【時間の使い方】時間は増えないが無限に分割することができる。

 

どうもこんにちは、ツヨです。

 

 

今回は

時間の使い方について話していこうと思います。

 

時間っていう重要なテーマです。

 

 

それではいきましょう。

 

 

まず、タイトルから刺激的です。

「時間は増えない、が、無限に分割することができる。」

 

僕はこの概念を教えてもらった時は衝撃を受けました。

 

ただ、

この概念は比喩であって、

実際に無限に分割することができるのかはまだ分かっていないです。

 

 

で・す・が、

 

この時間分割の感覚だけでも得ることができれば、

無駄な時間というものがなくなって、

日々の生活が非常に豊かになります。

 

暇すぎて死ぬ。

なんていうこともなくなりますし、

 

逆に忙しくて時間が無い。

ということもなくなるマジで最強の概念です。

 

 

それで、

無限に分割する?どういうことだ?

 

そう思いますよね。

 

これは、自分が忙しくなると、

非常に分かる感覚だと思います。

 

例えば、僕の場合。

 

休日にネットビジネスをしていると、

あまりに自分に時間があるから、

 

他のことをやってしまって、

作業に集中できなくなることがあります。

 

作業をしようにもめんどくさすぎてやらない。

というクズっぷりを発揮する。

 

 

自由がありすぎるがゆえに

何もできなくなってしまうということです。

 

 

これは、

時間分割の意識ができていないからなのです。

 

一応、自分が何もしなくても収益が出る仕組みを作っているから収益が0なんていう

 

深刻な問題にはならないです。

 

しかし、何もやらないと、

脳みそがどんどん弱くなって

どんどん劣化していくんですよね。

 

それに、

ただ、ぼーっとして休日を過ごしていても暇なんですよね。

 

 

 

 

 

暇すぎてヤバい。

暇過ぎて死ねる。

 

あー!!なんか楽しいことねぇーかなぁ!!

って発狂する。

 

何もしないというのはそれだけで疲れますからね。

 

 

 

 

せっかくの休みが訳も分からず終わる。

なんてことになりかねない。

 

だから、何もしないというのは

お勧めはしません。

 

 

 

 

 

 

時間を無限に分割するってのは、

感覚に敏感になるということとも言えるかもしれません。

 

僕がいろんな人に聞いてみた限り、

人生を1分単位で過ごしている人ってなかなかいません。

 

特に社会人となると、

そんな人は皆無です。

 

ほとんどの人が

1時間単位で、時間を捉えています。

 

そうすると、どうなるかっていうと、

残りの時間が30分、20分くらいしかないと、

何もやらなくなるのです。

 

仕事に行く時間まで20分ある。

まあ、いいや。携帯で2ch見よ。

 

ってなる。

 

それだけじゃない。

 

仕事から夜遅く返ってきてクタクタ。

あぁ―疲れた。

 

よし、寝るか。

 

むっ、待てよ。

寝る時間までちょっと早いか。

 

いつも寝る時間まであと20分・・・

 

ユーチューブで1つの動画見る時間あるな。

エロ動画1本見れるな。

 

ってなる。

 

 

20分って実際結構長いです。

 

20分あれば、

 

20分の音声を聞いて勉強することだってできるし、

 

以前読んだ教材やレポートを復習することもできる。

 

ブログを1記事書くこともできるし、

10分くらいの動画を撮ることもできます。

 

これが、

分割している人の考え方です。

 

時間感覚がまるで違うでしょう。

 

あと20分しかない。

じゃないんですよ。

 

まだ、20分もある。

なんです。

 

この感覚は大きいですよ。

 

特に社会人とか会社で働いているとただでさえ

忙しく時間なんてないです。

 

ネットビジネスの作業に当てられる時間なんて雀の涙ほどしかないです。

 

だからこそ、

この時間分割の概念は重要になってきます。

 

 

この感覚を身に付けないと、

あっという間に時間だけが過ぎていき、

 

いつまで経っても稼げないという状況に陥ります。

 

 

僕は大人になって良く感じているのですが、

 

時間の進み具合が子供の時と比べてめちゃめちゃ早いです。

1年というのはあっという間です。

 

それもこれも、

時間分割ができていなかったからなんでしょうね。

 

 

無駄な時間を使いまくっていたのが原因です。

 

 

 

だけど、時間分割ができていれば、

あっというまに時間が過ぎるということがなくなる。

 

さらに

 

日々の充実度は上がっていきます。

 

1時間を3等分して、

20分にする。

 

さらに4等分して、5分にする。

 

あ!5分あるから、

ブログ書こう。

 

ってなるわけです。

 

 

この考えは、

完璧主義の人にない発想ですよね。

 

ですが、5分で書くと、

逆に良いものができたりします。

 

時間が短いということで

勢いとノリで書けるんですよね。

 

勢いで書けるということは、

読む側も、勢いで読むことができるのです。

 

勢いで読むことのできる文章は面白いです。

スラスラとストレスなく読めるから。

 

僕もよく勢いとノリで、文章を書いてます。

 

ちなみにこれは、

会社の出社時間30分前に書きました。

 

最初は1分とか5分とかで区切るのは難しいと思うので

10分ごとに区切ることをお勧めしますよ。

 

僕も10分で時間を刻んでいますし。

 

やばい。時間が。

 

ではでは。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

どうも初めまして、ツヨです。  

まずはお前誰?となると思うので軽く自己紹介させていただきます。
僕は工場で働きながら外注化を駆使してネットビジネスをしているしがない工場員です。

 人に雇われる立場にありながら人を雇っているという面白い立場にいます。

ちなみに僕がネットビジネスを始めた理由は会社で働くことが嫌だったからです。

会社の何が嫌だったかを上げると、すぐに怒ってくる短気な上司、眠たいのに出社しないといけない夜勤

休みの少ない労働環境会社という存在が僕に合わなかったので抜け出すためにネットビジネスを始めました。
ただ、ネットビジネスと言っても超雑怪しかったんですよね。

最初はビクビクしながら始めましたし、
教材詐欺、コンサル詐欺に何度も会いました。

総額にしたら100万はっ損しています。
それでもネットビジネスを続けれたのはそれだけ会社が嫌いだったから

ちなみに僕の原動力は「job is shit!(仕事なんてクソだろ」という精神です。
僕はこれだけで月収20万円を稼ぐことに成功しました。

ちなみに単発という意味では最高50万です。

低学歴、あがり症、人見知りでコミュ障というコンプレックスだらけの欠点だらけ。
何をやってもダメダメの人間が「job is shit!(仕事なんてクソだろ」精神だけで成り上がってきました。

おかげさまでもうすぐ会社供おさらばできそうです。
現在、会社を辞めても生きていけるように収益の安定化を目指して仕組みを構築しています。

 

自分でお金が稼げたということが自信になり、コンプレックスが消失。

会社に依存しなくても生きていけるという安心感から
上司に怒られてもなんのその。完全無視でゆるゆる働いています。

 

「job is shit!(仕事なんてクソだろ」とか言ってる僕でもできたんです。
正直、やったら誰でもできると思います。

僕がどうやって稼げるようになったか、下記の記事で公開しています。

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

僕がどうやって月収20万円稼いだか読んでみる

 

  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




【下記画像をクリックして、高卒工場員が月収20万稼いだ物語の続きを読む】





>>詳細が気になる方はコチラをクリック<<