どうもこんにちはツヨです。
今回は夜勤についての話をしていこうと思います。
 
夜勤は、
 
夕方から夜にかけて勤務をスタートし、
午前中に勤務を終了する勤務体制で。
 
 
通常の勤務時間とは真逆の生活となるので、
身体に悪い、寿命が縮むとか
 
 
夜勤をすると人生全てがおかしくなる。
といろいろネットでは言われています。
 
 
ですが実際に夜勤をしている僕からすると、
いやいや盛りすぎだろ・・・・
 
 
 
と思うところが多々あります。
 
 
夜勤ってあまり良いイメージを持てない人が多いと思います。
 
 
 
大半の人が、
朝起きて、
昼に働い、
夕方帰ってきて、
夜に寝るがという生活パターン化してますから。
 
 
夜に働くということをイメージできない人も多いと思います。
 
 
今回は夜勤経験者である僕が夜勤について思うことを赤裸々に話していこうと思います。
 
 
夜勤で気になることというと、
 
健康面、人間関係、金銭面。
と言ったところでしょうか。
 
 
他にもいろいろと知りたい人も多いと思いますが、
今回はこの3つをピックアップして話をしていこうと思います。
 
というわけでまずは健康面から話をしてきます。
 
健康面と言っても身体的な健康、
精神的な健康と2つあるので1つずつ話をしていこうと思います。
 
 
 
まずは身体的な部分から。
 

夜勤は身体的に大丈夫なのか

 
夜勤をしていると必ず聞かれることは、
「夜勤ってつらくない?大変じゃない?体持つ?」
 
ということ。
 
 
ネット掲示板なんかでも
「夜勤は人間がするもんじゃない。辞めておけ」
 
とか言われていて、
 
夜勤=地獄。
みたいに言われていますが、
 
実際はそんなことはないです。
 
 
僕も最初の夜勤はそりゃあ、
もうビクビクしてましたよ。
 
 
どうすればいいのか分からなくて、
ネットで夜勤と調べるんだけど
 
 
出てくるのは、
 
 
 
寿命が縮むや、
自律神経が壊れる。
うつになる。
 
とか散々言われてましたから。
 
どれだけ夜勤大変なんだよ!
やべー俺死ぬかもしれん。
 
とか思いながら
初めての夜勤に挑んだ覚えがあります。
 
 
ですが実際は、
思っていたほど大変じゃなかったです。
 
確かに
朝起きて、昼働く。
 
よりは体力の消耗は激しいですが、
だからと言って耐えられないというほどではなかったですし、
 
 
 
ましてや、
寿命が縮むや、
自律神経が壊れる。
うつになる。
 
とまでなるとは到底思えないと思いましたね。
 
 
実際に、
この記事も夜勤明けに書いているのですが、
 
 
 
それくらいの余裕はあるくらいには夜勤は乗り切れたりします。
 
だからかなり肩透かしを食らいましたね。
 
ビクビクして挑んだ最初の夜勤の感想は、
「こんなもんか」でしかたからね。
 
 
 
ネットの情報なんかも、
結構盛って話したり、
ただの想像だけで話をする人もいますから。
 
 
ネットの情報なんか余り鵜呑みにしない方が良いですよ。
 
 
僕の夜勤の感想はというと、
「ただただ眠い」これだけでしたね。
 
身体的には思っていたほどつらいということはなかったですね。
 
ただ夜勤をしていると体に不調は出てきますね。
 
 
 
僕の場合だと、
肌荒れやニキビができやすくなりますね。
 
 
なので皮膚科に行って薬なんか貰って対処をしてます。
 
 
それとこれは僕だけかもしれないのですが、
夜勤中は下痢になりやすいです。
 
 
昼夜逆転の不健康の生活を強いられますから。
体に不調が出てもおかしくないです。
 
 
ただこれらの不調も夜勤が終われば、
すぐに治っていくんですけどね。
 
 
自分は大丈夫だと思っていても
体の方には着実にダメージは与えられてるんだなと思いましたね。
 
 
 
夜勤中よりも、
夜勤は終わってからの方が苦しい思いをするかもしれないです。
 
 
要は体調管理です。
 
 
僕が夜勤で1番きついと思ったのは
夜勤初日です。
 
夜勤初日は
どうしても昼に寝れないから、
 
ほぼ24時間起きた状態で仕事に行かないといけないから、
眠たすぎてヤバいです。
 
 
 
