はいどうもこんにちは、ツヨです。

今回は夜勤とうつに関しての話です。

 

夜勤はうつのリスクが高くなると言われています。

 

そりゃあ、そうです。

ただでさえ会社に行きたくないのに、
夜中に出社とかw

だれだって嫌に決まってます。

 

嫌なこと×嫌なこと=うつになる。
なんていうのは当たり前の話です。

 

普通に朝会社に出勤するのですㇻ憂鬱な気分になるのに。

 

それが夜中に出社ですからね。
死にたくもなります。

 

夜勤を辞めたくても
生活のための仕事だからと我慢しないといけないのは分かっていますが、

 

そういったがマンガ余計うつを加速させてしまうんですよね。

夜勤が1日だけならまだ我慢できますが
基本は1週間夜勤が続きますからね。

 

そんなやってられるか!
っていうのが僕の意見です。

 

マジ夜勤考えた奴はアホなんじゃないかとすら思ってます。
人間の体を何だと思っているんだか。

行きたくない思いがストレスとなって積もり積もってうつになっていく。

睡眠サイクルが昼夜逆転していって睡眠不足にもなり、
脳の中で睡眠を誘うホルモンが足りなくなる。

 

どんなに昼間寝ようとしても眠れない。
寝ても浅い眠りになるので途中何度も目が覚めてしまう。

 

寝た気がしない毎日は、
気分もスッキリしない毎日です。

 

気が付くと食欲がなくなっていて、
何をやっても楽しくない。

なんとかしようとお笑い番組を見ても何が面白いのかすらわからない状態になって。

 

何かをやらなければと思うけれど、
それすらやる気にもなれない。

 

自分は生きている資格なんて無いんじゃないかって、
毎日死ぬことばかり考えてしまう。

でも怖くて死ぬことすらできない。

 

苦しいですよね。

 

自分ではそれがうつだと気が付かないことも多くて、

自分の考えが甘いんだと、
自分で自分を傷つけて余計うつになってしまう。

 

他者から言われて初めて自分がうつだったと気づかされることもざらだったりします。

 

病院を受診して、
原因が分かったとしてもなかなか仕事は辞められないものなんですよね。

 

 

ここで会社辞めたら生活できなくなる。
もう二度と就職できなくなる。

 

そんなふうに考えてしまって、
辞めようにもやめれなくて、

 

精神安定剤や、
睡眠薬を服用してなんとかだましだまし会社に行く人もいやりするんですよ。

 

まぁ、
僕のことなんですけどね。

 

休む時には休み、体を動かす時には動かすというバランスをとっていくことができればいいのですが、そういう事もなかなか難しいもの。

 

じゃあ、
どうすればいいのか。

 

ここでは夜勤でうつになった経験のある僕がうつの原因と対策と脳の関係について話していこうと思います。

 

 

僕がうつになった理由

僕がうつになった原因というのは3つあります。

まず1つめが
僕が高校2年の時、親が会社をリストラされて進路を変更され無理矢理就職させられた。という不満です。

 

僕の高校の時の進路は進学で、
なおかつ大学推薦も得ることができるような状況でした。

 

だけど丁度その時に親が会社をリストラされ、
家にお金がないということで僕が就職をして家にお金を入れてほしいということでなくなく大学進学から就職へとシフトチェンジさせられました。

 

この時が親を売れ見ましたね。
なんで親の失態を子供が背負わにゃならんのだ!って。

 

人生捻じ曲げられて嫌々就職させられましたからね。
会社なんて1ミリも楽しいと思ったことはありませんでした。

 

そして2つ目が仕事へのプレッシャー。

僕はかなり不器用で、
常に仕事で失敗ばかりしていました。

 

初めてやることなすこと裏目に出て必ず失敗していました。
だから先輩や上司に毎日のように怒られていました。

 

怒られないように気を付けるんだけど、
それでも怒られてました。

 

「お前何やってるんだよ」
「なんでそんなこともできないんだよ」
「前にも言ったよね」

と散々言われて、
僕はこの言葉を聞くのが何より嫌いでした。

 

いまでも呪いの言葉になっってます、

毎日怒られないかビクビクで仕事が終わっても
家では会社のことばかり考えてました、

 

明日も仕事あるのか・・・
明日も怒られるのか。

 

プライベートでも会社のことを考えてしまって、
休まる時間がありませんでした。

 

寝るときになっても、
寝てしまったら会社に行かないといけなくなる。

 

そんな不安から夜眠るに眠れない日々が続きました。

 

寝れたとしても
眠りが浅くすぐに目が覚めてしまう。

 

2時間ごとに毎回起きてましたね。
だから寝た気が全くしなくって、

 

それでも朝になってしまって仕事に行く。
次第にやつれていきましたね。

 

体重に48キロとかになって、
マジでこの時は死ぬかと思いました。

 

