はいどうもこんにちはツヨです。

今回はタイトル通りです。
社畜年収600万円より年収300万円でも暇な方が幸せなんじゃないのか?

という話をしていこうと思います。

普通に年収600万というのはすごいことです。
今の日本のサラリーマンの平均年収は425万ですから。

かなり貰っている方だと思います。
だけおそれで本当に幸せなのか?という話です。

労力

拘束時間

住む場所の規制

時給

これらを考えた時、
はたして納得できるものなんだろうか。

年収300万円でも、
自分に時間があって、

会社で働きつつ、
副業で副収入があるくらいが幸せなんじゃないのかと思うんですよ。

何でこんなふうに思ったかというと、
社畜年収600万円だと全然時間がないことってかなりあるんですよね。

お金を使う暇がない。


だからお金は溜まっていくけど使う場所がない。
それって一体なんのために働いているのか分からないじゃないですか?

社会のために役に立ちたい。
自分の成長を目指したい。
周りからちやほやされたい。

いろんな理由で働いていると思うけど、
ぶっちゃけた話をすると働く目的って「お金」じゃないですか。

働く理由のほとんどが
お金をたくさんもらって豊かに生活したい。

これが働く人間の1番の理由だと思うんですよ。

自分の成長とか、
社会の役に立ちたいとか何とかいうのは二の次だと思うんですよ。

労力

拘束時間

住む場所の規制

時給

 

これらって全部僕たちが生活していく上でめちゃくちゃ重要な要素だ思うんですよ。
僕たちが豊かに暮らすためには切っては切れないものです。

社畜年収が600万でも労力と時給がかみ合っていない

年収600万円で働いている人はたくさんいますし、
僕の友人や知り合いにも年収600万稼いでいる人はいっぱいいます。

 

 

深夜まで会社で働いて、
なおかつ休日出勤なんて当たり前。

 

休み?
10日に1回あれば良い方。

とか言うわけです。

 

 

さらにですよ。
業務時間外の仕事なんかもあるわけです。

 

残業なんて当たり前で、

会社のイベントなんかでこき使われたりするわけです。

 

残業代は出るけれど、
その残業代に対して費用対効果がまるで釣り合っていない。
 

挙句の意果てには
訳の分からない上司との飲み会だったりがあるわけです。

 

行きたくもねー飲み会に行かされて、
上司のご機嫌取りさせられるわけです。

 

ストレスしかたまらない。
一人で飲んでた方がまだ楽しいです。

 

年収600万という数字は確かに大きいですが、
それに見合った労働条件かと言われると首をかしげたくります。

 

 

実際に働いている時間がものすごく多いですからね。
本当にそれだけ働いて年収600万なの?と思っちゃうんですよ。

 

いや、だってほぼ毎日働いて年収600万って
少ないように感じるんですよ。

 

だって朝から晩まで働いて、
休日出勤もして。

 

そこまでして会社に尽くして、
年収が600万って明らかに少ないと思うんですよ。

 

 

割に合わなくないですか?
600万という数字は確かに大きいですが絶対にそれ以上の労力がかかっているので損してると思うんです。
 

それが時給にもつながってくるわけなのですが、
年収という面で600万という数字は確かに魅力的ではあるけど、

 

じゃあ、これを時給に換算したときにどうなるのか?という話です。

 

 

年収600万なら時給も貰ってるんじゃないの?と思うかもだけど、
見えないところで時給が発生しなかったりしますからね。

 

例えばさっき話した飲み会だったり、

会社の行事であったり、
あとは会社での昇格試験での勉強や資格取得だったり、

 

見えないところでお金が発生しないんですよ。
あくまでそれは「自発的に動いている」とみなされますから。

 

なので年収という面では確かに600万はすごいですが、
時給換算したときにあんまり割り良くないんじゃないのかな?と思ったりするんですよ。

 

下手すると年収300万の人と同じ時給だったりもするんですよね。

 

あれ?
それだったら別に時間あっての年収300万の方がコスパ良くね?と思うわけです。

 
普通に働いていて年収600万ならいいんですよ。

 
週末休みで、
残業も少なく、休日出勤もない。

 

それで年収600万なら別に良いのですが、

 

奴隷のようにこき使われて、
社畜年収が600万というのは明らかに少ないように思えるんですよね。

住む場所の規制

会社で働いていると住む場所の規制というのは少なからず受けます。
僕だって会社から30分くらいで付くくらいの距離のところに住んでいて、

 

それ以上離れようと思っても通勤がめんどくさくてなかなかは離れられないんですよ。
これはサラリマンで働いている以上仕方がないことなのですが、

 

