はいどうもこんにちはツヨです。

 

あれ!?俺の給料低すぎ!!
会社で働いていると必ず訪れる給料の低さに嘆くということ。

 

周りの友人は僕以上に給料が良い。
ボーナスも1,5倍くらい違って、

なんでやねん。
俺の方が働いてるぞ。

羨ましい!!

 

こんなことは
会社で働いていると必ず誰もが思うことだと思います。

 

 

給料安いとやる気出ないですよね。

毎日真面目に働いて、
残業もしている。

ムカつく上司に怒られて

なのになんで同年代の友達の方が給料が高いんだろうか。
アイツら残業俺よりもしてないのに・・・

 

こうなってくると仕事へのモチベーションも上がらないっすよね。

周りと比較して、
自分の給料が低いって知ると

 

何故か負けた気がして、
一気にやる気なくなるんですよね。

 

給料が安いから会社を辞める、
というのは退職理由として必ず上位に来る項目だと思います。

 

今回はそんな給料安くて苦しんでいる社畜の人たちに、

今後どうしていけば、
友達との給料差に悲しい思いをしなくて済むのか

お金に悩まなくて良くなるのかを話をして、
今後どうしていけば良いのかを伝えられたらと思います。

 

 

 

日本の給料安い理由はなぜか? 安くても働く優秀な社畜達

そもそもなんで日本の給料ってこんなに安いのか。

まず世界全体での給料を見ていきましょう。

◆平均給料国別ランキング(1〜20位)◆

1位 スイス 1073万円

2位 ノルウェー 921万円

3位 ルクセンブルク 899万円

4位 デンマーク 835万円

5位 オーストリア 791万円

6位 アイルランド 767万円

7位 オランダ 685万円

8位 アメリカ 645万円

9位 ベルギー 641万円

10位 カナダ 638万円

11位 スウェーデン 624万円

12位 イギリス 614万円

13位 フィンランド 608万円

14位 オーストラリア 599万円

15位 ドイツ 547万円

16位 フランス 541万円

17位 イタリア 431万円

18位 日本 429万円

19位 イスラエル 408万円

20位 スペイン 403万円      

 1ドル=113円(2017年12月時)

これが国別のサラリーマンの平均年収になります。
日本は世界で第19位。

 

この数字だけ見ても高いのか低いのか分かりませんよね。

 

ちなみにこの順位は、
先進国の中でも下の方の数字です。

 

おまけに労働時間も他の国に比べて日本は多いです。

 

例えば、
1位のスイス。

年収は1000万を超えています。
それで平均労働時間1590時間/年です。

 

じゃあ、日本はといううと、
日本は1713時間/年です。

 

日本の方が100時間多く働いているのにも拘らず、
平均年収はスイスに負けている。

 

それころか、
平均年収が半分以下という差を突き付けられてます。

 

スイスの人よりもたくさん働いているのに、
給料はスイスのは分以下

 

さらに言うなら、
この日本の平均労働時間の中に、

 

サービス残業の時間は入れられていないという事実。

サービス残業、
サービス出勤があるのは世界を見ても日本だけです。

 

他の国にはサービス案業をしている国なんて1つもありません。
だから日本はこの数字を抜きにしてデータを取ったのです。

サービス残業、
サービス出勤の時間を抜いて1713時間/年です。

それで、
年収433万円。

不正してなお、
19位という微妙な順位


19位という順位にいますが、
もっと順位は下がってもいいと思います。

 

 

このデータ分かる通り、
日本の給料は世界的に見ても低いことが分かると思います。

少なくとも高くわないです。

じゃあ、
何で日本のサラリーマンの給料は世界と比べて低いのか。

 

これは簡単です。
安くても働くからです。

 

安い労働力でももう浮くを言わずに働いてくれるから
挙げる必要性がないんですよ。

 

だってどれだけ低賃金で働かせても
労働力は変わらないですから。

 

さっきあげた、
平均年収あるじゃないですか422万円。

 

