きつい 、汚い 、危険のいわゆる「3K職場」の典型とも言われる工場。工場勤務というとネガティブなイメージを思い浮かべる方も多いかもしれませんが、実際のところはどうなんでしょうか?

 

実際に工場に勤務していた方々などの声をもとに、工場での仕事は楽しいのかどうか、楽しいであればどういった部分が楽しいかといったことについてご紹介していきます。

工場での仕事が楽しいと思っている人の割合

20~30代の工場勤務の方100名にアンケートを取った調査結果によると、36名が「満足」51人が「不満足」、13人が「どちらとも言えない」という内容でした。やはり工場での仕事に対して不満を抱いている方が比較的多いようです。

 

もちろんこの割合が工場勤務者全ての方々の気持ちを代弁しているわけではありますが、参考にはなるはずです。半分近くの方が不満を抱いている一方で、3割以上の方が「満足」、つまり「楽しい」と思って働いているというのもまた事実です。

 

工場勤務に対する世間一般のイメージからすると、意外と多いと思われた方も少なくないかもしれませんね。彼ら、彼女たちはいったいどのような点に対して楽しさを感じているのでしょうか?

 

どんな部分が楽しい?

就業時間が明確

まずは、時間管理が徹底されているという点です。始業と終業はチャイムで分かるようになっていますし、タイムカードで厳密に勤務時間を計っている工場も多いので、日本社会に多い「サービス残業」をする必要がまったくありません。

 

実際の声を聞いてみると、残業はあまりないという方が多くを占めています。交代制を設けている工場も多いので、残業の必要性がないというのも理由かもしれません。仮に繁忙期で残業があるとしても、時間管理がしっかりなされているので残業代も細かく計算して支給されるというケースがほとんどです。

 

このように就業時間が明確であれば、子育てなどをしている主婦の方でも働きやすいですし、プライベートをしっかりと確保することができますよね。勤務時はしっかり働いて、それ以外は自分の時間として活用するというワークライフバランスが充実した職場と言えるかもしれません。

 

人間関係に悩む必要がない

工場での仕事は、オフィスワーカーのようにグループで行っていくものではなく、一人一人がそれぞれの仕事を分業して担うケースが多いので、同僚や上司との人間関係に悩む必要がありません。

 

一般的な転職者の最大の転職理由は人間関係に由来するものですから、この人間関係の煩わしさから解放されるというのは非常に大きなメリットであると言えます。

 

もちろん職場に自分一人だけが働いているというわけではありませんので、業務上困ったことがあれば相談や助けを求めることもできますし、昼休みなどの休憩時間には必要に応じて同僚と親睦を深めることもできます。

 

オフィス勤務であれば接待があったり、上司との飲みにケーションに付き合わされたりといったこともありますが、工場勤務であれば自分が望む適切な対人距離を保つことができると言っても良いかもしれません。

 

自分の仕事が形になる

工場というのは何かの商品を生産する現場ですから、そこで働くということは何かを作り、世の中に送り出すということです。それが食品であれ機械であれ衣服であれ、自分が生産に携わったものが世の中に出回り、誰かの手に届くというのは大いにやりがいに繋がります。

 

自動車工場で働いていた方からは、「もともと車に興味関心を抱いてはいなかったけれども、工場で働くようになってから自動車のことが好きになった」という声も寄せられています。

 

自分の仕事が目に見える形で作られていくというのは大きなメリットだと言えます。

 

福利厚生が充実している

時には危険も伴う工場勤務ですが、その分福利厚生も充実しています。代表的なのがの支給です。寮の立地は往々にして工場から遠くないので通退勤にそれほど時間はかかりませんし、何よりも多くの人にとって最大の支出である家賃が発生しません。

 

工場勤務は時給や給料がそれほど低い仕事でもないので、家賃を負担する必要もないということであれば相当の可処分所得が手元に残ることとなります。1年ごとに数百万円という大金を貯蓄していく人もいるほどです。

 

作業服での勤務

作業服で勤務できるという点は、主に女性がメリットを感じることかもしれません。女性は特に毎日どんな服を着て出勤するか少なからず心を砕きますし、一定期間ごとに新しい服を買わなくてはならないので被服費の出費も発生します。

 

作業服での勤務となればそうしたことから一切解放されます。また、帽子を被って作業することも多いので、髪をセットする必要もありませんし、化粧もオフィス勤務者と比べればそこまで手を掛ける必要もないでしょう。

 

友達や家族と一緒に勤務出来る

人間関係の煩わしさがないと上述しましたが、希望すれば友達や家族と一緒に働けるというのもメリットの一つです。工場勤務の求人などではよく、「友達や家族と一緒に応募すると現金プレゼント」といった条項が盛り込まれていることがあります。

 

そうした制度を活用することで、給与以外の収入を手に入れることもできますし、気心の知れた仲間とともに同じ職場で働くこともできて一石二鳥です。

 

どんな部分が不満?