そして追い打ちを掛けるような夜勤です。
これが3つ目です。

 

行きたくない仕事に夜中に出社しないといけない。
マジで死にたくなります。

 

夜って精神的にも不安定になりやすくって、
憂鬱度が朝の非じゃない。

 

おまけに睡眠もとることにも苦労する。

 

僕の場合はただでさえ睡眠で苦しんでましたから。
余計眠ることのできなくなる夜勤で僕は無事脂肪。

 

ものの見事にうつ発症。
性sンかにお世話になって精神安定剤と睡眠薬を処方されました。

 

ただこの時の僕は休職することを選ばなかったんですよね。

 

というのも休職するのが恥ずかしかったから。
みんな普通にできていることなのに自分だけできないことが情けなくて恥ずかしかったんですよ。

 

おまけに僕は会社では若手。
そんな奴が仕事が辛くって休職したなんてなったら。

 

 

やる気がないだの。
甘えてるだの。

 

散々言われる。

 

それを恐れた僕は、
薬を併用しつつ。

 

会社への出社し続けました。

この時はかなり地獄でしたね。
ばれないように会社で精神安定剤を飲み。

 

何とかやり過ごしていました。

ただ途中で上司の不調に気が付いて、
部署の異動やメンタルケアとかしてくれたんですよね。

 

こんなクソ会社にこんないい人がいたなんて・・・
と感動を覚えつつ。

 

僕は働く環境を変えることに成功。
嫌な上司、先輩社員と晴れて離れることができましたし、

 

夜勤もない部署へと移動になって、
環境が変わり、

 

うつ回復しました。

 

今は精神安定剤や睡眠薬なしで生活できるようになりました。

 

ただ、
この会社で働き続ける以上必ず打つが再発する可能性が秘めているので、
なんとか体調がよくなった今、

 

この会社から抜け出そう!
そう思って僕は自分で稼ぐ力を身に着ける為ビジネスを始めることなります。

 

 

これがツヨが誕生した瞬間でもあります。

 

脳の伝達物質であるホルモンとの関係とは

話が僕の過去に脱線したので戻します。

夜勤中にうつになりやすい原因を作っているものがセロトニンと呼ばれる脳内物質です。

 

セロトニンは意欲や気分に関わるホルモンです。
人間は昼間日光に当たるとセロトニンという物質が体内で作られます。

セロトニンが不足すると意欲の低下や気分の落ち込みにも繋がってしまいやすくなります。

精神の安定にも関わりがあるのです。
誰でも睡眠不足になれば脳が正しく働かなくなります。

 

ノンレム睡眠とレム睡眠のバランスもとれなくなるから、
身体の疲れも脳の疲れも取り切れずに疲労が残ってしまう。

 

疲れが取れないとストレスがたまり、
次第に体調も気分も悪くなっていきます。

そして体調が悪くなると精神的に弱くなります。

下を向きがちになり、
いつもは何とも思わなかった仕事でのミスがとても大きく感じてしまいます。

 

そして自分を責めてしまって苦しむことになるのです。

 

 

夜勤うつとは

 

僕が鬱を脱せられたのは、
元々の原因であって会社の環境が変わったことによってストレスから解放されたことで睡眠をとることができたから。

 

僕は夜勤を通して睡眠ってめちゃめちゃ大切なんだなってことを学びました。

不断何気なく睡眠をとっていますが、
睡眠を制限されることがこんなにもつらいことなんだってことを痛感させられました。

 

人間は朝起きて夜眠るという性質の生き物ですから、夜勤という昼夜逆転した仕事をするのには本来向いていません。

 

ただ、
夜に仕事をしていてもうつにならずに生活している人がいるのも事実です。

 

向き不向きもあるのかもしれませんが、仕事での人間関係が困難な人や、仕事自体が辛くてしんどい人は、夜勤だろうが日勤だろうがうつになる可能性があるのではないでしょうか?

 

どうしても夜勤従事者は睡眠不足になりがちのため、うつととても関係が深くなります。

 

 

こんな症状があったら要注意です

気分が沈む

何もやる気にならない

イライラ

体がだるい

思考が回らない

楽しくない

自分を責めてしまう

 

うつ発見を見極める為のセルフチェック表がこれになります。

が、

 

僕が思う最もヤバい症状がありまして。

それは、

 

「自殺」に関してネットで調べている。

 

この状態になってたらうつの可能性大です。

というのも僕が鬱になっていた時が携帯で「自殺」のことばかり検索していました。

 

自殺をした有名人とか。
自殺をしたい人の書き込みとか。

 

仕事に行く前とかに見ていました。

 

これはうつになったことのある人にしか分からない感覚なのですが、
自殺のことを考えると不思議と心が軽くなるんですよね。

 

 

今の辛さから解放されるには自分が死ぬしかない。
本気でそう思っています。

 