日本の給料は年々下がり続けています。

 

昔は450万くらいあったのですが、
徐々に減っているんですよ。

 

皆さんの気が付かないうちに。
だけど給料が減ったからと言って仕事量が減ったということないじゃないですか。

 

というかむしろ
仕事量が増えたように感じる人もいると思います。

 

仕事量は増える
だけど給料は減る。

 

だけどサラリーマンは文句なく(文句は言うけど)
おとなしく働いてくれる。

 

だからそもそも給料上げる必要ないんですよ。
だって給料低くても働いてくれるんだもん。

 

会社にとって、
人件費はどうしても下げたいものです。

 

だから安く雇えるのなら、
安く雇うに決まっています。

 

安く雇おうとして
人が働かないなら

賃金を上げないといけないですが、
そんなことはなく。

 

みんな黙って働いてくれる。
だから会社側も、

「あぁ、これで働いてくれるなら、別に給料上げなくてもいいか」

 

という結論になってサラリーマンの給料が上がらない。

 

僕たちの給料が上がらないのは、
僕たち労働者にも原因があります。

 

 

安い給料でも一生懸命働いてくれる。
年収下がっているけど頑張って働いてくれる。

 

だから会社側からすると挙げるメリットがない。
これが日本の給料が低い仕組みを生み出してしまっているのです。

給料安い休み少ない 良いとこなしのブラック企業が蔓延中

日本の労働環境は世界に比べてワーストと言っていいほど悪いです。

日本は労働環境に関しては世界でもワーストです。

 

安い賃金、
長時間労働。

 

確かに日本以外にも、
低賃金で働いている国、
長時間働く国はいくつもあります。

 

ですが、
無償で働くことを強要される国は日本だけでしょう。

 

サービス残業、
サービス出勤。

 

こんなことが許されているのは、
日本だけですよ。

あきらか異常です。

 

中には、
会社を経営している人が、

 

労働基準法を守ってなんていたら会社が潰れてしまう。
なんていう経営者がいるくらいですからね。

 

しかもそんな人が、
うじゃうじゃいますからねw

 

よくそんなんで会社立ち上げたなw
と笑ってしまいます。

とっとと潰れろって思います。

 

いまの日本の会社は周りが労働基準法守ってないから、
自分も守らなくて良いと思っている経営者が多いように感じます。

 

だからこそ、
労働基準法すら守れない会社はどんどん潰れていった方が良いと思うんですよね。

 

そんな働いたら働いただけ、
労働者を不幸にする会社なんて。

そんな会社が地域や社会を良くしようなんて無理だと思うんですよ。
むしろ消えてくれた方が地域の為社会の為になるっていうね。

 

労働基準法も守れない無能な経営者が集まる
ブラック企業はどんどんつぶしていって

 

労働基準法を守りながら会社を維持できる会社を維持していった方が

 

日本の労働環境もクリーンになっていって、
働きやすくなると思うんですよね、

 

今の労働環境の何が悪いって、
日本の労働環境が悪いと分かっているけど、

 

受け入れてしまっている所なんですよね。

 

労働環境が悪い=当たり前、
と受け入れてしまっている。

 

どこの会社もそんな感じだから、
といってあきらめムードになってしまっている。

 

こういった空気が今の日本にブラック企業を蔓延させている
1番の要因だと思ってます。

 

給料が安い会社ほど仕事が大変でつらい

会社の給料が安かったり、
アルバイトの給料がやすかったりすると、

「こんな大変な仕事で今の給料なら、この倍稼ごうと思うとどれだけ大変なんだろう・・・」

と思った人もいるんじゃないでしょうか?

 

もっと稼ぐためにはもぅと頑張らないと・・・って。

 

だけどその考えは間違っていて、

つらい仕事ほど給料が安くなっていき、
楽な仕事ほど、給料が高くなっていきます。

 

はー!?逆だろ!!
そんなわけないだろ!?
楽な仕事ほど給料安くなるだろ普通。

 

そうですね。
そう思うのも仕方がありません。

 

ですが現実は逆なのです。

つらい仕事をする方が給料が安くなります。

例えば、
サラリーマンやアルバイト、

仕事はつらいのに給料安くないですか?