だけど、年収600万で大企業fで働いている人たちは僕の非じゃないくらい住む場所の規制を受けたりします。

 

というのも転勤とか断れないんですよね。

 

というのも年収600万となるとそれなりの役職が付いてないと無理なんですよね。

 

大体30代とかそこらへんです。

 

そこで転勤しろと言ってくるわけです。

断れるわけがないんですよね。

 

断る=この会社をやめる。

ですから。

 

言うことを聞くしかない。
だって。せっかく年収600万までなるのに頑張ったのに

 
ソレを不意にすることなんてできるわけがない。

 

それを会社は知ってるんでしょうね。
だから転勤を簡単に言い渡してくる。

 

 
酷い会社なんかになってくると、
結婚してマイホームを建ててすぐ転勤を言い渡してきますからね。

 

マイホーム建てたら転勤言い渡されるというのは割と良くある話で、
マイホーム建てたらもうローンを返すために会社を辞めることできなくなりますからね。

 

 

会社の言いなりになるしかありません。
だから誰も行きたがらない転勤に行かせるんですよ。

 

どうせこいつはやめないだろうと足元を見て。
こういった飛んでもねークソ会社はごまんとあります。

 

そんなクソ会社に年収600万で努めることが果たして幸せなんでしょうか?

 
結婚して、マイホーム持って。
これから幸せな生活が待っていると思ったら会社が幸せをぶち壊してくる。

 
結婚してマイホームを持ったことをいいことに好き勝手やるわけです。

 
今までとは関係のない仕事をさせられるなんて当たり前ですからね。
会社の都合の良いように働かされる。

住む場所すら会社に決められるとかこれって人権侵害でしかないですよ。

 

マイホーム建てた矢先に、
他の家に住めとか。

人としてどうなの?と思うわけです。

 

こんな訳の分からない仕打ちを受けるのなら年収300万で好きな所にある程度住めて、
自由な時間があった方が絶対に幸せだと思うんです。

 

誰にも縛られることなく自分の好きなことができる。
これができるかできないかで幸せ度だってだいぶ変わってくると思うんです。

 
嫌だってずっと働いてお金だけが溜まっていってもお金が使えないんじゃ意味ないじゃないですか。

 

お金は使うためにあって、
貯めるためにあるわけじゃありません。

 

だから貯めれも何の意味もないんですよね。
自由な時間すら与えられず、

ただずっと働くだけど人形として生きていく。
果たしてそれは本当に幸せなんでしょうか?

 

 

少なくとも僕は給料安くてもいいから自由な時間が欲しいです。

 

というか僕、
そこまでお金いらないんですよね。

 

美味しい食べ物にもあまり興味ないですし、
車にも興味ないです。

正直お金を使うことってあまりないんですよ。

 
漫画やゲーム、
後はパソコンさえあれば良いかな?
と思ってるくらいなので、

それ以外にお金って余り使わないんですよね。

 

お金が欲しいなと思ったら。
ネットとか使って稼ぎますし、

別に会社に依存するメリットが僕にはないわけです。

 

だから僕は、
昇進とかにも興味がないんですよ。

 

というか僕は昇進する気ありません。
なぜなら会社辞めますから。

 

誰が好き好んで40年会社で働き続けるかってんだ。
長いこと会社にいるつもりないので、

昇進したら昇進するための努力が無駄になりますからね。
だから僕は昇進のための努力は捨てました。

 

代わりに僕はネットを使ったビジネスに転換してるんですよ。
会社で昇進するより確実にお金稼げますし、

 

会社が潰れようともお金の稼ぎ方は不変的ですからね。
一生使える技術です。

 

会社で昇進する努力をするよりも
絶対にネット使ってお金を稼ぐ努力した方がコスパ良い。

 

だから僕は会社に依存すること辞めたし、
昇進することも諦めました、

 

食べるために働くのか働くために食べるのか

僕たちは食べるために生きています。
食べないと生きていけませんからね。

ですが、
今の僕たちって食べるために働くというよりも働くために食べているとしか思えないんですよね。

 

だって今のサラリーマンの食事って
タダのエネルギー補給が目的になって、

 

食事自体を楽しむってことしないじゃないですか。

 
朝の食事だって
会社に遅れないように急いで朝食を口にかき込む

 

会社の休憩の時も限られた休憩時間の間に弁当を口にかき込む。

 
ゆっくり食事できてないし、
食事を楽しむことってまるでないじゃないですか。

 

本当に食べることを目的として、
働いているのならもっと食事は楽しんでも良いと思うんですよ。

 
だけど、
誰1人としてゆっくり食事を楽しむ人なんていない。

 

