どうもこんにちはツヨです。
今回は1日8時間労働って長くね?って話をしていこうと思います。

僕たち普段何気なく8時間会社で働いているけどどよくよく考えると8時間働くって長すぎじゃね?と思うわけです。

だって8時間って1日の3分の1ですよ。
言うなれば人生の3分の1が労働の時間ということになります。

働くことが楽しいと思っている人なら問題ないですが、
働きたくもない会社で8時間も縛られるのは人生損していると僕は思うんですよ。

僕たちは何も働くために生きているわけじゃなく、
人生を楽しむために生きてます。

だから行きたくもない会社にいることは、
人生の3分の1を苦痛で終わらせると同義だと僕は思っているんです。

人生の3分の1が苦痛とか地獄でしかない。

それにこの8時間労働という縛りのせいで、例え早く仕事が終わったとしても
8時間経つまで会社にいないといけないこともあって、

いや。帰らせろよ。と思うけど
それができない。

仕事は終わっても帰れない。
帰ったら給料が減る。

ゴミっカス過ぎる。

そもそも8時間労働というルールって実は100年くらい前に制定されたルールなんですよ。
8時間労働のルールができたのが1919年。

ILO条約というっていう条約で決められました。

じゃあ、なんで労働条件を8時間にしようと決まってかっていうと、

1919年って日本は丁度、産業革命中で今よりももっと働いていたんですよ。
それこそ8時間どころじゃなくって12時間、16時間ぶっ続けで働いていました。

当時は土日の休日もなかったんですよ。

月月火水木金金
これが1週間です。

あるのは月曜日から金曜日まで。
今の日本の労働環境よりもクソな環境で昔の人は働いていました。

それに昔は大人だけじゃなく
当時は貧乏だった子供が工場で働かされていました。

学校に行かせるお金もなかったですから。
だから小学生、中学生くらいの子供なんかでも学校に行かずずっと工場で働かされていました。

それを世界が知ってドン引き。
そりゃあ、いかんやろ。だってことで話し合われて

そこで決められたのが労働時間を8時間にしましょうというルールなんですよ。

そして8時間労働というルールが決められて訳100年。
一向に労働時間8時間は変わってないんですよね。

 100年経ってもなんで8時間労働が変わらずにやってるんだろうって。
疑問に思うんですよね。

いやだって、
今より100年前。

12時間、16時間働いていて、
長く働き過ぎだから8時間にしよーとなったのはいいけど。

なんでそこから
労働時間を短くしようという話し合いにならなかったんだろうって不思議で仕方がないんですよね。

だって。
労働時間が8時間なってから100年の間に凄まじい技術やテクノロジーを進歩させているんですよ。

工場1つとっても昔の工場はみんな人の手でやっていました。

だけど今はどうです?
みんなパソコンやロボットがやってると思うんです。

ベルトコンベアーに流れてくる商品、製品をロボットが勝手に作ってくれる。
僕たちがやることっていえばできた製品を検査したり、ロボットのメンテナンスとか。

僕たちが直接、商品、製品を作ることが無くなりました。
営業の働き方も大きく変わりました、

昔はチラシを作って家を1件1件回らないといけませんでした。

当時は携帯電話なんてなかったですし、
電話もかなりめんどくさい仕様でした。

今は電話番号さえわかれば、
誰とでも電話できますが昔は話したい相手がいた時。

仲介人が必要だったんですよ。

自分→仲介人→相手。
というように仲介人を通してじゃないと電話ができなかったんです。

それに料金もかなり高かった。
5分話すだけで2000円という超高額設定。

気軽に電話もできませんでした。
当然パソコンなんてなかったですからね。

チラシなんて手書きです。
メールなんてものはありません。

めちゃめちゃ不憫だったわけです。
時間かけないと仕事が回らりませんでした。

だけど平成に入ってから情報革命というモノが起きます。
パソコンが生まれ、ネットが生まれ、スマホができました。

情報の伝達速度が鬼のように早くなって、
仕事の効率化というものが容易にできるようになりました。

そして現在。

スマホ1台あればなんだってできるようになりました。
