はいどうもこんにちは、ツヨです。

誰もが憧れるマイカーですが、車の購入費用自体が非常に高いことに加え、保険代、自動車税、駐車場代、ガソリン代など車を購入したあとも色々と維持費が発生してしまうのが難点です。

 

維持費の中でもガソリン代は工夫次第で節約が可能なので、誰もがガソリン代を安くすることについて心を砕いているかと思います。そこで今回は、ガソリン代を安くするには一体どのような方法があるのかについてご紹介していきます。

 

ガソリンを安く手に入れる

まずはガソリンを如何に安く手に入れられるかを考える必要があります。リッターあたり1円でも安く購入できれば、1カ月あたり、1年あたりで見た時に数千~数万単位での節約が可能です。

セルフのガソリンスタンドを利用する

アプリやネットなどで少しでも販売価格が安いガソリンスタンドを探すというのも大切ですが、いちいち探すのも手間ですし、移動に時間とガソリンを消費するようでは本末転倒ということにもなりかねません。

 

そこで手っ取り早いのが、セルフ式のガソリンスタンドを利用するというものです。もちろん、通常のガソリンスタンドとは違って清掃などもろもろのサービスはついていませんが、セルフ式は人件費が浮いている分安くなっています。

 

ガソリン以外のサービスを受ける必要がある場合のみ通常のガソリンスタンドを利用し、給油のみが必要な場合は極力セルフ式のガソリンスタンドを利用するようにすると、長い目で見た時にガソリン代を大幅に節約することができます。

高速道路に乗る前に給油する

「高速のガソリンは高い」というのはよく知られたことですが、高速道路に位置するガソリンスタンドは出光興産やシェルのような一般的な民間企業ではなく、NEXCO東日本などの特殊会社が運営しています。

 

高速道路上では一般道路のように価格競争原理が働かないので、その分、一般道路のガソリンスタンドに比べておよそ1020円ほど高いとされています。つまり、40リットル給油したら400800円もの差が出てしまうことになります。

 

このことを分かった上で、高速道路に乗る前にできる限り給油をして、ガス欠が起こることのないようにしておきましょう。

 

ガソリンスタンドの会員割引を利用する

家や職場の近くなど、よく通うガソリンスタンドがあるのであれば、会員になって割引を利用しない手はありません。ガソリンスタンドも乱立していますから、お客さんを手に入れるために彼らも色々なキャンペーンを用意してくれています。

 

会員になることで12ほど単価が安くなりますし、そのガソリンスタンドが発行しているクレジットカードなどを利用することで、ポイントバックやキャッシュバックを受けられることもあります。

 

そうした特典を活用することで、実質的に38ほど安くすることができるのでぜひ活用したいところです。ただ、ケースによっては年会費などの諸費用が発生するケースもありますので、その点だけしっかりと確認しておきましょう

 

車の燃費を向上させる

ガソリンを安く手に入れたなら、それを細く長く使ってなるべく消費を早めないようにしていくことが大切です。つまり、ガソリン1Lあたりで走行可能な距離(燃費)を向上させていくというのもガソリン代を節約する上で大切な要素です。

 

アイドリングを短くする(アイドリングストップ)

車が停車している間も、エンジンを動かしていればガソリンを消費し続けていきます。どれぐらいのガソリンを消費してしまうのかが気になるところだと思いますが、ある調査によると、10分間アイドリングをすれば130ccのガソリンを消費してしまうとのことです。

 

1度ドライブをすれば、信号待ちなどの時間を合わせると10分はすぐに経ちそうなイメージですよね?その度ごとに約130ccのガソリンを消費してしまうことを考えれば、多少手間ではあってもアイドリングストップをする価値は大いにありそうです。

 

短時間の停車時はアイドリングストップを活用するとともに、エンジンを動かしたまま駐車することも、もちろん避けるようにしましょう。二酸化炭素の排出量も抑えられて、環境にも優しいので一石二鳥です。

 

「急」のつく運転をしない

急加速・急発進・急ブレーキなど、「急」のつく運転は通常よりもガソリンを大きく消費してしまいます。アクセルやブレーキは緩やかに踏むように心掛けることで、ガソリンの消費を抑えられるだけでなく、同乗者にも優しい運転ができます。

 

60~90km/hの一定の速度で運転をした際に最も燃費が良いと言われているので、極端に早かったり遅かったりするのではなく、できる限り一定の速度を維持して運転するようにすることが大切です。

 

テクニックとしては、オートマチック車であれば加速時にはクリープ現象(アクセルペダルを踏むことなく、エンジンがアイドリングの状態で車両が動く現象のこと)を利用することで、アクセルをあまり踏み込まずに済みます。

 

減速時には早めにアクセルの踏み込みをやめるとともに、エンジンブレーキを利用してブレーキをあまり踏み込まないといったことでも、燃費を向上させることが可能です。

 

渋滞をなるべく避ける

渋滞は、ガソリン消費を考えた時にできる限り避けて通りたい現象です。なぜなら、渋滞によってノロノロ運転を続けていると長時間のアイドリングを余儀なくされるため、車が進んでいないのにもかかわらずガソリンを多く消費してしまうからです。

 

渋滞って本当にイライラしますよね。人の気分を悪くさせるだけでなく、ガソリン消費も早めてしまうということでまったくメリットがありません。

 

今ではアプリやWEBなどでの情報を通じてリアルタイムに渋滞情報が見れるようになっていますので、そうしたものを活用して渋滞をできる限り避けるというのが、ガソリンだけではなくて時間も節約できますし、気分を害することもありません。