残業するし、
休日出勤もする。
プライベートの時間なんてあんまりない。

訳の分からないことで上司にも怒られる。

それでいて給料が安い。
給料が割に合ってない。

そんなこと結構あると思います。

じゃあ、次に社長や経営者、
部長や課長ですね。

 

僕らより働いてますか?
と聞きたいです。

正直僕らより働いてないですよね?
命令して部下にやらせているだけ。

 

自分はパソコンの前に座っているだけ、
中にはユーチューブとかゲームしてる人もいますしねw

 

部長と平社員、
同じ8時間働いたとして、

 

どっちが給料高いかと言われれば、
当然、部長なんですよね。

 

じゃあ、その部長が
平社員よりも働いているかと言われればNOなんですよね。

 

だって自分の仕事は部下がやってくれるんだもん。
自分は命令するだけで良い。

 

それで自分の仕事をやってくれる。
体を動かさなくていい。

 

頑張らなくていい。
頑張るのは部下である平社員

 

それでいて、
平社員の何倍もの給料が入ってくるのです。

 

 

何でこんなに働いているのに給料安いんだ⁉
簡単です。

 

あなたの頑張りを上司が奪っているから、
成果を横取りしてるから、

僕たちの給料というのは自然と安くなっていってしまうのです。

 

僕たちの頑張りが、
上司の給料として変えられてしまっているんですね。

 

頑張ったら頑張っただけ上司の給料が上がるだけ。
だけど頑張らないと上司に怒られる。

だから頑張らざる負えない。

これが労働者の給料が安い仕組みになっているのです。

 

さらに言うなら、
つらい仕事というのは誰にでもできるというのがあります。

 

例えば、

アルバイトやサラリーマン。
その人じゃないとできないという仕事はまずないです。

誰にでもできます。

だから価値としてはものすごく低いのです。

 

価値が低いから、
給料も自然と安くなる。

 

これは需要と供給の話で難しくなるのですが、
要は替えががいくらでも効くんですね。

 

価値が低く、
変えも効く、

だから自然と給料も少なくなってしまうのです。

 

逆にその人しかできないこと、
だったら逆に価値は上がり給料が上がっていきます。

 

例えば野球で言うイチロー。
あの人バッターボックス立ってバット1回振るだけで100万とかもらえます。

 

10秒くらいで、
100万稼ぐんですよ。

 

じゃあ、
なんでそれだけのお金がもらえるかってイチローだからなんですね。

 

その人にしかできないから、
実力や影響力は絶大。

 

イチローにしかできないことをしている。
だからバット1回振っただけで100万とか貰えるのです。

 

つらい仕事=給料高い
楽な仕事=給料安い

 

といった間違った価値観を壊さない限り、
ずっと給料は上がることはありません

 

給料の安い業界はどこが多いの

給料が安い業界が多いのはどこか。
これは会社によってもバラバラなので一概にどこどこの業界は給料が安い

 

ということはできないのですが、
基本肉体労働は給料は安くなりやすい傾向になります。

 

例えば、

製造業や、
飲食業界、
運送業、
後は介護や保育士だったりは、

給料が低くなりやすいです。

 

よく、
「保育師も介護誌師も国家資格なのに、なんでこんなに安いんだ⁉」
と話題に上がることがあります。
ちなみに
保育士や介護士の平均年収は320万~340万の間です。

労働者の平均年収よりも100万ほど低いんですよ。

この資格がないと働けない。
なおかつ国が認めた資格なのに給料が低い。

そりゃあ、
不満も出ます。

じゃあ、
なんで保育士や介護士の給料が低いのかというと、

 

同じ国家資格でも介護士や保育士は医師・パイロット・弁護士・会計士などに比べたら難易度は遙かに下がり、取得しやすいんですよね。

 

