い換えれば、「打たれ強く」なる必要があります。

 

 先日検索したネットのインタビュー記事で、このような内容が公開されていました。

「怒られ下手とは、人に怒られたことに対して、単に『自分が攻撃された』としか思えない考え方のことです。

 

相手が何に対して怒っているのか、なぜ相手が自分に怒るのかについて、相手の気持ちや価値観を理解して考えることができないと、そうした考え方になってしまう」。

 

 

また併せて「怒られていることの内容ではなく、怒られている状況にという表層的な部分だけを捕えていると、『怒られる=攻撃される』という構図となり、それがひいては『打たれ弱さ』につながってしまう」と指摘しています。

 

 

 この話を聞いて、小さい頃に「おばけ」が怖かったことを思い出しました。

 

今では、さすがに「おばけが怖い」とは思いません。これは、人間は自分が理解できない・知識がないものに対し原始的な恐怖を覚えるものであるというところからきているのでしょう。

 

 

それに対し年を取って「おばけ」という未知の存在に対する知識が付いたからなんですよ。

 

「おばけの正体が実は枯れ尾花だ」と知っていれば、別に怖がる必要はないわけですから(本当のおばけなら、別ですが・・)。

 

会社を辞めるか、モンスター退治か

 しかし、今まで話してきたのは、あくまで相手が「まとも」な場合。世の中には私たちの常識でははかり知れない、「モンスター上司」という手合いも存在します。

 

個人的にはその様な会社は辞めてしまった方が良いのではと思わなくもないですが、どうしてもやめられない人だっているはずです。

 

 

 

仕事を続けたい場合にはどうすれば良いのか。

 

 

そもそもモンスターを相手に人間を相手にした常識は通用しません。

動物的思考が必要になってきます。

 

 

 

 日本には儒教の考えが根付いているためか、相手がモンスターであろうが「上司=偉い」と考えてしまいがちです。

 

あくまで偉いのはその(社内という限定された場での)「地位」や「立場」であって、「上司だから偉い」という構図は、時代遅れと言わざるおえないです。

 

一歩会社の外に出てしまった時の悪行に対しては、何故か「こちらが反撃してこない」という前提の下で隙だらけでしたので、実は反撃し放題なんですよね。

 

一応、ICレコーダーも仕込んでいたのですが、それを使う必要もなかったくらいです。モンスターはあくまでモンスター。

 

別にそれが「筋トレ」でも「彼女が美人」でも、「上司より髪が多い」でもなんでも構わないので、あなたがモンスターに勝っている部分を見つけ出して、うまいこと土俵に上げ、相手のプライドを叩き潰してしまえばいいのです。

 

モンスター上司に潰されてしまう原因の多くが相手の方が強い。と思ってしまっているからっていうのが大きいです。

 

 

なので相手よりも自分の方が上と思っていればそんなに怯えることはないです。

 

僕の場合だと、かなりの頻度で上司に怒られるのですが、

無視してるんでしょね。

 

なにせ相手よりも僕の方が稼いでますからw

 

会社以外での収益を上げて上司よりも稼げちゃっていますからw

相手がしょぼく見えるんですよね。

 

「テメー会社以外じゃ何にもできない低能のくせにキレてんじゃねーよ。カス」

とか普通に思ってますから、

 

全然落ちこまないいですし。

 

むしろ僕この会社やめるつもりでいるから

もう会うことないからいいか~適当に言わせておけば。

 

ってな感じで無視しまくってます。

 

自分を変えるとマジで人生が変わります。

それに自分変える人ってなかなかいないんですよね。。

 

大人でもなんとなーく生きている人がほとんどで、何も考えてませんから。

 

自分を変えるために行動すれば案外簡単にレベルアップできて

周りが雑魚に見えてきます。

 

スライムとかポッポとかそんなレベルです。

 

こんな奴らの何を怖がっていたのか不思議で仕方がなくなります。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

どうも初めまして、ツヨです。

 

僕は現在、ブラック企業で働きながらパソコン1つで 起業しビジネスをしています。

   

具体的に何をやっているかというと、

・広告の代理店

・個人&法人向けのマーケティングや仕組み作りのコンサルティング

・外注さんを雇ってサイトなどのメディア運営で収益を上げる

・youtube、twitter、ブログを使って情報発信をしています。

 

低学歴、あがり症、人見知りでコミュ障というコンプレックスから 何をやってもダメダメでした。

   

会社では良く上司に怒られ、動機や後輩にはバカにされる毎日。

 

コンプレックスの塊だった僕が
月収100万以上稼ぐ大学生との出会いが僕の人生が大きく変える。

 

現在、ネットビジネスで月収20万を突破し自動で収益の 上がる仕組みを着々と構築しています。

自分でお金が稼げたということが自信になり、コンプレックスが消失。

現在、さらに利益を拡大させ脱サラを目標に日々勉強をしています。

メルマガでは月収100万を自動で稼ぐ師から教わったお金の稼ぎ方を包み隠さず発信しています。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

メルマガ

  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




【下記画像をクリックして、高卒工場員が月収20万稼いだ物語の続きを読む】





>>詳細が気になる方はコチラをクリック<<