そして夜勤2日目、3日目となると、
体が夜勤に慣れてきて昼に眠れるようになる。
 
 
と言った感じですね。
 
初日は寝れたらラッキー。
くらいに思って今も夜勤をしています。
 
 
それ以降は疲れていて昼でも関係なく寝ることができます。
 
 
ただ昼に寝ると、
何度も起きてしまうんですよね。
 
僕の場合で大体、
1回から2回目を覚ましてしまいます。
 
 
それに夜寝るのと比べて
どうしても睡眠の質は落ちてるかなと感じます。
 
 
夜寝るのと比べて、
体のだるさが抜けてないように思います。
 
 
 
このように夜勤中というよりは、
夜勤外でかなり苦戦を強いられたりしますね。
 
 
夜勤はぶっちゃけそこまでエラくないです。
 
 
エライのは
夜勤外の体調管理でしたね。
 
 
 

じゃあ、精神的にはどうなのか

 
夜勤をしていて1番感じたのは、
「イライラ」でしたね。
 
 
夜勤期間は
とにかく「眠い」ので
 
 
夜勤中は常に寝不足間があります。
 
だからなのか、
感情が表に出やすくなって怒りっぽくなってしまいます。
 
 
気を付けてはいるのですが、
 
ちょっとしたことでイラッとしてしまうことは多くなります。
 
 
夜勤の帰りで
渋滞していたり、
 
 
仕事中に何か指示されたり、
 
家族に話しかけられただけでも、
「うるさいな」とイラッと来ることがあって。
 
 
普段では気にしないようなことでも
気になってイラッとしてしまうことが増えましたね。
 
 
だから夜勤中は常にケンカにならないように、
人間関係は気を付けてます。
 
 
夜勤をしていると、
人間関係が薄くなると言われていますが。
 
 
こんなイライラした状態で
人と関わっても人間関係が壊れるだけなので。
 
むしろ好都合かな
と思ってます。
 
 
うつになるほど精神的に追い詰められたということはないですね。
 
 
ただ夜勤初日の精神状態は最悪です。
 
 
これは夜勤に限らず
会社の初日は憂鬱になると思います。
 
 
ただう夜勤の場合は、
この精神的な落ち込みは尋常じゃないです。
 
 
初日はなかなか寝れないですし。
これから夜勤なのか・・・
 
と気持ちがどんどん沈んでいきます。
 
 
そのせいで、、
自分を追いつめてしまって、
 
 
苦しい思いをしてしまうことは結構あります。
 
 
自分はダメ人間なんだ・・・
生きていても仕方がない。
 
というように自己嫌悪に悩まされたりします。
 
 
僕は夜勤初日が1番の難敵だと思っていて、
初日さえ乗り繰ってしまえばあとは余裕なんですよね。
 
 
ただ初日の精神状態は、
最悪だったりします。
 
 
 
夜勤をしていると人間関係が薄くなる?
 
 
夜勤をしていると友人や家族と接する機会が無くなって、
孤立する
 
とか言われていますが、
別にそんなことはないです。
 
 
僕は夜勤をしていますが、
孤立することはないですし
家族とも仲良くやってます。
 
 
それに友人とも会えなくなると言ってますが、
そんなことも全然ないです。
 
 
夜勤をしていても
友人と会うことはしてます。
 
 
 
だから人間関係が壊れるなんてことはまずないですね。
 
 
むしろ僕は夜勤中はイライラする事が多いので、
人と会わなくなることはむしろ好都合なんですよね。
 
 
 
そして最後に金銭面。
 
 

夜勤はいったいどれくらいのお金がもらえるの?