こんなことあまり言いたくないのですが、
そこまで頑張らなくても誰でも撮れる資格だからというのが大きな要因になります。

傾向的に
給料が高い業界というのは体を動かすのではなく、
脳を働かせる仕事が給料が高くなっています。

 

医者とか、
弁護士とか、

あとIT企業なんかも体よりも頭を動かすので、
給料は高かったりします。

 

だから、
給料を上げたいのであれば、

体を動かす業界よりも、
頭を働かせる業界に移った方が給料面だけで見れば上がりやすくなります。

給料安いから退職するは 理由として悪いのか

給料が安いから退職する。
これのいったい何が悪いというのだろうか。

給料安いから転職するというと、

「お金目当ての転職か」
「職務内容はどうでもいいのか」

 

結局、金かって。
あまりいい印象が受けないんですよね。。

 

 

そもそも日本では直接的にお金に触れるのは好ましくないとの文化がありますから、

一般的には「お金が欲しい」という気持ちは前面に出さないほうが良いと思われていますからね。

 

こう思われても仕方がないこと

 

で・す・が。
僕からすると高い給料を目指して何が悪いと思ってしまう。

お金とは信用です。

信用のない人間にお金は払われません。
当たり前です。

給料が高いということはそれだけ自分には価値があると認められたようなものです。

自分に価値があり、
信用があるから高い給料が生まれる。

 

当然のことです。

信用のない人間にお金は払われないですから。

 

給料が低いから、
給料の高い所に行く。

 

これはつまり、
自分の価値をより高めていくためのステップアップだと思ってるんですよ。

自分の価値を高めて何が悪い。

自分にはそれだけの力がある。
と認められたからこそ、

高い給料がもらえるんですよ。

結局金か・・・
と言いますが、

 

そのお金を得るためには、
それ相応の努力が必要になってきます。

努力することの何が悪いのか。
自分の価値を高めることの何が悪いのか。

 

疑問で仕方がない。

自分を高めるために努力をするのは良いことで応援するのに、
そこにお金が絡むと応援されなくなる。

 

単純な嫉妬でしかない。

要は悔しいんですよ。
上に向かっていくことのできる努力の姿勢が。

 

そして負けることが悔しい。
だからお金を稼ぐことは卑しいという価値観を利用して貶める。

 

それが結局金か・・・
という言葉。

 

何度も言いますが、
お金は信用です。

 

信用のある人間、
力のある人間に自然とお金は集まっていきます。

 

自分を高めるために、
努力した結果を客観的に見れることのできる。

 

お金を求めていったい何はいけないのか。

 

それにみんなお金のために働いているのに、
なんで他の人がお金のために働くことがダメなのか。

 

疑問で仕方がない。

 

自分のことは棚に上げて、
他人を貶める。

僕はお金に善悪はないと思っています。
だから稼ぎたいのであればどんどん稼げばいいし、

 

稼ぎたくないのであれば、
別に稼がなくていいと思ってます。

 

お金を稼ぐことは悪いことじゃないし、
お金をたくさんもらえるということはそれだけ

 

自分に実力があると認められた証拠でもあります。

 

 

ですから、
お金を稼ぐこと=悪とは到底思えないです。

 

当然犯罪してお金を稼ぐのはいけないですが、
自分の能力を上げてお金を稼ぐことはむしろいことだと思うんですよね。

給料が安いから副業を始めたい おススメの副業は?