資料作成も、会社とのやり取りもスマホでできるようになりました。

上司との連絡。
取引先との連絡。
商品の発注。

全部スマホでできます。
社内連絡なんかもLineやチャットワークなんかで簡単にできるようにもなりました。

昔は紙でやってましたからね。

手のひらサイズのスマホ1台。
それだけで仕事ができるように時代が進化しました。

それだけ技術もテクノロジーも進化して仕事の効率化が図れているんなら。
労働時間も短くしても大丈夫なんじゃないの?
と思うわけですよ。

だってこの100年で業務の効率化はされてきるんですよ。

昔は人の手でしか生み出せなかったものを
今はコンピューターが生み出し管理している。

昔は10しかできなかったものを
今なら100できるわけです。

これだけ業務の効率とかできているのに労働時間が変わらないのか疑問で仕方がないんですよね。

 

それに8時間労働とか言っていますが、
実際はもっと会社に束縛されるのが現状なんですよね。

 

通勤時間なんか労働時間に含まれてないけど、
通勤時間も一種の労働ですからね。


満員電車のなか出社しないといけない人も多いと思います。

出社するだけでもかなり疲れます。
通勤に30分とかかかっても行きと帰りで1時間です。

なんでその間の給料が出ないのか。

それに休憩時間。
正直休憩時間が労働条件に含まれないことが不思議で仕方がない。


8時間労働だったら1時間休憩なわけです。
8時間労働+休憩1時間。

結局は9時間会社に拘束されるわけです。
それなのに給料は8時間分しか出ないとか納得いかない。

 

それに8時間労働とかよく言われますが、
8時間で終わることってまずないんですよね。

残業とか当たり前にありますから普通に10時間以上会社に縛られる。
むしろ8時間で終われたらラッキーという人の方が多いんじゃないかな。

1日の3分の1働くことになると言いましたがそれは「最低」ですからね。
多くの人が1日3分の1以上労働によって人生を消費する羽目になる。

 

今の日本は無駄に働きすぎなんですよ。
最近だと会社に出社すること自体が時代遅れになってきていますからね。

 

コロナの影響でリモートワークが流行って
「別に出社する必要なくない?

と思った人がたくさんいました。

 

会社に行かなくても仕事ができることをわざわざ会社に行って仕事をしていた。

今までなんて非効率なことをしていたんだ!
という人が爆増したんですよ。

昔に比べてテクノロジーや技術が進化したことによって働き方が大きく変わってきているんですよ。
昔だったらリモートワークとかなかったですからね。

リモートワーク?
そんなんサボりやんけ。

会社に来て仕事しろ!
と一蹴されて終わってたに違いありません。

だけど今はリモートワークが注目を集めている。

働き方がどんどん変わってきているんですから。
もう時間で労働を縛るのはやめた方がいいんじゃないのかなって思うんですよね。

1番いいのが早く仕事が終わったら帰ってもいいよ。
もし仕事が終わらなくても8時間働いたら帰ってね。

これだったら
働きすぎな人間もいなくなりますし。

 

早く仕事を終わらせるために効率的な働き方感が人が出てきて
会社も成長していくと思うんですよ。

だけど現状何が何でも8時間いろよ。
仕事できなかったら10時間、12時間働けよ。ですからね。

 

そりゃ。
働く気失せますよ。

 

時間ぴったりに終わるようにダラダラ仕事をするに決まっている。
早く終わっても帰れない。むしろ仕事が増やされる。

そして時給換算だから頑張っても1時間分の給料しかもらえない。

 

頑張ったら頑張っただけ損をする。
そんなん誰も頑張るわけがない。

こんなんで労働者のやる気なんて生まれるわけないじゃないですか。

 

僕たちは言われたことこなすロボットじゃなく人間です。

疲れを感じますし。
ストレスも感じます。
自分にメリットのないことはしたくない。

今お金よりも時間が欲しいと思っている若者が結構いたりしますからね。
そこそこのお金がもらえて時間があった方がいいという人が急増してます。

だから汗水たらして一生懸命会社のために働く何てもう時代遅れなんですよね。

 