 
夜勤をしているとどれくらいお金がもらえるのか気になる人も多いと思います。
 
夜勤で働くメリットはこれくらいしかないですからね。
 
だからなのか、
時給が安い昼間に働くよりも、時給が高い夜に働いた方がお得だ・・と考えるフリーターも結構いたりします。
 
 
コンビニの夜勤なんかだと人もあまり来ないので
楽とか友人は言ってましたね。
 
夜勤ってデメリットが多いように思えますが、
お金以外にも実は隠れたメリットがあるんですよね。
 
 
それがサボりやすいこと。
 
 
夜勤というのは基本少人数です。
 
僕は工場で夜勤をしているのですが圧倒的に人が少ないです。
 
 
基本みんな朝、昼働いて
夕方に帰ってますから。
 
夜に会社にいるのは数人だけなんですよね。
 
 
だから監視の目というのも実は少なくて、
サボり放題とまではいかないですが、
 
 
かなりサボれたりします。
だから夜勤の仕事自体も実はかなり楽だったりします。
 
それにお偉いさん方もいないですから
精神的にめちゃくちゃ楽。
 
 
まず怒られることはないです。
 
お偉いさん方は出社するときには
僕たちは返ってますから。
 
 
そういう意味では夜勤にもメリットはあります。
 
 
話が少しそれましたね。
 
 
それで金銭面なのですが、
これ自体は勤務体制でかなり変わってきます。
 
夜勤と言っても
 
3交代夜勤だったり、
2交代夜勤だったり、
 
勤務体制は色々です。
 
なので勤務体制で多少ばらつきはありますが、
 
大体普通の出勤するよりも、
5万くらい給料に差が出ます。
これはあくまで僕の会社での話ですが。
 
役職が付いてたり、
長いこと働いている人はもっと貰ってます。
 
 
7万とか8万とか。
それくらいの差があると言ってる人さえいます。
 
 
 
これを多いか少ないかと思うのは人それぞれでしょうね。
 
僕はもっとほしいとは思います。
 
 
これだけ健康に被害を与えているのなら今の基本給の2倍3倍くらい貰っても良いように思えてきます。
 
 
あれだけの眠気に耐えて5万の差か・・・
とちょっと物足りなさは感じます。
 
 
ただ1か月で5万給料が増えるのは、
大きい物でかなりお金には余裕は出てきますね。
 
 
欲しいものは大抵買えます。
 
 
それに夜勤中って、
基本外出しないで家に引きこもってるから
 
お金をあまり使わないんですよね。
だからお金が溜まりやすい状況ではあります。
 
ただ夜勤中に貯めた鬱憤を晴らすために
つい無駄使いするという人も中にはいます。
 
 
なので一概にお金が溜まると言えないのですが、
お金が溜まりやすい環境であるのは間違いないです。
 
 
夜勤にはデメリットばかりが上げられてますが、
メリットも案外多くあります。
 
 
それに夜働く人がいるからこそ、
普段の日常を送れているのも事実です。
 
 
 
看護婦・医者・介護士・コールセンター・消防士・ホテルスタッフ・警察官・キャビンアテンダント。
 
 
夜中に働いている人はたくさんいます。
 
 
夜勤をしていても健康な人は大勢いますし、
長く生きている人もいます。
 
 
 
一概に夜勤をしているからすべてを失う。
人生が終わるなんてことはないのです。
 
 
 
 
今回は夜勤を経験した事のない妄想だけのネットの1部の情報を鵜呑みにして、
 
夜勤に対して誤った認識を受けてしまったり、
これから夜勤をする人に恐怖を感じてしまう人を無くせたらと思って記事にしてみました。
 
 
 
夜勤があるからこそ、
国が回ってますし、
 
 
僕らも何不自由なく生活することができています。
 
なので今回の記事で少しでも夜勤に対する誤解が解けたらなと思います。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

どうも初めまして、ツヨです。

 

僕は現在、ブラック企業で働きながらパソコン1つで 起業しビジネスをしています。

   

具体的に何をやっているかというと、

・広告の代理店

・個人&法人向けのマーケティングや仕組み作りのコンサルティング

・外注さんを雇ってサイトなどのメディア運営で収益を上げる

・youtube、twitter、ブログを使って情報発信をしています。

 

低学歴、あがり症、人見知りでコミュ障というコンプレックスから 何をやってもダメダメでした。

   

会社では良く上司に怒られ、動機や後輩にはバカにされる毎日。

 

コンプレックスの塊だった僕が
月収100万以上稼ぐ大学生との出会いが僕の人生が大きく変える。

 

現在、ネットビジネスで月収20万を突破し自動で収益の 上がる仕組みを着々と構築しています。

自分でお金が稼げたということが自信になり、コンプレックスが消失。

現在、さらに利益を拡大させ脱サラを目標に日々勉強をしています。

メルマガでは月収100万を自動で稼ぐ師から教わったお金の稼ぎ方を包み隠さず発信しています。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

メルマガ

  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




【下記画像をクリックして、高卒工場員が月収20万稼いだ物語の続きを読む】





>>詳細が気になる方はコチラをクリック<<