今の給料が安いから副業をしてお金を稼ぎたいと思う人も中には多いと思います。

 

 

ですが副業と言ってもいろんなものがあります。
株、FXと言った投資、

メルカリやアマゾンを使った物販。

ブログを使ったアフィリエイト。

ざっと上げただけでもこれだけの種類の副業があります。
さらに細かくしていくともっとあるのですが、

大まかに分けると

投資、
物販、
アフィリエイト

があります。

 

そして僕がおススメしているのは、
ブログを使ったアフィリエイトをです。

 

何でおススメなのかということをこれから話していきますね。

株、FX、不動産の投資にはまとまったお金が必要

副業をする人の中には、
投資をしてお金を増やそうと考えている人もいると思います。

 

 

ですが投資をするのには少なからずまとまったお金が必要になってきます。

 

FXなんかは10万円から
始められる投資だから

初心者にも安心と言ってる人がいますが、
その言葉に踊らされてFXをすると、

確実に10万を失うことになります。

ちなみに僕もブログを始める前は、
投資をしていました。

株とFX。
だけどやれどもやれどもお金が増えない。

 

むしろ減っていく。
最初50万で始めた株式投資が

 

気が付いたら25万円になっていた
なんてことがあります。

 

個人が投資をして勝つためには短期でお金を増やそうとすると確実に負けます。

 

十分な資金があって、
時間に余裕がある人は

 

投資をしてもいいですが、

 

今すぐお金が欲しい、
早く仕事を辞めたいと思っている人は投資は避けた方が良いです。

 

 

ちなみに投資をで食っていくためには、
大体3000万くらいの資金は必要だと僕は思っています。

 

3000万投資に回して、
10%の利益なので、

 

年に300万何もしなくても、
お金が入ってくる。

 

300万あれば少なくとも、
節約していけば1年暮らすことできるんじゃないでしょうか。

短期で、
なおかつ少ない金額で、

 

お金を増やそうとすると、
必ず自爆してお金が無くなるので、

 

辞めた方が良いです。

 

メルカリ、アマゾンと言った物販はどうなのか

メルカリ、アマゾンを使った物販の良いところは、
簡単にできるところにあります。

 

安く買って、
高く売る。

手法としては単純ですから
難しいことはない。

 

誰でもできます。

 

実際に僕も初めて物販をして1か月くらいで5万とか稼げたので、
難しくないし、

 

再現性も高いです。

 

ただし、
会社で働きながらの物販を継続してやるのは超大変です。

時間がない。

 

初月で5万稼げた時、

会社で働きながら、
物販をしていたのですが、

商品が売れても、
商品を梱包して、
発送しないといけない。

 

商品の仕入れにお店に行かないといけない。

 

初めて1か月で5万稼ぐことはできましたが、
休みという休みがありませんでした。

 

会社で働く以外を全部物販の作業に当ててました。

 

商品仕入れに
会社の休日を利用して商品の仕入れをしていましたし。

 

梱包も会社が終わってからしてました。
発送も会社から帰ってきて郵便局に毎日送ってましたし。

 

毎日がめちゃ忙しかったです。

 

時にはお店に仕入れに行ったはいいけど、
商品が見つからず、

 

3時間お店を回ったけど、
収益0なんてこともありました。

 

確かにお金は稼げたんだけど、
自由はありませんでした。

 

なので、
3か月くらいして物販はやめました。

 

10万~20万ほど稼げて、

黒字で抑えられたし、
物販のノウハウも分かったし。

 

もういっか。
ということでひとまずは物販から離れました。

 

物販を長期的にするのはお勧めしませんが、

 

時間がある人や、
瞬間的にお金が欲しいという人にはお勧めです。

 

僕がおススメしているのは、
不用品物販です。

 

自分の家にあるいらない物、
不用品を売ってお金を作る。

 

これ最強です。

 

部屋がスッキリして、
広くなるし、

 

お金も増える。
良いことしかない。

 

そして僕は、
この後に話すブログ活動のための資金にしたんですよ。

 

ブログを使ったアフィリエイト 情報発信

会社で働きながらならブログを使った情報発信が1番良いと思っています。

 

その理由として挙げられるのが、
初期費用がそんな掛からない。

 

月1000円とかでいいわけです。

 

投資にしろ、
物販にしろ、

少なからずお金がかかります。

 

投資だったら、
まとまったお金、

 

物販だったら、
商品を仕入れるお金や、

 

