「仕事がしんどくて、仕事中も涙が出てきてしまう」

「休みの日も、仕事のことを考えただけで、泣けてくる」

「明日のことを考えると憂鬱で、泣きそう…」

会社で働いていると誰もが1度思うと思います。

 

休日に友人と会っているときでさえ、仕事先からメールをもらったのが嫌すぎて、
思わず泣いてしまったときがあるのですが、

 

泣きたくて泣きたくてしょうがない時って、
あると思うんですよ。

仕事ができない自分が悲しくて情けなかったり、上司や先輩から言われた注意が頭の中を駆け巡って落ち込んだり、ミスした時のこと(当時の状況、周囲の人の顔、風景)を思い返して、「ああ、あの時こうしていれば…」と悔しくなったり…もう、とにかくつらい。

 

でも、涙が出ちゃうくらい頑張って、いろいろ悩んでいること、それがまずとってもえらい!!本当に本当に、毎日お疲れ様です。よく頑張っていると思います。泣くということは、脳がSOSを出していることでもあるので、まずは自分を責めないであげてください。

今回は、仕事がつらくて泣いてしまうあなたへ、つらい気持ちへの対処法や、もしもの時涙を止める方法などをご紹介します。

 

そもそも、涙って?

 

一口に「涙」といっても、大きく分けて「基礎分泌性」「反射性」「情動性」3種類あります。

「基礎分泌性」の涙は瞬きで自然に出てくる種類のもの、「反射性」は目がしみた時やあくびをしたときに出るものを言い、「情動性」が、気持ちの変化(情動)によって生まれる涙です。

 今回の「仕事がつらくて、泣いてしまう」というお悩みはもちろん、「情動性」の涙ですね。

 

泣くのは悪いことじゃない

気持ちの問題からくる涙って、メンタルの弱さからくるイメージを持たれる方も少なくないと思うので、泣くこと自体にネガティブな印象もありますよね。

でも、どんな人でも、泣きたいときは泣きたいんです。そんなときは思いっきり涙を流すと良いと思います。無理に涙を止めようと思って気を散らそうとしても、なまじ無理なものは無理だったりしますからね…(※筆者、経験アリ)。

自分を褒めるのって、なかなか気恥ずかしくて難しいかもしれませんが、涙が出るのは生理現象なので仕方ないし、自分はまぁまずまずやれている、そのうえで悲しいんだ、くらいに思えると、少しはラクになる気がします。

 

泣くことで得られる、良い効果とは?

泣いている最中は当然ネガティブなものですが、実は泣くことにはメリットもあるんですよ。涙を流すことを一種のデトックスとしてとらえて「涙活」なんてワードもあるくらいです。涙を流すことによって得られる主な効果を3つ紹介します。

 

①気持ちがすっきりする

泣いた後、なんだかスッキリすることってありませんか?実は、涙にはストレスホルモンを低下させる効果があるそう。ストレスは万病の元ですから、その要因になるホルモンを低下させられるのは良いことですよね。

 

②良質な睡眠を得られる

「泣き疲れて眠る」なんで言葉もある通り、泣いた後って独特の疲労感があるものです。

身体的な疲労感だけでなく、実際に身体の中でも、幸せホルモンといわれるセロトニンの分泌が活発になるんです。そのことも、心地よい眠りをもたらす一因といえるでしょう。

 

③身体的ダメージが軽減される

①の項目で、「ストレスは万病の元」というお話をしましたが、涙を流すことには痛みを

軽減させる効果もあります。

泣いてもつらいときは?

そうは言っても、泣いちゃうのって苦しいですよね。そもそも、涙が出る原因(ストレス)があるから、泣いてしまうわけで…。

ここまで悩んできた方の中には、ストレスを感じるのは自分に原因があるから、自分を変えなくちゃいけない、なんて思う方もいらっしゃるでしょう。もちろんいろいろな場合がありますが、自分自身に原因がないことも多いです。なので、涙の原因になっているストレスから距離を取る、ということが必要になってきます。

 

①多少仕事のことを考えなくても、後々何とかなるもの

 自分を顧みたり、努力をすること自体は良いことだと思います。しかし、度が過ぎた自省はかえって自分の首を絞めてしまうことに…。

 ここは思い切って、一日の中で仕事のことを考えない時間を意図的に作ってみましょう。例えばお風呂に入っている間とか、家事の時間、ご飯を食べているとき…どんな時間でも構いません。いきなり、「今日は1日中仕事のことを考えないようにしよう!」と思うと難しい場合が多いので、最初は短い時間でできるか挑戦してみましょう。

 

これは、やってみた後振り返りをしてみてほしいのですが、その時間を設けたことでパフォーマンスが下がったりしましたか?何か影響はあったでしょうか?

