こんにちは、ツヨです。

 

今回は脳内のストレスを簡単に減らす方法について

 

実際に僕が実践してることを書いて行こうと思います。

 

 

ブログ記事を書こうにもネタがなくて作業ができない。

頑張ってネタを探すんだけどまったくいいネタが見つからない。

 

そのせいでなかなか

記事作成に取り掛かることができずに焦る。

 

「やろうやろう」と悩んだ挙句。

結局やらずじまいになってしまい

 

何やってんだよ・・・

俺・・・

 

と自己嫌悪していた。

 

 

やらないといけないと頭では分かってはいるんだけど、

作業に中々取り掛かることができずに

 

あぁーーー!!

ってストレスばかりが溜まる。

 

何もしていないけど

ストレスが溜まっていた。

 

何もできない自分が悔しくて仕方がなかった。

 

 

だから僕は速攻作業をするようにしている。

 

 

 

1回行動しちゃえば、

後は流れに沿ってやっていくだけだから

案外スムーズに作業が進む。

 

 

1度動けば慣性の法則が働いて

作業がどんどん進んでいく。

 

 

即行動すれば、

作業ができないことで苦しむことがない。

 

なにせ行動してるんだから。

 

なにより、

コンテンツができるから達成感も出てくる。

 

その達成感から

「次のコンテンツも作るか・・・」

という流れになったりして、

 

コンテンツできちゃったーーー!!

作業が楽ちぃーー!!

 

という好循環が生まれる。

 

 

 

何もできないという苦しみや無力感から解放され、

作業がしたくてししたくて仕方が無いというテンションになる。

 

コンテンツができるから当然お金も稼げる。

楽しくお金を稼ぐことができる。

 

マジで即行動にはメリットしかない。

 

 

 

考えるんじゃなくて行動する。

行動した後に考えるようにしています。

 

 

ノウハウなんて呼べる代物でもないけど

思ったよりこいつは効果があります。

 

 

少しでいいのです。

「即少しだけでもやる」

 

人間やらなきゃいけないことたくさんありますよね。

 

食器を洗ったり

歯磨きしたり、

風呂に入ったり、

資料を作ったり。

掃除したり

 

どれもこれも、すぐやれば、

実は、意外と解決することばかりです。

 

 

それでもハードルが高かったら、

「近くにあるごみを捨てる」

と行動を最小化しましょう。

 

とにかく課題を簡単にする。

 

 

そうすることで、

異常に行動するハードルが下がり、

勢いがついて結局、部屋全体を掃除することになる。

 

 

僕はこうしてブログ記事を書いているけど、

 

何書こうかな?

とか考えるよりとりあえずパソコンの前に座って

とりあえずキーボードを叩く。

 

そうやってハードルを鬼下げてます。

 

カタカタやっていると、

 

おっ、これ書こうかな?

とネタも出てきて記事が書けるようになる。

 

他には、

どの本を読もうかな?

とか考えるよりも、

 

近くにある本を適当に

ぱっと手に取って読んだりしている。

 

1ページでもいいから、

1行だけでもいいから読む。

ぱっぱと読む

 

そんで、

つまらなかったらそんなことは辞めて次の本にいけばいい。

 

この失敗したらやり直せばいいでしょ?

マインドは非常に大事で、

 

 

ストレスに対して効き目がありまくる。

 

人間失敗したくないから、

ハードルを感じます。

 

失敗したら嫌だな。

変な文章になったらどうしよう・・・

 

そんな不安がストレスになるのです。

 

もし、

ブログ記事を書いて

つまらないと言われたらどうしよう。

 

へんてこな記事ができて落ち込みたくない。

 

 

もし

この本を読んで、

何も得られなかったらどうしよう?

 

ぶっちゃけ、

何も得られないことはなかなかないですし、

 

仮に得られなかったとしても、

2、3時間が無駄になるだけです。

 

人生に対してダメージなんて皆無です。

 

ダラダラして、何もせずに、

スマホをいじるよりは確実に前に進みます。

 

ストレスの正体は、

ハードルだったりします。

 

このハードルを無理やりに、

「即やること」で飛び越えてやれば、

たいていのストレスは吹っ飛びます。

 

1ページならいけるっしょ?

ごみ箱にごみをいれるくらいできるっしょ?

100文字の文章を書くならいけるっしょ?

 

こんなノリです。

 

僕は最近、Youtubeに動画をアップロードしているのですが、

 

最初こそハードルが高かったです。

 

やってみたら、

なんてことはありませんでした。

 

何でもそうですが、

「やろうやろう。

けどやっていない・・・」

 

これが最も、

ストレスになります。

 

やろうと思えば、できることに、

ストレスを感じてしまうのは非常にもったいないですよね。

 

だから1つだけでもいいから、

即やる。速攻やる。

 

即、実行。

 

これだけで

膨大なストレスを消すことができますよ。

 

自分にとってのやるべきことをまずは考えて、

1つだけ今すぐやってみたらどうでしょう?

 

是非お試しアレ。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

どうも初めまして、ツヨです。  

まずはお前誰?となると思うので軽く自己紹介させていただきます。
僕は工場で働きながら外注化を駆使してネットビジネスをしているしがない工場員です。

 人に雇われる立場にありながら人を雇っているという面白い立場にいます。

ちなみに僕がネットビジネスを始めた理由は会社で働くことが嫌だったからです。

会社の何が嫌だったかを上げると、すぐに怒ってくる短気な上司、眠たいのに出社しないといけない夜勤

休みの少ない労働環境会社という存在が僕に合わなかったので抜け出すためにネットビジネスを始めました。
ただ、ネットビジネスと言っても超雑怪しかったんですよね。

最初はビクビクしながら始めましたし、
教材詐欺、コンサル詐欺に何度も会いました。

総額にしたら100万はっ損しています。
それでもネットビジネスを続けれたのはそれだけ会社が嫌いだったから

ちなみに僕の原動力は「job is shit!(仕事なんてクソだろ」という精神です。
僕はこれだけで月収20万円を稼ぐことに成功しました。

ちなみに単発という意味では最高50万です。

低学歴、あがり症、人見知りでコミュ障というコンプレックスだらけの欠点だらけ。
何をやってもダメダメの人間が「job is shit!(仕事なんてクソだろ」精神だけで成り上がってきました。

おかげさまでもうすぐ会社供おさらばできそうです。
現在、会社を辞めても生きていけるように収益の安定化を目指して仕組みを構築しています。

 

自分でお金が稼げたということが自信になり、コンプレックスが消失。

会社に依存しなくても生きていけるという安心感から
上司に怒られてもなんのその。完全無視でゆるゆる働いています。

 

「job is shit!(仕事なんてクソだろ」とか言ってる僕でもできたんです。
正直、やったら誰でもできると思います。

僕がどうやって稼げるようになったか、下記の記事で公開しています。

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

僕がどうやって月収20万円稼いだか読んでみる

 

  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




【下記画像をクリックして、高卒工場員が月収20万稼いだ物語の続きを読む】





>>詳細が気になる方はコチラをクリック<<