Amazonで物販をするなら、
倉庫代なんかが毎月5000円くらいかかる。

 

それに比べてブログの場合は、
1000円くらいで始められるからかなりお得。

 

それに稼げる金額に天井はない。

これは投資も物販も変わらないですが、
初期費用がサラリーマンの給料でも痛手にならないというのはかなり大きいです。

 

やっぱり初期費用はかけたくないじゃないですか。
そういう意味でも僕はブログアフィリエイトをおススメしています。

 

それにブログなら、
時間に追われないというのがあります。

 

 

投資にしろ、
物販にしろ、

時間制限があったりします。

 

投資だったら、
損が出てないかパソコンに張り付いていないといけないし、

 

物販だったら、
早く売らないと在庫ばかり溜まっていく、

そうなると倉庫代もバカにならないし、
売れないとそれだけ損をしていきます。

 

投資や物販は時間に追われやすいんですよ。

 

 

ですがブログの場合は、
そういった時間に追われることはない。

 

どれだけ忙しくても、
合間を縫って作業ができる。

 

それに途中中断ができるんですよね、

 

記事を書いていて、
あ、もうすぐ仕事だ!

 

ってなっても保存して、
後から作業を再開できる。

 

 

だけど、
投資や物販の場合は、

 

あ、仕事だ!
ってなったら作業から離れないといけないから、

作業を中断せざる負えない。

 

投資なら、
チャンスを失うことになりますし、

 

物販なら、
もう一度お店に仕入れに行かないといけない。

なんてことも起こります。

 

それにブログの場合は1回記事作ったら、
後は記事が勝手に働いてくれるからほっとけばいいんですよ。

 

ほっとけば、
人が集まってくる。

 

1個の記事で何百人、何千人の人に見てもらえる。

 

本当だったら、
100回、1000回説明しないといけないことを1個の記事を見せるだけですべてが解決する。

1回記事作ったら後は記事が働いてくれる。
要は自分の分身が働いてくれるわけです。

 

会社で働きながらだと
どうしても時間が限られている中で作業しないといけないから、

副業しようと思うと
それなりに忙しくなります。

 

で、
その忙しい中でも比較的労力が低く、
リスクが低いものがブログアフィリエイトだと思っています。

 

それに、
ブログの場合は1回仕組みを作ってしまば、

 

後はほったらかしでも
お金を稼ぐことができるという超万能性を秘めています。

 

時間を確保しつつ、
お金を稼ぐ上では1番最強なんじゃないかなと思ってます。

 

で、
ブログで稼いだお金で、
投資やら物販を始めた方がより確実なんじゃないかなと思いますね、

 

 

まずはリスクの低い、
ブログから始めていって、

 

どんどんリスクを上げて稼いでいく。
これが堅実で、確実な方法なんじゃないかなと思います。

 

ブログでの稼ぎ方は僕のメルマガで話しているので
興味を持った方は登録してください。

 

 

さくっと10万稼ぐ方法を今無料でプレゼントしているので、
良かったら登録してみてください。

会社で働いていれば安泰というのはもう時代遅れ

会社で働いていれば、
会社で面倒を見てもらえるというのは、

 

もう昔の話です。

 

昔はバブルで会社に体力があったから、
言えていたことです。

 

ですが今はどの企業にも体力がありません。
僕たちの給料を見ても分かると思います。

 

安い給料、
長時間の労働。

 

どんどんサラリーマンに負担だけがのしかかってきています。

給料が安いというのはかなり死活問題です。

きれいごとを抜きにしても
お金がないと生きていけませんから、

 

お金というのは重要ですし、
お金のために働かないと僕たちは死んでしまいます。

 

 

ですが、
今の会社の給料はどこも低いです。

給料上げろと言っても
上げてくれません。

 

仕事を頑張ったからと言っても
給料は上がりません。

 

その会社で働いている限り、
給料が変わることはないです。

 

だからこそ、
僕は今の会社を抜け出そうと、

こうして情報発信をしているんですよね、

もう会社には頼ってられないということで、
自分で稼ぐ方法を見つけています。

 