工場勤務が楽しいと思う方々の意見を見てきましたが、ではそうではない方々の意見も見てみましょう。

 

仕事が単調

やはり工場という性質上、同じような仕事を基本的には一日中やり続けることになるので、単調だと感じる方も少なくないようです。

 

とはいえ、定期的にジョブローテーションがある工場も多いので、1年中ずっと同じ仕事を朝から晩までやり続けなくてはならないということでもありません。

 

それに、仕事が単調ということは、言ってしまえば一度仕事を覚えてしまいさえすれば後は完璧にその仕事をこなせるということでもあります。職人さながらに、その仕事の完成度をひたすら上げていくことにこだわることでやりがいを見出すことができるかもしれません

スキルが身につかない

工場での仕事はスキルが身につかないという声もデメリットの一つとして多く寄せられています。確かに工場という組織の中で、自分が担う仕事はごく一部にしか過ぎないことが多いので、その仕事を極めたところで転職に活かせるスキルは身に着けられないかもしれません。

 

ですが、それはあくまで何も考えることなく目の前の仕事をただ漠然とこなしていればそうであるということであって、将来のビジョンや転職先を見据えて、自分がいま身に着けなければならないスキルは何かをしっかりと把握したうえで働くのであればまったく違った結果になるはずです。

 

工場勤務であったとしても、フォークリフトの免許や危険物取扱者の資格など、転職市場で価値のあるものも少なくありません。工場内で出世して管理職となれば、マネジメントの経験も積むことができます。

 

まずは自分の将来像を描くことから始める必要があるのではないでしょうか。

 

体力的にしんどい

工場での勤務は基本的に肉体労働なので、体力的に過酷であるというのは至極当然な意見です。仕事に慣れないうちは筋肉痛に見舞われることも多いと言いますし、夜勤ともなれば昼夜逆転生活から来る疲労も相当なものです。

 

体力に自信がないという方であれば工場勤務はおすすめできないですが、一定の自信があるということであれば問題はないはずです。体力を使うと言っても過酷な仕事にひたすら従事させられるわけではありませんし、オフィスワークのような知識労働であっても言ってしまえば体力は使うわけです。

 

働くときはしっかりと身体を使って汗をかいて、退勤後のおいしいビールで一日の労をねぎらうという働き方も、メリハリがあってやりがいがあると言うものです。

 

人によって感じ方はさまざま

これまで見てきたように、一つの事象に対してある人は「楽しい」と感じ、ある人は「楽しくない」と感じている実態が見て取れます。「仕事が単調」という事実一つを取ってみても、ある人にとっては「仕事が覚えやすくて良い」となりますし、ある人にとっては「つまらない」となるわけです。

 

つまりはその人の感じ方によってものの見方が変わってくるということです。であるからこそ、工場での勤務を「楽しい」と感じる人も、「楽しくない」と感じる人もどちらも存在しているのです。

 

十把一絡げにして語ることはできないということが分かります。工場での勤務に興味があるけれども、世の中のネガティブなイメージの影響を受けて一歩を踏み出せないという方がいるのであれば、上述してきたようにメリットを感じている方々の意見を大いに参考にして頂くと良いのではないかと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

どうも初めまして、ツヨです。  

まずはお前誰?となると思うので軽く自己紹介させていただきます。
僕は工場で働きながら外注化を駆使してネットビジネスをしているしがない工場員です。

 人に雇われる立場にありながら人を雇っているという面白い立場にいます。

ちなみに僕がネットビジネスを始めた理由は会社で働くことが嫌だったからです。

会社の何が嫌だったかを上げると、すぐに怒ってくる短気な上司、眠たいのに出社しないといけない夜勤

休みの少ない労働環境会社という存在が僕に合わなかったので抜け出すためにネットビジネスを始めました。
ただ、ネットビジネスと言っても超雑怪しかったんですよね。

最初はビクビクしながら始めましたし、
教材詐欺、コンサル詐欺に何度も会いました。

総額にしたら100万はっ損しています。
それでもネットビジネスを続けれたのはそれだけ会社が嫌いだったから

ちなみに僕の原動力は「job is shit!(仕事なんてクソだろ」という精神です。
僕はこれだけで月収20万円を稼ぐことに成功しました。

ちなみに単発という意味では最高50万です。

低学歴、あがり症、人見知りでコミュ障というコンプレックスだらけの欠点だらけ。
何をやってもダメダメの人間が「job is shit!(仕事なんてクソだろ」精神だけで成り上がってきました。

おかげさまでもうすぐ会社供おさらばできそうです。
現在、会社を辞めても生きていけるように収益の安定化を目指して仕組みを構築しています。

 

自分でお金が稼げたということが自信になり、コンプレックスが消失。

会社に依存しなくても生きていけるという安心感から
上司に怒られてもなんのその。完全無視でゆるゆる働いています。

 

「job is shit!(仕事なんてクソだろ」とか言ってる僕でもできたんです。
正直、やったら誰でもできると思います。

僕がどうやって稼げるようになったか、下記の記事で公開しています。

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

僕がどうやって月収20万円稼いだか読んでみる

 

  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




【下記画像をクリックして、高卒工場員が月収20万稼いだ物語の続きを読む】





>>詳細が気になる方はコチラをクリック<<