 

タイヤの空気圧を適正にする

見落とされがちながらも燃費向上に意外と効果があるのが、タイヤの空気圧です。自転車なんかもそうですが、空気がいっぱいになっていないタイヤの状態で走ろうとすると、通常よりも相当のエネルギー消費が求められます。

 

自転車であれば自分で気づけますが、車であればなかなか気づくことができません。理想としては、2カ月に1回はタイヤを点検して、適正な空気圧を保つようにしたいところです。

 

「自分はズボラなのでそんなにきめ細かく管理できない」ということであれば、費用はかかりますが窒素ガスを注入すれば簡単には抜けにくいのでおすすめです。

 

「じゃあ指定空気圧より少し高めに空気を入れたら燃費が良くなるじゃん!」と思われるかもしれません。それもたしかに事実ではあるのですが、細かい振動を拾うようになったり、グリップ力の低下を招いたりなど副作用もあることは覚えておきたいところです。

 

余分な荷物を積まない

これはもう言わずもがなという感じですが、人や馬だって重い荷物を抱えたままであれば、何も抱えていない時と比べてもちろんスピードが遅くなりますし、体力消費も激しいですよね。程度の違いはあれ、車も基本的には一緒です。

 

ある実験によると、100kgの荷物を積むと35%燃費が悪くなったという結果があります。レジャーに行った際の荷物がそのまま置きっぱなしになっているなどということはありませんか?

 

トランクはもちろん、座席も含めて必要最小限の荷物だけを積むようにして、それ以外のものは載せないようにしましょう。

 

燃費の良い車に買い換える

燃費を向上させる方法をご紹介してきましたが、いっそのこと燃費の良い車に買い替えてしまうというのもアリです。ハイブリッドカーや電気自動車であれば、燃費はガソリン車と比べて1.52ほど良くなります。

 

一例として、トヨタ・スペイドというガソリン車の燃費が21.8km/Lであるのに対し、

トヨタ・プリウスというハイブリッド車であれば燃費は39.0km/Lにも上ります。実に2倍近い数字です。

仮に年間走行距離10,000kmで、ガソリン価格を120/Lとすると、以下のように年間で24,000ものガソリン代を節約できることになります。

 

スペイドの年間ガソリン代 10,000km ÷ 21.8km/L × 120円 = 54,960

プリウスの年間ガソリン代 10,000km ÷ 39.0km/L × 120円 = 30,720

もちろん、ハイブリッドカーや電気自動車などのエコカーは、ガソリン車に比べて車体価格が相当に高いですが、燃費が抜群なことに加えて税金も安めに設定されています。

 

長い目で考えた場合にお得なことがあり得るので、検討する価値は十分あります。何より環境にも優しいので、これからの時代を代表する車となっていくことも大いに考えられます。

 

まとめ

  • ガソリンを安く手に入れるために
  • セルフのガソリンスタンドを利用する
  • 高速道路に乗る前に給油する  
  • ガソリンスタンドの会員割引を利用する
  • 車の燃費を向上させるために
  • アイドリングを短くする
  • 「急」のつく運転をしない
  • 渋滞をなるべく避ける
  • タイヤの空気圧を適正にする
  • 余分な荷物を積まない
  • 燃費の良い車に買い換える

 

ポイントは、ガソリンを安く手に入れることと車の燃費を向上させることの2点です。このことを意識して自分の生活方法に合った節約方法を確立していきたいですね。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

どうも初めまして、ツヨです。  

まずはお前誰?となると思うので軽く自己紹介させていただきます。
僕は工場で働きながら外注化を駆使してネットビジネスをしているしがない工場員です。

 人に雇われる立場にありながら人を雇っているという面白い立場にいます。

ちなみに僕がネットビジネスを始めた理由は会社で働くことが嫌だったからです。

会社の何が嫌だったかを上げると、すぐに怒ってくる短気な上司、眠たいのに出社しないといけない夜勤

休みの少ない労働環境会社という存在が僕に合わなかったので抜け出すためにネットビジネスを始めました。
ただ、ネットビジネスと言っても超雑怪しかったんですよね。

最初はビクビクしながら始めましたし、
教材詐欺、コンサル詐欺に何度も会いました。

総額にしたら100万はっ損しています。
それでもネットビジネスを続けれたのはそれだけ会社が嫌いだったから

ちなみに僕の原動力は「job is shit!(仕事なんてクソだろ」という精神です。
僕はこれだけで月収20万円を稼ぐことに成功しました。

ちなみに単発という意味では最高50万です。

低学歴、あがり症、人見知りでコミュ障というコンプレックスだらけの欠点だらけ。
何をやってもダメダメの人間が「job is shit!(仕事なんてクソだろ」精神だけで成り上がってきました。

おかげさまでもうすぐ会社供おさらばできそうです。
現在、会社を辞めても生きていけるように収益の安定化を目指して仕組みを構築しています。

 

自分でお金が稼げたということが自信になり、コンプレックスが消失。

会社に依存しなくても生きていけるという安心感から
上司に怒られてもなんのその。完全無視でゆるゆる働いています。

 

「job is shit!(仕事なんてクソだろ」とか言ってる僕でもできたんです。
正直、やったら誰でもできると思います。

僕がどうやって稼げるようになったか、下記の記事で公開しています。

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

僕がどうやって月収20万円稼いだか読んでみる

 

  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




【下記画像をクリックして、高卒工場員が月収20万稼いだ物語の続きを読む】





>>詳細が気になる方はコチラをクリック<<