 

今の日本は終身雇用なんて夢の存在になりました。
今はいつ会社がつぶれてもおかしくないし、

 

クビにされるかもわかりません。

働けなくなったとしても生きていくために
僕は自分で稼ぐ力というモノを身に付けました。

 

会社の給料が安くてやる気が出ない。
と愚痴ってた時期が僕にもあります。

 

ですが、
愚痴ってたって給料は上がらない。

 

そのことに僕は気が付いたんです。

 

だから僕は行動に移しました、
どうすればお金を稼げるんだろうと、

 

必死にさっグリ回りました、

2年間探りまわりましたし、
お金も200万以上使いました、

 

 

ですがそれでようやく、
会社以外でお金を得る力を身に付けることができたんです

おかげで僕は、
会社の給料安くてやる気出ねー。

 

なんてことを言わなくなりました。

 

確かに、
会社の給料は安いです。

 

ですが、
会社以外の収入があるので、

 

給料安くても
生活する分には何も支障がない。

 

会社の給料+副業分(会社の給料並み)
稼いでますから、

 

かなり余裕があったりします。

 

 

給料が安いのは日本の労働条件が酷いという仕方がない部分があります。

 

たぶん
労働環境はこの先も変わらないでしょう。

 

だから会社に期待しても
給料が上がることはないと思います。

 

 

会社が変わるよりも、
自分を買えた方が早いな、

 

と僕は思ったので、
ネットビジネスという副業に僕は手を掛けました、

 

自分が変わるか、
会社が変わるのを待つか。

 

たったこれだけの違いですが、
少しの行動で未来は大きく変わるものです。

 

この記事を読んでくれた人が、
危機感を持ってくれて、

 

自分の未来のことを考えてくれる人が増えたらと思います。

 

それでは。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

どうも初めまして、ツヨです。  

まずはお前誰?となると思うので軽く自己紹介させていただきます。
僕は工場で働きながら外注化を駆使してネットビジネスをしているしがない工場員です。

 人に雇われる立場にありながら人を雇っているという面白い立場にいます。

ちなみに僕がネットビジネスを始めた理由は会社で働くことが嫌だったからです。

会社の何が嫌だったかを上げると、すぐに怒ってくる短気な上司、眠たいのに出社しないといけない夜勤

休みの少ない労働環境会社という存在が僕に合わなかったので抜け出すためにネットビジネスを始めました。
ただ、ネットビジネスと言っても超雑怪しかったんですよね。

最初はビクビクしながら始めましたし、
教材詐欺、コンサル詐欺に何度も会いました。

総額にしたら100万はっ損しています。
それでもネットビジネスを続けれたのはそれだけ会社が嫌いだったから

ちなみに僕の原動力は「job is shit!(仕事なんてクソだろ」という精神です。
僕はこれだけで月収20万円を稼ぐことに成功しました。

ちなみに単発という意味では最高50万です。

低学歴、あがり症、人見知りでコミュ障というコンプレックスだらけの欠点だらけ。
何をやってもダメダメの人間が「job is shit!(仕事なんてクソだろ」精神だけで成り上がってきました。

おかげさまでもうすぐ会社供おさらばできそうです。
現在、会社を辞めても生きていけるように収益の安定化を目指して仕組みを構築しています。

 

自分でお金が稼げたということが自信になり、コンプレックスが消失。

会社に依存しなくても生きていけるという安心感から
上司に怒られてもなんのその。完全無視でゆるゆる働いています。

 

「job is shit!(仕事なんてクソだろ」とか言ってる僕でもできたんです。
正直、やったら誰でもできると思います。

僕がどうやって稼げるようになったか、下記の記事で公開しています。

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

僕がどうやって月収20万円稼いだか読んでみる

 

  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




【下記画像をクリックして、高卒工場員が月収20万稼いだ物語の続きを読む】





>>詳細が気になる方はコチラをクリック<<