時代遅れといえば。
会議なんかも昔はリアルタイムでみんなが集まって何時間で話し合うのが普通でしたが、

リモートワークで会議をしたら早く終わった。
なんてことも結構あったりするんですよ。

 

今あるテクノロジーを活用することでこれまで1時間かけてやっていた仕事が15分で終えられる世の中になってきているんです。

 

取引先とのやり取りなんかもメールで済ませられるようになりましたし、
商談なんかもスカイプでできるようになりました。

いちいち商談しにで向かわなくて良くなったんですよ。
これも業務の効率化ができているということです。

テクノロジーが進化したことで、
どんどん業務の効率化していっているのに。

なんで労働時間はそのままなのか。

業務の効率化をするためにテクノロジーや技術が進歩していったのに。
なんでか労働時間は変わらない。

 

100年前の労働条件と一緒とかおかしいでしょ。

 

これだけテクノロジーや技術が進化しているのに、
未だに出社時間が決められて帰る時間も決められる。

仕事が終わっても8時間経ってないからという理由で帰れない。
無駄に居座らせて何の得になるのか意味が分からない。

 

それに会社あるあるでいうならどれだけ効率化を図っても無限に仕事が降ってくることがあるんですよね。

自分の仕事が終わってもほかの人のしりぬぐいをさせられたり。
明日の仕事をやらされたり。

 

テトリスのように次から次へと仕事が降ってきて。
終わらせる気がまるでない。

日本の会社の仕事ってどれだけ効率化しても、
次から次へと仕事振ってくるから効率化しても意味がなかったりするんですよね。

だから無限に仕事をさせられる。

 

働くことを美徳とする日本人らしいっちゃらしいですが。
西洋の考え方(特にキリスト教)の考えだと働くことは贖罪ですからね。

 

それに日本めちゃめちゃ働いているけど世界と比べて経済成長率はダントツで低いです。

 

要は頑張ってるけど成果が出ない無能なんですよ。
勉強を10時間とか頑張ってるけどテストでは50点しか取れてないのと同じ。

明らかに勉強の仕方が間違っているのに。
勉強10時間でだめなら15時間勉強しよう!と

勉強方法を見直すんじゃなくて、
勉強時間をもっと増やせばいいという間違った方向に努力している

これが今の日本の現状なんですよね。

 

今、日本が世界からなんて言われてるか知ってますか?

先進国でもない。発展途上でもない。

転落途上国だ。

世界からバカにされいるんですよ。

日本の働き方なんてオワコンなんですよ。
現に会社を辞めて個人で稼ぐ人は年々増えていっています。

もうみんな会社で働くのが嫌なんですよ。

終身雇用は消え会社はクビになる。
労働者が減って従業員に負担が増える。
その割に給料も減り続ける。

悪循環なわけですよ。

ここから希望を見出せとか無理ですからね。
沈みかかっている船にどう希望を持てというのか。


希望もなにもないところで働きたいと思う人なんて誰もいません。

 

最近。僕のところにも副業したいとか、
会社辞めたいというメールや相談をよく受けるようになりました。

 

それくらい日本の労働にうんざりしている人が多いんです。

 

もう個人で稼ぐ時代なんですよ。

そもそもAmazonやメルカリ、ブログ、YouTube、アフィリエイトといった個人で稼げる手段が増えた中で会社で毎日10時間以上働くなんて効率が悪いに決まっています。

 

そりゃあ、会社から離れますよみんな。
金ももらえない。だけど仕事はつらいとかw

 

おまけに終身雇用もなくなって社員すら守ってくれないところなんて、
働き続けるメリットなんて皆無です。

 

このまま100年前と同じ働き方をして変わろうとしないのなら、
どんどん会社は廃れていくでしょうね。

 

現に会社で働くメリットが無いですからね。

退職金なんかもそもそも退職するまでその会社がある保証なんてないわけですし。
年金ももらえるかどうかすら怪しいですからね。

 