だからこそかなり危険な症状でもあります。

ぼくはこの状態を自殺する1歩手前の状態だと思っていて、
「自殺検索」を長期的に行うと必ず実行に移します。

 

だから自殺検索をしている人は急いで、
精神科行って治療して下さい。

 

いえ、
治療は受けなくていいです。

 

医師から診断書だけ貰ってきて、
速攻会社を休職できるようにしてください。

 

医者の診断があれば会社を休職することができます。

すくなくとも自分が鬱になってしまった環境から離れてください。
それしかうつを打開できる方法はありません。

 

不思議なもので、
自殺のことを考えている時だけが自然と幸せになれるんですよね。

 

普通の人には理解できないでしょうが、
理解できなくて当たり前です。

 

うつというのは行ってしまえば脳がバグってる状態ですから、
常人が理解できるわけありません。

 

死ぬことで自分が救われる。
本気で思っているのがうつ状態の人です。

 

だから携帯で自殺のことを検索してたり、
検索してる人がいた場合は一発でレッドカードです。

 

 

 

夜勤うつの対処法

 

一番大切なのは睡眠の質です。

寝る直前の食事は避けるようにする事や、胃に優しい消化の良い食べ物をとる事で内臓をゆっくりと休ませる事ができて睡眠の質も上がります。

 

もし夜勤明けの昼間に起きていることができるのなら、日勤と夜勤のバランスをとっていくことを考えたいものです。

昼間に日光の光を15分~30分浴びる事でセロトニンが分泌されると言われているので、それを軽く体を動かしながらやる事で眠気対策にもなります。

 

そして夜勤明けの昼間に睡眠をとるなら日光を避けるために遮光カーテンにしたり、耳栓やアイマスクを利用したりすることも大切です。

 

夜勤を乗り切るためにはアイマスク、耳栓は必須です。
正直これがあるのと無いのとでは夜勤の難易度が10倍に膨れ上がります。

 

 

ですので、
アイマスクと耳栓は必須です。

詳しくはこちらに書いてあります。

夜勤をする人必見。夜勤のつらさを半減する神アイテムを紹介

そして夜勤中は普段の50%くらいで仕事をするように心がける。
ですね。

 

夜勤中はできるだけばれないようにサボって下さい;。

動きを鈍くしたり、
誰も見ていないのならこっそりサボるようにする。

 

夜勤は「会社で寝る仕事。」
これくらいのモチベーションで挑んでください。

 

夜勤で頑張る意味なんて1ミリもありません。
どんどんサボって自分の体調を1番に考えてきましょう!

まとめ

 

  1. 夜勤うつは脳の伝達物質であるホルモンとの関係も深い
  2. セロトニンとメラトニンの重要性
  3. 睡眠のバランスが大切
  4. 自殺を携帯で検索しだしたらそれはうつ。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

どうも初めまして、ツヨです。  

まずはお前誰?となると思うので軽く自己紹介させていただきます。
僕は工場で働きながら外注化を駆使してネットビジネスをしているしがない工場員です。

 人に雇われる立場にありながら人を雇っているという面白い立場にいます。

ちなみに僕がネットビジネスを始めた理由は会社で働くことが嫌だったからです。

会社の何が嫌だったかを上げると、すぐに怒ってくる短気な上司、眠たいのに出社しないといけない夜勤

休みの少ない労働環境会社という存在が僕に合わなかったので抜け出すためにネットビジネスを始めました。
ただ、ネットビジネスと言っても超雑怪しかったんですよね。

最初はビクビクしながら始めましたし、
教材詐欺、コンサル詐欺に何度も会いました。

総額にしたら100万はっ損しています。
それでもネットビジネスを続けれたのはそれだけ会社が嫌いだったから

ちなみに僕の原動力は「job is shit!(仕事なんてクソだろ」という精神です。
僕はこれだけで月収20万円を稼ぐことに成功しました。

ちなみに単発という意味では最高50万です。

低学歴、あがり症、人見知りでコミュ障というコンプレックスだらけの欠点だらけ。
何をやってもダメダメの人間が「job is shit!(仕事なんてクソだろ」精神だけで成り上がってきました。

おかげさまでもうすぐ会社供おさらばできそうです。
現在、会社を辞めても生きていけるように収益の安定化を目指して仕組みを構築しています。

 

自分でお金が稼げたということが自信になり、コンプレックスが消失。

会社に依存しなくても生きていけるという安心感から
上司に怒られてもなんのその。完全無視でゆるゆる働いています。

 

「job is shit!(仕事なんてクソだろ」とか言ってる僕でもできたんです。
正直、やったら誰でもできると思います。

僕がどうやって稼げるようになったか、下記の記事で公開しています。

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

僕がどうやって月収20万円稼いだか読んでみる

 

  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




【下記画像をクリックして、高卒工場員が月収20万稼いだ物語の続きを読む】





>>詳細が気になる方はコチラをクリック<<