10分、15分で弁当を食べて、
すぐに仕事に行く。

 
車のガソリンを補給するかのごとく、
弁当を補給する。

 

多くの人が働くために食べているとしか思えないんですよ。

食べるために働いているのか働くために食べているのかということで話してきたけど、

これは
生きるために働くのか、働くために生きているのか

とも言えますからね。
なにも食べること限定じゃない。

僕たちが働くのは僕たちが幸せに生きる為であって、
働くために生きているわけじゃないじゃないですか。

働くために生きるって。
それは奴隷ですよ。

だけど多くのサラリーマンが、
働くために生きているとしか思えない。

自分は違うと否定する人は多いと思うけど、なら今の人生で満足しているかを
聞くとみんな言葉を詰まらせる。

つまり、
みんな少なからず自分は働くために生きているんだと自覚しているということです。

それを認めたくないだけ。
僕は人生を楽しむためには自由な時間が何より欠かせないと思っていますから、。

年収600万円でめちゃめちゃ働いて、
食べる時間もままならない。

コンビニ弁当や吉野家の牛丼やラーメンを食べるだけ。
朝食も昼食もエネルギー補給のためだけにかき込んで、

仕事に打ち込む。

楽しみと言えば、
何にもない。

強いて言うなら、
5日後、10日後の休日だけ。

そしてその休日も
体を休めるためにダラダラ過ごす。

それって本当に幸せなのかな?
600万貰ってもこんな生活じゃ幸せとは絶対に言えない。

確かに僕の言う年収300万というのは少ないと思います。
お金という面だけ見れば不幸せと思うかもしれない。

ですけどたとえ低くても、
自由な時間があって、

ゆっくり食事を楽しめた方が僕は幸せだと思うんですよ。
訳の分からない上司のご機嫌取りもしなくても良い。

働きたくない会社で働かなくていい。
転勤もない。

昇進をかけて、
周りの社員の荒探し、足の引っ張り合いに参戦しなくていい。

気楽なものですよ。

たとえ年収が低くても
自由な時間があって、

食べる楽しみを見つけられた方が

年収600万で
時間が無くて、食べる楽しみもなく

働くだけの人生をしている人よりも断然幸せなんじゃないかなと思います。

確かにお金は大切です。
だけどそれ以上に時間というモノも大切だと思うわけです。

だからお金と時間のバランスを考えて、
自分に合った生活をすることが幸せになる方法なんじゃないかなと思います。

では。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

どうも初めまして、ツヨです。  

まずはお前誰?となると思うので軽く自己紹介させていただきます。
僕は工場で働きながら外注化を駆使してネットビジネスをしているしがない工場員です。

 人に雇われる立場にありながら人を雇っているという面白い立場にいます。

ちなみに僕がネットビジネスを始めた理由は会社で働くことが嫌だったからです。

会社の何が嫌だったかを上げると、すぐに怒ってくる短気な上司、眠たいのに出社しないといけない夜勤

休みの少ない労働環境会社という存在が僕に合わなかったので抜け出すためにネットビジネスを始めました。
ただ、ネットビジネスと言っても超雑怪しかったんですよね。

最初はビクビクしながら始めましたし、
教材詐欺、コンサル詐欺に何度も会いました。

総額にしたら100万はっ損しています。
それでもネットビジネスを続けれたのはそれだけ会社が嫌いだったから

ちなみに僕の原動力は「job is shit!(仕事なんてクソだろ」という精神です。
僕はこれだけで月収20万円を稼ぐことに成功しました。

ちなみに単発という意味では最高50万です。

低学歴、あがり症、人見知りでコミュ障というコンプレックスだらけの欠点だらけ。
何をやってもダメダメの人間が「job is shit!(仕事なんてクソだろ」精神だけで成り上がってきました。

おかげさまでもうすぐ会社供おさらばできそうです。
現在、会社を辞めても生きていけるように収益の安定化を目指して仕組みを構築しています。

 

自分でお金が稼げたということが自信になり、コンプレックスが消失。

会社に依存しなくても生きていけるという安心感から
上司に怒られてもなんのその。完全無視でゆるゆる働いています。

 

「job is shit!(仕事なんてクソだろ」とか言ってる僕でもできたんです。
正直、やったら誰でもできると思います。

僕がどうやって稼げるようになったか、下記の記事で公開しています。

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

僕がどうやって月収20万円稼いだか読んでみる

 

  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




【下記画像をクリックして、高卒工場員が月収20万稼いだ物語の続きを読む】





>>詳細が気になる方はコチラをクリック<<