8時間なんて働き過ぎです。
絶対その半分の時間で良いです。

 

実際僕は個人で毎日3時間作業して20万行きましたからね。
これは会社で働きながら死に物狂いでやりましたが、

 

3時間だけでもこれだけ稼ぐことができるんですよ、
今のテクノロジーや技術を使えば。

 

だからこそ8時間働くなんて僕からしたらオワコンでしかないですし。
普段何気なく8時間働いていますが。それでもらえる給料って。20万から30万くらいが限界

1日3時間の作業で20万稼げる世界があって。
8時間かけて20万から30万しか稼げない世界って僕からしたら異常なんですよね。

そんなに時間かけてそれだけしかもらえないの?って。

8時間働いて低賃金で働かせられるのって明らかに異常です。
絶対にもっともらってもいいと僕は思っています。

 

だけど会社は足元を見て最低の賃金で生かさず殺さずで雇ってくる。
僕たちは甘く見られてるんですよ。

 

だからこそ1人でも多くの人に現状の異常性に気が付いて欲しいです。
だっての3分の1が労働って100年生きたとして33年働くことになるんですよ。

どう見たって働き過ぎでしょ。
その半分くらいでも働きすぎだと思ってるのに。

 

だからこそもう一度自分の労働時間の異常性に気が付いていただいて
早くその危機的状況から抜け出してほしいと思っています。

 

この先、会社の環境はどんどん悪くなっていくでしょうね。
ただでさえ労働環境が最悪なんです。

 

誰も働きたくありませんから会社の労働者のは減るでしょうし、
業績悪化で簡単にリストラされる。

 

たぶんこの先は個人で稼ぐ力を身に付けないと生きていけない時代にると思います。
だからこそまずは8時間働くことは異常だということを知ってもらって

何かしら行動するきっかけになってくれたらなと思います。
そして僕は危機感を持って行動に移そうとしている人のサポートができたらなと思ってます。

というわけで8時間労働は異常!

以上!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

どうも初めまして、ツヨです。  

まずはお前誰?となると思うので軽く自己紹介させていただきます。
僕は工場で働きながら外注化を駆使してネットビジネスをしているしがない工場員です。

 人に雇われる立場にありながら人を雇っているという面白い立場にいます。

ちなみに僕がネットビジネスを始めた理由は会社で働くことが嫌だったからです。

会社の何が嫌だったかを上げると、すぐに怒ってくる短気な上司、眠たいのに出社しないといけない夜勤

休みの少ない労働環境会社という存在が僕に合わなかったので抜け出すためにネットビジネスを始めました。
ただ、ネットビジネスと言っても超雑怪しかったんですよね。

最初はビクビクしながら始めましたし、
教材詐欺、コンサル詐欺に何度も会いました。

総額にしたら100万はっ損しています。
それでもネットビジネスを続けれたのはそれだけ会社が嫌いだったから

ちなみに僕の原動力は「job is shit!(仕事なんてクソだろ」という精神です。
僕はこれだけで月収20万円を稼ぐことに成功しました。

ちなみに単発という意味では最高50万です。

低学歴、あがり症、人見知りでコミュ障というコンプレックスだらけの欠点だらけ。
何をやってもダメダメの人間が「job is shit!(仕事なんてクソだろ」精神だけで成り上がってきました。

おかげさまでもうすぐ会社供おさらばできそうです。
現在、会社を辞めても生きていけるように収益の安定化を目指して仕組みを構築しています。

 

自分でお金が稼げたということが自信になり、コンプレックスが消失。

会社に依存しなくても生きていけるという安心感から
上司に怒られてもなんのその。完全無視でゆるゆる働いています。

 

「job is shit!(仕事なんてクソだろ」とか言ってる僕でもできたんです。
正直、やったら誰でもできると思います。

僕がどうやって稼げるようになったか、下記の記事で公開しています。

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

僕がどうやって月収20万円稼いだか読んでみる

 

  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




【下記画像をクリックして、高卒工場員が月収20万稼いだ物語の続きを読む】





>>詳細が気になる方はコチラをクリック<<