多くの場合、ほとんど変わらないのではないでしょうか。たったの何分何時間、仕事から精神的に距離を取ったからといってそうそう支障が出るものでもないですし、もしそうやったうえでトラブルが発生したとしても、それは環境やタスクの問題であって、あなた自身の問題ではありません。

 

②しっかり休み、自分の時間を大切にする

 自分自身の心と身体をしっかり休ませるのも必要不可欠なことです。お休みの日は目いっぱい好きなことをして、自分を楽しませましょう。好きな人と会ったり、行きたい場所に行ったり、食べたいものを食べるのもいいですね。

 

③原因となっていること・人から、少しずつ身を引く

考え方に余裕が出てきたら、原因となっている人といる時間を少しずつ減らしたり、たまに定時で帰ってみたり、仕事そのものから少しずつ距離を取ってみましょう。

 

④改善が見込めないようなら、退職も視野に入れて

 ③までのことをやってみても、仕事が嫌で泣いてしまうことが続く場合は、その仕事そのものが自分に合っていないということなので、退職を視野に入れて行動してみましょう。

 

③と④をするうえで注意しなければいけないのは、できるだけ職場の人に知られないように行うこと!

オーバーワークを強いてくる会社にありがちですが、「何か気になることがあったら言って!参考にするから」なんて、上司が言ってきたりします。じゃあそもそも、そんなに仕事させないでくれよ…とも思いますし、「要望を聞いた」というだけで大きな顔をされて、不満を言い出す前よりも仕事がしづらくなった、なんて言うのも良くある話ですからね…。

 

【番外編】なんとしても泣くわけにはいかない!そんな時は?

ここまで、いろいろな方法を紹介してきましたが、職場などの人目につくところで泣きそうになると、困ることもありますよね。どうにかして泣くのを抑えなければいけないときは、どんなことをしたらいいのでしょうか?

①上を向く

 涙をこらえるときにしがちな動作ですが、実際に上を向くことで涙の水分が蒸発しやすくなります。

 

②深呼吸をする

 気持ちを落ち着かせるときにマストな動作ですよね。

ポイントとしては、息を吸うことよりも、時間をかけて吐くことを意識すると効果大。脱力を促す効果もあるので、泣きそうで張り詰めた身体を緩めるのにも良さそう。

 

③口を開ける

 この動作をすると、物事に集中して考えづらくなるそうです。普段だと困ってしまいますが、別のことに気をそらしたいときはかえって有効ですね。

 

仕事がつらい、という悩みからくる涙はメンタル面からくる涙なので、気の持ちようで抑えるというより、フィジカル面からアプローチをして気持ちを抑える、というやり方が効果的でしょう。

ただ、何度も触れている通り、メンタルからくる涙は、本来であれば無理に抑えず、自然に流す方が心身ともに良いものです。必要だからこそ、自然に出てくるわけで…無理に抑えるのはあまりお勧めしませんが、どうしても!という時は試してみるのも手かもしれません。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

どうも初めまして、ツヨです。  

まずはお前誰?となると思うので軽く自己紹介させていただきます。
僕は工場で働きながら外注化を駆使してネットビジネスをしているしがない工場員です。

 人に雇われる立場にありながら人を雇っているという面白い立場にいます。

ちなみに僕がネットビジネスを始めた理由は会社で働くことが嫌だったからです。

会社の何が嫌だったかを上げると、すぐに怒ってくる短気な上司、眠たいのに出社しないといけない夜勤

休みの少ない労働環境会社という存在が僕に合わなかったので抜け出すためにネットビジネスを始めました。
ただ、ネットビジネスと言っても超雑怪しかったんですよね。

最初はビクビクしながら始めましたし、
教材詐欺、コンサル詐欺に何度も会いました。

総額にしたら100万はっ損しています。
それでもネットビジネスを続けれたのはそれだけ会社が嫌いだったから

ちなみに僕の原動力は「job is shit!(仕事なんてクソだろ」という精神です。
僕はこれだけで月収20万円を稼ぐことに成功しました。

ちなみに単発という意味では最高50万です。

低学歴、あがり症、人見知りでコミュ障というコンプレックスだらけの欠点だらけ。
何をやってもダメダメの人間が「job is shit!(仕事なんてクソだろ」精神だけで成り上がってきました。

おかげさまでもうすぐ会社供おさらばできそうです。
現在、会社を辞めても生きていけるように収益の安定化を目指して仕組みを構築しています。

 

自分でお金が稼げたということが自信になり、コンプレックスが消失。

会社に依存しなくても生きていけるという安心感から
上司に怒られてもなんのその。完全無視でゆるゆる働いています。

 

「job is shit!(仕事なんてクソだろ」とか言ってる僕でもできたんです。
正直、やったら誰でもできると思います。

僕がどうやって稼げるようになったか、下記の記事で公開しています。

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

僕がどうやって月収20万円稼いだか読んでみる

 

  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




【下記画像をクリックして、高卒工場員が月収20万稼いだ物語の続きを読む】





>>詳細が気になる方はコチラをクリック<<